*

数をこなすと成長しやすい3つの理由

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について

ギガジン先輩によれば質よりも量をこなした方が上達が早かったという実験結果が出ているようです。

 

個人的にも、質と量だったら量、数をこなした方がいいんじゃないかと実感しております。特に自分が未熟なうちはなによりも。

 

というわけで、数をこなすと成長が早まる理由について、考えたことをまとめてみました。

 

 

①数をこなすと「毎日触れる」

僕がもっとも短期間で上達したものはおそらくギターです。ズブのド素人からはじめて、だいたい1年ぐらいでそこそこ弾けるようになりました。

 

演奏動画とかがないのでリアリティがないですけど、メタルとかハードロックばっか練習していたのでそこそこ難しい運指はできておりました。ヴァンヘイレンとかイングヴェイとかばっかり弾いていたんだ。

 

何がそこまで良かったのかなーと振り返れば、やっぱり毎日ギター触ってたんですよね。よくもまぁ飽きもせず、弾けもしないギターに毎日触ってたなぁと未だに思いますが。とにかく楽しくて、自尊心が満たされる行為がギターだったのです。

 

②毎日触れると「フィードバックが得やすい」

みんな大好きカタカナ語、とりあえずフィードバックとは「反省してよりよくしていくこと」と思ってください。大体合っています。

 

毎日触れていますと、当たり前ですが「昨日どんなことやったか」とか、「何ができなかったか」を明確に思い出せます。これは、週に1片やるのとは大きく違う点です。

 

大学の講義なんかがそうでしたが、週に1回受けてるような授業ってよほど興味がない限り先週の内容は覚えてらんないです。僕はもう、バンドやるのに頭がいっぱいの大学生活でしたので、講義の内容なんてほとんど覚えてませんでした。ほんとよく卒業できたね。

 

いっぽうで、毎日バンドのこと考えてたので、そっち方面のことはより習熟されていきました。前回のスタジオでできなかった曲とか、弾けなかったフレーズのこととか、克明に思い出して練習できるわけです。

 

ものごとの上達とは、できなかったことを出来るようにすることだと思いますので、この「フィードバックの有無」ってめちゃくちゃ重要です。

 

絵を描くにあたっても、うまく描けない部分をほったらかして1週間・1か月放置してたら何もかも忘れますので、出来ないところは毎日描けばよいのですね。最近やっとそれに気づいた愚かなヤツです。

 

僕はその結果、なんとかツヤベタが描けるようになりました。

関連:黒髪ツヤベタの塗り方・練習法 3パターン講座

 

 

③数をこなしていると「習慣になる」

ひたすらやり続けると、最初こそ時間がかかるわ上手く出来ないわ、散々な気持ちになります。

 

ですが、毎日毎日そのことばかり考えていると、次第にそれが習慣と化してきます。これは依存とも関係することですが、習慣と化した練習はもはや、「やらないと気持ち悪くて眠れない」ぐらいになってきます。

 

名作『ドラゴン桜』では、「勉強を歯磨きと同じぐらいの習慣にしろ!」と言っていました。これはとにかく毎日勉強して、勉強しないと気持ちが悪いぐらいにしてしまえ、という発想。

 

習慣になると、人間はもはやそこから逃れるのが難しくなってきます。東村アキコ先生も、10代の頃ひたすら絵を描かされまくった結果、どこでも原稿ができるほどにスキルアップしたと『かくかくしかじか』にて語っております。

 

僕も毎日ブログを書いておりますが、最初はしんどかったです。ドメインとった当初はほとんど更新していませんでしたが、8月くらいから毎日1本か2本くらい記事を書いています。学生の頃は2000文字のレポートでヒィヒィ言っていたのですが、慣れとは恐ろしいです。

 

練習はキツいかもしれませんが、自分の好きなことを続けていればどっかで慣れるもんだと思います。楽しく続けているうちに、習慣化していくのが一番です。

関連記事

話してて面白くない人間と話してて考えたこと

アホみたいなタイトルですが、話してて面白くない人間の人生をたまに、ふっと考えることがあるので

記事を読む

24時間生きてて「ネタがない」ってことはない

ブログにしても、漫画にしても「ネタがない」なんてよく言われる。書きたいけど、何について書いたらいいか

記事を読む

no image

手取り13万25歳の生き方

最近、自分は恵まれてる方なんだろーなーという風に感じる。何をいきなり、って思うかもしれませんが。

記事を読む

ソシャゲがパチンコよりタチが悪い3つの理由

ソシャゲとパチンコは同じである。むしろ、ソシャゲの方がパチンコよりもよほど、タチが悪いといえます。

記事を読む

ビールは昼に飲んだ方がいい。健康のためにも

酒は夜に飲むもの、と誰が決めたのであろうか。   ビールなんてピスだ、(略

記事を読む

やる気が出ない。やる気の出し方を考える

やる気の出ない時ってどーしたらいいんだろうか。 いつもいつもこの問題については考えさせられる。

記事を読む

読書のメリット・デメリットを考える

By: John Liu[/caption] 読書していますか? 意識高い系の定番とな

記事を読む

カルロス袴田 2016年の抱負(野望)

明けましておめでとうございます。カルロス袴田です。   年越しは寝てま

記事を読む

節約の方法について思うこと

金について思う事。   金は使わないと減らない 当たり前ですが、金を節約

記事を読む

肩書の話

俺は何て名乗りたいのだろう。 By: Kalyan Chakravarthy[/ca

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑