*

続けることが才能という奴なのではないか

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について

ワタミの社長はぜんぜん好きじゃないのですが、彼のいうことには一理あると最近思えてきた。ネットでもネタにされる「無理」の話である。

 

社長いわく、「無理」というのはウソつきの言葉である。倒れてでも血反吐を吐いてでもやり続け、結果を出すと、無理は無理じゃなくなっている。みたいなヤツだ。

 

これを居酒屋の労働に悪いように当てはめるから、とんでもないブラックだとかいう批判を浴びることになるわけですが、実際のところ、人間が好きなことに打ち込む時ってだいたいそういうモンなんじゃないのかともいえる。

 

ぶっ倒れようが何しようが、それでも楽しくてやり続けてしまうものがあれば、それは幸福なんじゃないかと思う。それがイヤイヤやらされる労働だからこそ問題なわけであって(そんなにイヤなら辞めたほうが身のためなのですが)。

 

続けることが結果になる

やり続けることは必要だと感じる。それは、トライアンドエラーが得やすいからに他ならない。もっと意識高い語を駆使すれば、PDCAサイクルというやつだ。わかりやすく言うと、挑戦と反省です。(この手の変なバズワードを繰り返してふんぞり返っている連中にたいがいロクなやつはいない)

 

毎日続けると、「きのうこれ出来なかったな」ということを覚えている。たとえば絵でも、きのうは服のシワをこうしたけど、今日は別の描き方を試してみよう、みたいな。

 

毎日続けなくても、それができる人間は絵が上手くなる。描けないものを描けるようにすることが絵の上達だと思いますので、挑戦と反省は重要である。ところが、毎日続けないとたいていの人間は上手くならない。それは、以前できなかったことを忘れているからだし、使命感がないから手癖でパパパーっとラクガキして終わり、な、簡単だろ? みたいな話に落ち着くから。

 

っていうすごく単純なことだと最近考えている。しかし、毎日続けることはとても難しい。毎日続ければ続けるほど、時間をつぎ込まなくては不可能になってくる。以前から言っていますが時間とは寿命です。余命。なので、こうして僕が鼻くそほじりながらブログ書いてる間にも、これを読んでいるあなたの寿命も、同様に消費されている。

 

だからこそ、大げさに言えば才能というのは「それにどんだけ命をかけたか」という結論になる。

 

絵がうまくならなくて悩んでいる人間の9割が、たぶん毎日描いていないと思うので、まずは毎日描きまくってノートを埋めることから始めてみるといいかもしれない。少なくとも僕は1か月前よりも上手くなったと思っている。

関連記事

no image

お金がないと生きていけないんだろうか?

我々はなぜお金がないと生きていけないと考えるのだろうか。 たしかにお金は大事である。 お

記事を読む

no image

感情が落ち込む原因は3つしかない

感情がうごく原因は、わりとシンプルなもんだと思う。でも、多くの場合その原因に目を向けないことによって

記事を読む

金がないのは「習慣」と「伝染」なのではないか説

朝からT.M.Revolutionを流すと部屋の空気がキリっとなります。これってトリビアになりません

記事を読む

「社会人」ってなんだよ、帰っていいすか

社会人という呼び名、いい加減やめましょう。とても空虚な呼び方であると思います。 &nb

記事を読む

『習慣の動物』になる生き方

例によって特に意味のない落書きです。   この記事にて引用されている村

記事を読む

時間がないのか、捨てているのか――時間の使い方・作り方

以前魂を腐らせる習慣について書きました。   僕は日中、仕事をしてその

記事を読む

禁酒半年目で考えたこと

気づいたら禁酒して半年経過しましたので、その感想などを書き残しておこうと思う。  

記事を読む

朝なんて働きたくないし、働くべきではない理由

世の中、8時とか9時の始業が当たり前となっております。僕もいちおうサラリーマンをやっていますのが、シ

記事を読む

「ウィークデイベジタリアン」やってみるか

サイヤ人もとい、野菜人になることは健康によいらしい。    

記事を読む

やりたいことは全部やれ

By: Steve Wilson - over 7 million views Thanks !!

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑