*

「会社員は何やかんやで楽」だと思う3つの理由

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について

世の中、猫も杓子も会社員だ。独立して仕事をはじめます、なんて言い出すもんなら即座に変態扱いだ。

 

 

なぜなら、会社員は何やかんやで楽だから。というのに他ならない。以下、その理由を述べようじゃないの。

 

 

①サボっても金が入ってくる

一番はこれだと思う。会社員って、極論言えば「所属さえしていれば」金が入ってくるようになっている。会社というのが、そういう仕組み。末端であればあるほど、この恩恵が受けられる。

 

 

だいたいの会社って、お金を稼ぐ仕組みを作り上げている。そうじゃないと経営が成り立たないですし。なので、自分がいかに短期間サボっていようと、他の誰かがシステムをまわす。それによって、金が定期的に入ってくる。とんでもなく楽だ。ヌルい

 

 

この仕組みがあるからこそ、人は「会社を辞められない」のである。結局、月給という恩恵を受けることはめちゃくちゃ楽な生き方なのだ。気の進まない時間を過ごすことで、お金をゲットできる。寿命の切り売りである。寿命を切り売りすることでお金が入ることに、何の疑問も抱かなければ、会社員という生き方は本当に楽だ。ヌルすぎる

 

 

これがもし自営業だったらどうでしょう。サボるイコール、収入が途絶えるということに直結しかねません。まぁ、現実はそう簡単にゼロにはならないと思うのですが、少なくとも会社員よりは「不安定」であると言えるでしょう。

 

関連:仕事が寿命の安売りに思える時

 

②世間体が良い

これもめちゃくちゃメリットです。会社員である、というだけで優先的に受けられるサービスは本当に多い。たとえば「ローンが組める」、「クレジットカードが作れる」といったもの。

 

 

あとは、ちょっとした身分証明にもしやすいと言えます。「あんた何者?」と聞かれた際に、「○○という会社で営業をしてまして…」なんて名乗れば「あぁそうですかー」と相手も納得する。それだけ、どこの会社で何をしているか、というのを他人は気にする。

 

 

日本という国は同調圧力の国である。同調圧力によりこの国では、いい年こいた人間はみな、何かしらの労働に従事することが求められるのです。そして、「同じ苦しみを味わっている人間」として、会社員どうしキズをなめ合うのです。これが「会社員の持つ世間体の良さ」の正体。ヌルい

 

 

もしこれが、「web上で漫画を描いて生活しています」なんて名乗ろうものなら、「何楽して稼いでんだよ」「きっしょ!」と言われて迫害を受ける。本当は自分もそうなりたいからである。でも、そっちの道へ進む勇気がないから、相手を同調圧力にハメようとする。同調圧力にハマらない人間はいわば「敵」なのだ。自分たちと同じ苦しみを享受しない人間は、ヨソ者として扱う。これが日本という国の空気であり、会社員という環境がつくりだした負の循環であり、「会社員の楽なところ」なのだ。

 

 

日本人は(特に昭和原人は)、会社員という立場が「世界最強のポジション」であることを知っている。会社にいれば安心。会社にいればすべての不安が解消されると信じてやまない。だからこそ、20代で転職したり退職したりする人間のことを、滝つぼにダイブするような命知らずであるかのように扱う。実際は、30代とか40代で会社がつぶれて路頭に迷うこともあるので、転職するなら20代の方がまだマシだとは思うのだが、そういうことは考えないのが昭和原人だ。非常に、ヌルい

 

 

③宗教である

結論です。会社員は宗教。それも邪教です。信ずるべき神のような信仰対象はなく、ただ体制を信じていればよい。これだけインスタントに加入できる宗教もない。誰もが、会社、国家という途方もなく不安定な存在を信じているのです。

 

 

「自分に何かあっても会社が何とかしてくれる」し、「会社に何かあっても国が何とかしてくれる」という安心感。同調圧力の傘の下、寿命を切り売りするというお布施をすることで、そんな安心をゲットできるのです。おまけに給料までついてくるときた。いざリクナビ。

 

 

異教徒はフリーター・ニートといった階級です。とにかく会社員以外は異教徒。「会社員は安定しているよ」という呪文を唱えながら、会社員は今日も満員電車で洗礼を受け続けるのだ。彼らにとって、目的は「魂の救済」ではない。「安定」だ。それが何なのかも特に意識しないまま、ぼんやりとした「安定」を頭の片隅におきつつ生きる。

 

 

寿命の切り売りに慣れた彼らは、もっとも嫌悪するクリエイター・経営者といった「搾取する側」が作ったスマホのゲームに金を払うのだ。その利益によって莫大な富を得た人間をまた叩く。

 

関連:魂を腐らせる習慣を今すぐやめるのだ

 

会社員とは、かくもファナティックな存在である。ヌルい

 

 

会社員を辞めたい人へ

辞めてもバイトで食って行けますよ。

 

関連:「仕事は辛いもの」とかいう昭和の価値観www

 

余談:最近、ぱくたそさんのフリー画像をよく使います。他のブログとカブることもしばしばありますが、キャッチーな画像で助かります。

関連記事

社会人なんて所詮『ごっこ遊び』なんだから、仕事で死ぬのはよせ。

仕事がイヤで死にたい、なんて人はけっこういることでしょう。じっさいに、若者の自殺率は上がって

記事を読む

「ネットビジネス」から考える仕事という邪教

By: John Ward[/caption] 「ネットビジネス」という言葉が あんまり好

記事を読む

自分のことをいちばんわかっているのは自分です。間違いないです。

最近感銘を受けたツイートがこちらです。 大体「あなたのことを思って言うが…」とか言

記事を読む

それでもネタ切れに悩む困ったちゃんへ…ネタの発想法

僕はとりあえず、ネタ切れはしない自信だけはあるのです。それが面白いかどうかはともかくとして。

記事を読む

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。   いや~

記事を読む

no image

最短距離と回り道

効率のよい人と、そうでない人がいる。自分はなんやかんや、効率が悪い人間なのだと思う。 &nbs

記事を読む

作業用BGMのススメ 原稿・イラスト作業のBGMを決めるぜ

(画像はこちらよりよりよりより) ボッピロマプリレッテュラ(ご無沙汰してます)、カルロ

記事を読む

「男が結婚したくない理由」を結婚する気のない男が赤裸々に話そう

By: Katsu Nojiri[/caption] 結婚したくない男の考え方 アラサー男子が

記事を読む

お前らイケダハヤトにつまんねぇって言われてるぞ、どうすんだ

またケンカを売ってみたよ。/ サラリーマンブロガーの記事が超つまらない理由 : まだ東京で消耗し

記事を読む

成長するにはマゾになるしかない

僕は練習が好きだ。もっといえば、練習している自分が好きだ。もう、ハタから見ればほんとうに気持ちが悪い

記事を読む

no image
読んだ本:六道の悪女たち

超面白いので全員読んでください。

no image
読んだ本:個人的な体験/大江健三郎

実体験をベースに書かれた作品とのこと。或る強烈な葛藤に苛まれ

no image
読んだ本:最後にして最初のアイドル

えらいよかったです。SF。ジャンル名に詳しくはない

「再利用されたコンテンツ」でYouTube収益化停止されたボカロPが復活までにやった対策

2018年末くらいから頻発しているらしい、「再利用されたコンテンツ」と

no image
保護中: 【FANBOX限定未公開曲】『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』

『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』という曲です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑