*

やる気が出ない。やる気の出し方を考える

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について ,

やる気の出ない時ってどーしたらいいんだろうか。

いつもいつもこの問題については考えさせられる。

 

 

ポジティブ教

太陽を見上げる時、太陽もまたこちらを見下ろす

ポジティブに考えることは大事だ。というか、ネガティブに考えることに意味がなさすぎる。
ポジティブを神格化するのも気持ち悪い話ではありますが、生命の危機に瀕しているぐらいの苦境に追い立たされていない限りは、人間の日常生活にネガティブは不要である。

ネガティブは危機管理のツールであると考え、日常生活で多用するのは避けた方が賢明だと思う。

 

リフレッシュの恐ろしさ

フレーーーーーーッシュ!!!(ガンギマリ)

JKリフレってすげーよなぁ、と考えながら常に生きている僕ですが、リフレッシュを有効活用できた試しがない。

机に向かって悩むよりも、適当に散歩するなりして関係のないことをする方が思考が進むといわれています。

ただ、それは思考しようという意思がある場合のみ有効な手段であって、どーにもこうにもエンジンがかからない時にはリフレッシュは致死の猛毒なのである。

僕はもうゲーム実況と淫夢動画見るのを禁止しようかと思うぐらい、リフレッシュという言葉に負けている。

 

 

やる気を出すには

ちゃんみおの駄美声を思い出すんだ

小出しにするのが一番なのかもしれない。というのも、エンジンを一気にフルスロットルで回そうとするから気負ってしまうと思われるからだ。

そうではなく、やる気という名のエンジンを徐々に温めていく必要を最近感じる。

そのためには、手を伸ばせば触れられる状態にモノを整理しておき、折に触れてさわることが大事なんだと思う。

あと整理するといえば、意識も大事だ。
ついつい、「今日はいいスタートがきれなかったから明日にまわそう」と考えることが多いけども、そこで一分でも作業することが重要だと思う。

タイラーダーデンも言っていた。


「完璧を目指すのはよせ。それよりも進化しよう」、と。
足を止めていたら進まないのだ。

 

クラ~ブいぇ~え

行こうよブラ~ザ

関連記事

学校や職場で居場所がなくても気にしない方がいいよという話

どうも袴田ちゃんです。ひっそりと社会から浮くタイプです。いつもお世話になっております。

記事を読む

やりたいことは全部やれ

By: Steve Wilson - over 7 million views Thanks !!

記事を読む

Q.質と量、どっちが大事? A.両方やれ

僕は努力が好きだ。一人で黙々と作業をしている自分が大好きだ。本当にキモい。  

記事を読む

右上がりの字を書く人の性格

By: Caleb Roenigk[/caption] かつてまだ僕が小学校のころ、教師に言

記事を読む

時間がないのか、捨てているのか――時間の使い方・作り方

以前魂を腐らせる習慣について書きました。   僕は日中、仕事をしてその

記事を読む

あいさつをしない人間は何を考えているのか

By: Moyan Brenn[/caption] 僕は比較的あいさつをする。とりあえず、あ

記事を読む

no image

感情が落ち込む原因は3つしかない

感情がうごく原因は、わりとシンプルなもんだと思う。でも、多くの場合その原因に目を向けないことによって

記事を読む

no image

「真面目である」不幸が魂を腐らせる

前々から言っているが、真面目である必要が一切ない。真剣であることは素晴らしいと思いますが、真面目であ

記事を読む

「ウィークデイベジタリアン」やってみるか

サイヤ人もとい、野菜人になることは健康によいらしい。    

記事を読む

節約の方法について思うこと

金について思う事。   金は使わないと減らない 当たり前ですが、金を節約

記事を読む

no image
保護中: 【FANBOX限定未公開曲】『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』

『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』という曲です。

同年代や若いひとの成功が気になって嫉妬しちゃうゼってひとへ ~だいじょぶだ、あんたにゃ才能があるの巻~

デァァーーーーッどうもカルロス袴田です。(@hakamad)←ツイッタ

誰がために働く〜なぜ人間は働くのか、仕事が何のためかわからない人へ〜

  カルロス袴田です。なんのために働くんでしょ

学校や職場で居場所がなくても気にしない方がいいよという話

どうも袴田ちゃんです。ひっそりと社会から浮くタイプです。いつも

アイデアの回転を上げてネタ切れを超えろ!!!~アイデアの出し方・作り方~

カルロス袴田です。ボカロPをやりつつ四コマを描きつつブログを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑