*

肩書の話

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について

俺は何て名乗りたいのだろう。

①いいトシした男の一人称について

そもそもが、

「俺」という一人称すら

あまり好きではない。
敬愛する

元ゲーム実況者であり

現在は漫画家である

ルーツ氏の影響で
ここ数年の僕の一人称は

「僕」だ。
普段は

「僕」6割、

「私」2割

「俺」2割

で会話をしている。
文章の作法として

一人称は統一せねばならん

ということは

なんとな~く理解してはいるのだが
文章家になりたいわけではないし、

品の良い文章が書きたいとも

思ってはいないのである。
なので

これからも一人称は

その場の文脈で

コロコロと

変化していくのだろう。
人間ってきっと

そういうもんだと僕は思う。

②己の肩書というもの

現在の僕は

肩書というものを持たない。
別になくても死なないうえに、

他人に自己紹介をする機会も

ほとんどと言っていいほどに

ない。
ただ、

今後なんとなく

ふらふらと生きていきたい、

という思いはあるので
そうなっていった末に

自己紹介をより

簡便に済ます方法として

「肩書」なるものが

肩にブラ下がっていたら

楽なのかな、
という風にも思うわけです。

③俺は何になりたいのか

さっきも言ったように、

私は文章家になりたい、

と思ったことは
この人生のなかで

数分ぐらいしかない。
もとより

文章を書くのは

嫌いなわけではないんですが
嫌いじゃないけど好きじゃないよ、

といった具合に

文章を書くこと自体に

喜びを感じるタチではない
というのがあるのです。
そういった意味で

「ブロガーです」

と名乗るのは

なんだかおかしいと思える。
一応、

ブロガーって

狭義の「文章家」

という印象がありますので、

気がひけるのです。

④じゃあ漫画家ですか?

漫画家にはなりたい、

と常々思って生きてきましたが、

最近はなんだか疑問である。
そりゃあ

機会があれば

大勢の目に触れる漫画を

描きたいわけでございますが、
ただ漫画家と名乗れるほどの

実力は今んところございませんし、

そういった評価もございません。
あと、

漫画家という職業が

やはり大変そうだなぁ

とは思う。
もっとのんべんだらりと

漫画描いてメシ食えねーのか?

最近は思っているので
あまりハードに

漫画ばかり描く生活を

送りたいなぁ

とは

あまり思わなくなってしまった

のかもしれません。

⑤音楽家なのか

音楽好きですし、

そこそこ作ったりもするのですが、

音楽家、

と名乗れるほど

音楽だけやっている人間では

ないんですよね

最近。
もうそんなんばっかですが。

⑥結局

俺は何になりたいのだ。
…と考えること自体が

なんだか不毛であるような

そんな気がするのです。
結局のところ

俺は俺自身でしかなく、

自由になるためには

やりたいことをやって

それで生きていくしか

方法はないんだと思います。
とはいえ

名刺代わりになる

肩書めいたものは

なんとなく便利そうで

欲しいなぁと思いますので
今度思いついたら

サイトの

上の方にでも書いておきます。

関連記事

「ネットビジネス」から考える仕事という邪教

By: John Ward[/caption] 「ネットビジネス」という言葉が あんまり好

記事を読む

「こうじゃなきゃ駄目」って考えるのが駄目

By: zeitfaenger.at[/caption] 既成概念とか、常識といったものがあ

記事を読む

『考えてから行動する』より、行動しながら考える3つのメリット

あなたは石橋を叩くタイプでしょうか?   世の中には、行動の前に考えをめぐらせ

記事を読む

no image

「焦り」はいらない

人間は、焦る。様々な局面で焦る。   感情は人間にとって必要なものですが、「焦

記事を読む

no image

「真面目である」不幸が魂を腐らせる

前々から言っているが、真面目である必要が一切ない。真剣であることは素晴らしいと思いますが、真面目であ

記事を読む

眠るためにやってみて効果があったもの3つ

画像こちら おはようございます。ここ数日、めっちゃ朝起きれた。ものすごく嬉しい。

記事を読む

魂を腐らせる習慣を今すぐやめるのだ

世の中には「魂を腐らせる習慣」が存在する。 By: Jevgenijs Slihto[/capt

記事を読む

禁酒半年目で考えたこと

気づいたら禁酒して半年経過しましたので、その感想などを書き残しておこうと思う。  

記事を読む

仕事が寿命の安売りに思える時

By: Sean MacEntee[/caption] サラリーマンのお話です。 &n

記事を読む

将来への漠然とした不安で鬱になる? 不安の正体をぶちのめせ

将来って不安ですよね。ほんとムカツク(僕の心はいつだって90年代のコギャルです)。 &

記事を読む

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

コードを分析してSHISHAMOの魅力を伝えんとする記事

SHISHAMOというバンドがすげーな、と思うので楽曲をすこし分析しま

【曲解説】スーパーマーケット☆フィーバー

カルロス袴田です。新曲の曲解説を書いていこうと思います。

→もっと見る

PAGE TOP ↑