*

面白い人間であれ

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について

とにかく、ガキの頃から面白い人間になりたかった。ような気がする。

 

と同時に、自分のなかでの「面白いヤツ定義」からはずれたヤツに無駄な敵対心を燃やす青春だったと回想している。

 

今思えば、無駄だった。

 

面白くないヤツ①リア充である

もはやリア充という言葉が死語と化している。わかりやすく言うならば、フェイスブックやってる連中のことはだいたい面白くないと思っている

 

フェイスブックの楽し気な感じが腹立つ、というのはけっこう共感してもらえるのではなかろうか。

 

僕は常に、あの手の連中から対角線上に存在するように生きてきた

 

だからこうなった。

 

 

でもエドワードノートンの映画『ソーシャルネットワーク』はクソみたいに面白かったので、フェイスブック自体は嫌いではない。

 

リア充の楽園(巣窟)と化しているフェイスブックの成り立ちが、女にフラれた腹いせであるあたりが、憎めない。

↑今まで見た映画のなかでトップクラスに面白いです。

 

 

面白くないヤツ②所帯持ちである

完全にモテない男のルサンチマンなのであるが、それでも女連れはたいがい面白くない。

 

中高生までひたすらモテたいと思って生きてきたが、現在はオナニーも週3くらいに頻度が落ち、もはや性器は何かに寄付してもいいのでは、とすら思えるほどに性欲と恋愛欲求がない。

 

それよりも、ひたすらに漫画や音楽やその他モロモロに没入していたいのである。

 

 

あと、所帯を持ったオッサンを見て、単純にまッたく憧れないのである

 

むしろ40代後半・独身・バイトのオッサンとかの方が、見ていてウキウキしてくる

 

ある種の破滅願望を投影しているのかもしれない

 

 

所帯もちのオッサンもつまらないのだが、漫画やわかりやすいエンターテイメントに興味を示さない大人を見ていると、悲しくなるのだ。

 

たぶん彼らは、「漫画やアニメは子供のもの」として教育されきっているのだろう。

 

みなさんお分かりのように、今はもはやそういう時代ではない。

 

漫画や映画の話ができないのは辛い。

 

主に血とか爆発とかがとんでもない作品の話を、延々していたいのである。僕は。

 

 

面白くないヤツ③教養がない

単純に、話が通じないのである。

 

ある作品に関する知識がない、とかそういう問題ではなくて、もう言葉自体が足りていない感さえある。

 

こういう手合いとは距離を置いてしまう。

 

 

まとめ

僕が面白いと思っている人はだいたい人間として何かが欠落している可能性があるので、もっと欠落して一緒に無になりましょう

関連記事

瞑想とストレス 意図的にぼーっとしてみましょう

By: Ian Burt[/caption] さいきん、瞑想をしている。 とか言うとと

記事を読む

あいさつをしない人間は何を考えているのか

By: Moyan Brenn[/caption] 僕は比較的あいさつをする。とりあえず、あ

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく稀にあって、そういう数字はふだ

記事を読む

本気を出すとか出さないとか、どうでもいいからやるしかない。

去る2015年。個人的にはいろいろと勉強になった年でございました。   ジ

記事を読む

魂を腐らせる習慣を今すぐやめるのだ

世の中には「魂を腐らせる習慣」が存在する。 By: Jevgenijs Slihto[/capt

記事を読む

段取りしない、したくない人へ―段取り神格化はダサい

By: Gustavo[/caption] 僕は段取りが嫌いだ。 段取りに出会ってから

記事を読む

時間がないのか、捨てているのか――時間の使い方・作り方

以前魂を腐らせる習慣について書きました。   僕は日中、仕事をしてその

記事を読む

no image

7か月ぶりにアルコールを飲んで考えたこと

毎月のように禁酒についてクダ巻いていた僕ですが、ついに禁酒に終止符を打ちました。  

記事を読む

no image

「焦り」はいらない

人間は、焦る。様々な局面で焦る。   感情は人間にとって必要なものですが、「焦

記事を読む

承認欲求と『嫌われる勇気』。他人の評価が気になるひとへ

世は「大承認欲求時代」ッ!! カルロス袴田(@hakamad)です。世はまさにそんな時代。

記事を読む

「再利用されたコンテンツ」でYouTube収益化停止されたボカロPが復活までにやった対策

2018年末くらいから頻発しているらしい、「再利用されたコンテンツ」と

no image
保護中: 【FANBOX限定未公開曲】『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』

『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』という曲です。

同年代や若いひとの成功が気になって嫉妬しちゃうゼってひとへ ~だいじょぶだ、あんたにゃ才能があるの巻~

デァァーーーーッどうもカルロス袴田です。(@hakamad)←ツイッタ

誰がために働く〜なぜ人間は働くのか、仕事が何のためかわからない人へ〜

  カルロス袴田です。なんのために働くんでしょ

学校や職場で居場所がなくても気にしない方がいいよという話

どうも袴田ちゃんです。ひっそりと社会から浮くタイプです。いつも

→もっと見る

PAGE TOP ↑