*

仕事が寿命の安売りに思える時

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について

サラリーマンのお話です。

 

①働きたくない

そりゃあ誰だって、

働きたくない。

正確には、

やりたくないことが

やりたい人間なんてのは

いないというお話です。

そりゃそうだ。

 

けれども働かないと

大抵の場合メシが食えない。

 

働かざる者食うべからず、

という言葉があるんだけども、

正しくは

「働かざる者食うことあたわざる」

なのだ。

 

②好きなことをして、生きてい…きたい

インターネットの普及に伴って、

収入を得る手段というものも

それはそれは多くなった。

 

僕はそんなに得られている方ではないが、

インターネットで

生活に足る収益を得ている人

というのは

実はけっこういるようだ。

 

僕の知り合いにも

僕が会社で1か月働いて得るお金よりも

多くの収入をインターネットで

稼ぎ出す人間がいる。

 

かなりの努力は必要なんだけど、

実際インターネットで

収入を得る、

ということは可能である。

 

それも

GoogleやFacebookみたいな

バリバリのベンチャー企業に勤める人間、

みたいなタイプじゃなくても

 

インターネットで収入を発生させることは

努力次第で可能なのである。

 

すげー時代だ。

 

 

③会社員は寿命の切り売りである

時給・日給・月給

ファッキュー!

 

給与の形態に限らず、

会社勤めというのは

寿命の切り売りである。

 

それは、

会社の仕事に

自分の人生の時間を

投資して

収入を得る、

 

ということに他ならないからである。

 

自分の人生の時間、

というのは

「残り寿命」に他ならない。

 

我々は、

寿命を売っぱらって

給与を得ているのである。

 

ちなみに

僕の寿命は

現在1時間あたり1000円いきません。

 

これで満足できる人間がいたら

そいつはたぶん

僕より良い奴だ。

 

④生き急げ

会社員のメリットとして

「安定」

という二文字が掲げられていた時代は

とっくの昔に終わっている、

もしくは

緩慢なる終焉を迎えている。

 

じわじわと終わっていく様子に

誰もが危機感を抱かない。

 

誰もが

「自分のトコは大丈夫よ」

と思っているから

安い給料と

ロクでもない上司のグチを言い連ね

酒を飲んで

寿命の切り売りを続ける。

 

「辞めたいな~」

と言いながらも

 

真剣な顔で考えながらも

 

その時抱いた危機感を

信じ切れずに

寿命の切り売りを続けていく。

 

それは

「安定」という神話を

心のどっかで信じてしまっている

ということに他ならない。

 

本当は、

安定なんてどこにもない

というように思う。

 

会社が、国が

守り続けてくれるという

保証なんてどこにもない。

 

そもそも僕は

明日死ぬかもしれないじゃないか。

 

だとしたら

明日死んだ僕が

思い返した今日が

満足いくように

生き急ぐしかねーよなぁ

 

と思う。

関連記事

時間がないのか、捨てているのか――時間の使い方・作り方

以前魂を腐らせる習慣について書きました。   僕は日中、仕事をしてその

記事を読む

将来への漠然とした不安で鬱になる? 不安の正体をぶちのめせ

将来って不安ですよね。ほんとムカツク(僕の心はいつだって90年代のコギャルです)。 &

記事を読む

他人の文句を言ってるヒマがない

面と向かった悪口の例[/caption] 不満を言うヒマがない。 別段忙しいというわけでは

記事を読む

漫画で金を得る方法~web漫画の収益化~

最近新しい肩書として、「インターネット漫画マン」というものを考えました。Twitterのプロフにしま

記事を読む

面白い人間であれ

とにかく、ガキの頃から面白い人間になりたかった。ような気がする。  

記事を読む

Q.質と量、どっちが大事? A.両方やれ

僕は努力が好きだ。一人で黙々と作業をしている自分が大好きだ。本当にキモい。  

記事を読む

no image

「焦り」はいらない

人間は、焦る。様々な局面で焦る。   感情は人間にとって必要なものですが、「焦

記事を読む

嫌いな人との接し方が変わるただ1つの方法

By: Clemens v. Vogelsang[/caption] 人間、どーしても「コイ

記事を読む

段取りしない、したくない人へ―段取り神格化はダサい

By: Gustavo[/caption] 僕は段取りが嫌いだ。 段取りに出会ってから

記事を読む

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。   いや~

記事を読む

承認欲求と『嫌われる勇気』。他人の評価が気になるひとへ

世は「大承認欲求時代」ッ!! カルロス袴田(@hakamad)です。

再生数・閲覧数が伸びないときのメンタルの保ち方

カルロス袴田(@hakamad)です。ボカロPをしています。

なにが「面白い」か分からないひとへ。作品への情熱をとりもどす3つの提案

どうも、カルロス袴田(@hakamad)です。 創作してると、面

【自由研究】砂漠から生まれるもの

カルロス袴田(@hakamad)です。普段熱心に環境問題を考えることは

ものごとがつづかない人へ。わたしが毎日四コマを描く理由

カルロス袴田(@hakamad)です。 いつの間にやら、毎日四コ

→もっと見る

PAGE TOP ↑