*

それでもネタ切れに悩む困ったちゃんへ…ネタの発想法

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 ブログについて, 人生について

僕はとりあえず、ネタ切れはしない自信だけはあるのです。それが面白いかどうかはともかくとして。俺より面白いブログを継続して書けるやつだけ石を投げろ。(ガッ、ガコッ)

 

 

っつーわけでネタの発想方法について考えてみます。ブログだけではなく、なんかのヒントになればいいと思います。

 

 

①どっかから拾え!

身もふたもないですが、ネタは拾うことが可能です。たとえばYahooニュース、たとえばグノシー、たとえばテレビ番組。コンビニで立ち読みするでもいいですね。ネタは無限に存在してると言ってよいでしょう。個人の作業量で、これらすべてについて書き尽くすことは到底不可能です。

 

 

あとは、普段から本読んだりネット見たりして、考えを馳せるクセをつけます。そうしてると、その辺ほっつき歩いてるうちにネタが頭のなかでバキーンと組み合わさったりして、「これなんか作れるーーーーーーー!!!!!!!!」みたいな状態になります。僕は割とそんな感じで、毎日頭の中がお花畑です。

 

 

その中で、自分の興味がありそーなネタがあったらメモをとる。で、それについて感想を書きます。はい、完成。ブログ記事一個出来ました。簡単です。

 

 

さっき書いたやつですけど、関連:24時間生きてて「ネタがない」ってことはない

 

 

②拾ってきたもんを広げる・つなげる

とはいえ、「ネタ拾ったはいいものの、どうしたよいか分からん」という場合も多い。そういう場合は、別のネタにチェンジするというのも手なのです。でも、せっかく拾ったネタなので、少し考えてみてもよい

 

 

たとえば、「映画観たけどクッソつまんなかった」という経験をしたとします。だったら、なぜつまんなかったのかを考える。で、いくつか「つまんなかった要素」が出てきたら、それを別ジャンルに広げて考えてみる。

 

 

あの映画、最近ありがちな展開でなんか面白くなかったぜ!

 

→でもアレ系な展開けっこう見かけるし、流行ってんじゃね?

 

→ググってみたら同じ反応してる人いるなー

 

→「流行ってるから嫌い」なのか、それとも別の理由あんのかなー

 

って感じとか。例ですが。

 

 

とにかく「考え方」というジャンルにアイデアを広げてみると、思った以上に書けることが増えます。僕のブログってだいたいそんな感じです。

 

 

逆にいえば、「考え方」から具体的に絞っていく過程を記事にすることも可能です。「やる気でねぇな」→「そもそもやる気って何だよ(哲学)」→「やる気について書かれた本・名言とか」といった具合に。抽象的→具体的といったようにシフトします。日常生活で出会うことの大半は「具体的な事実」ですので、そこから「どう思ったか」「こういう考え方、前もしたなー」という風に、抽象的なことに広げていくということが可能です。

 

 

で、「抽象的なこと」って「普遍的」なことであることが多い。普遍的なことであれば、多くの人に共感してもらえる考え方かもしれない。そうなると、多くの人に読んでもらえるかもしれない。じゃあ記事にすんべ、というモチベーションになります。いいことです。

 

 

③続きを書く

これはちょっとストックがある人に限られますが、ネタがなかったら以前の続きを書けばよいのです。

 

 

僕は以前、「やる気の出し方」の記事を書きました。でも、考え方が変わって、「やる気なんてなかったんや」という記事が書けました。1個目の記事があったからこそ、2個目の記事が書けたといえます。

 

 

「コロコロ考え方変えやがって、このコウモリ野郎!」と言われるかもしれませんが、僕はそういう人間なので仕方ないです。批判されても、中傷とは感じません。しゃーない。カルマです。

 

 

ブログでいえば、本文中に過去の記事をリンクとして貼ることもできます。ネタは繋がるのですね。不思議なもんで、「ここんとこ、前書いた記事と関連してるからリンクつけとこ」みたいに、思い出せるのです。忘れっぽい人間なのに、摩訶不思議アドベンチャーですね。

 

あとは、慣れる。

僕はゆえあって、半年ほどクソみたいな量の文章を書きました。毎日。そうすると、不思議と書けるようになるもんです。

 

 

学生の頃は、2000文字のレポートでヒィヒィ言ってた僕がです。今や、毎日1000文字オーバーの記事をヘラヘラしながら書いてます。慣れってすげーと思います。記事によっては3000文字くらいノリノリで書いている。まぁ、世間的にみれば多いほうではないですけど。

 

 

今おもえば、学生のころからこんぐらい文章書いてたら、もっと優秀な学生になって未来も違ってたのかもしれない。あの変な帽子被ってたかもしれない。今頃は研究室でふんぞり返ってたのかもしれへん。知らんけど。

 

 

このブログでもたまに名前を出す、プロブロガー・イケダハヤト氏の本ですが、これかなり参考になります。文章だけじゃなくて、目を引くコンテンツの作り方の参考になるので、おすすめっす。内容は、web上で注目されるコンテンツの作り方、それを使った収益化とか、そういう感じ。

 

 

イケダハヤトという人は、やっぱすげーなと思います。最近ものすごく思う。文章で他人を煽るのがめっちゃ上手い。賛否両論ある人ですけど、面白いから好きなんです。僕はたぶん賛否両論ある人が好きなんだな。

 

 

別にイケハヤ氏から金を貰ったわけではないです。

関連記事

no image

結局やり続けた奴が勝つ

天才と呼ばれる人々が数多くいる一方で、僕のような凡人もそれ以上に存在している。  

記事を読む

数をこなすと成長しやすい3つの理由

ギガジン先輩によれば、質よりも量をこなした方が上達が早かったという実験結果が出ているようです

記事を読む

no image

続けることが才能という奴なのではないか

ワタミの社長はぜんぜん好きじゃないのですが、彼のいうことには一理あると最近思えてきた。ネットでもネタ

記事を読む

「こうじゃなきゃ駄目」って考えるのが駄目

By: zeitfaenger.at[/caption] 既成概念とか、常識といったものがあ

記事を読む

ウケるブログ記事の書き方 検索キーワードを考えましょう

ブログを書いていて99割のおじさんが感じることであろうが、「とにかく読まれていない」。

記事を読む

『時間がない』?サラリーマンしながらやりたいコトの時間をつくる3つのコツ

時間は寿命だぜ、オーイェー!   サラリーマンのみなさま、毎日寿命を売り払って

記事を読む

たいていの悩みは残念ながら、金で解決できる

By: Pictures of Money[/caption] たとえばあなたの傍らに、10

記事を読む

落ち込んだ時に『効く』音楽と歌詞6つ

時には落ち込むこともある。誰だってそうなのかもしれない。大抵の場合、腹が減ってるか眠いか。そのどちら

記事を読む

「好きなことで生きていく」ために。何のために働くんだ、俺たちは。

お晩です。カルロス袴田だよ。   好きなことで、生きていく。言うは易し

記事を読む

「とりあえずやってみる」のススメ

photo by http://urx.nu/n76t[/caption] やる気が出ない、

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑