*

作業用BGMのススメ 原稿・イラスト作業のBGMを決めるぜ

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について

(画像はこちらよりよりよりより)

ボッピロマプリレッテュラ(ご無沙汰してます)、カルロス袴田です。相も変わらず漫画描いてます。

こんなん連載中です

 

最近投稿というか持ち込みというか、編集の方に見せる漫画を描いては投げ、破り、カタストロフアンド俺、みたいな状況が続いていました。俺は翔ぶ、君はどうだ。

 

ということで、作業用BGMの話をします。

 

作業用BGMは必要なのか

時と場合による!解散!

 

と言い切っちまえば話は簡単なのですが、人間どうしてもものさびしいときがあります。ある時は酒を。ある時はタバコを、というように、耳にも何かしらの刺激が欲しい。そんな時には作業用BGMの時間だコラァなのですね。

 

普通に考えて、集中したい時に耳に入るものなんて雑音と同じなのですが、そうはいってもBGMはテンションを上げる役割も果たしますので、作業用BGMの選択が生死を分かつ-DEAD OR ALIVE-こともあります。

 

というわけで、僕が作業用BGMとして試したもののなかでオススメを。

 

好きなアルバムを流す オススメ度★

「なんでや!」と思われるかもしれませんが、正直いちばん集中力がそがれます。そもそも、漫画やイラストを描いているときに、その作業と同じくらい楽しめてしまうものを流してはいけないのです。集中力が完全に持っていかれます。

 

おもえば、アルバムというのは流れを意識して製作されております。アーティストが必死に、リスナーを飽きさせまいと練った楽曲・曲順で作られている。そんな努力の結晶で作業がはかどるわけねーだろうが!! というお話ですね。反対に、楽曲そっちのけで作業に没頭できるアルバムもあるかもしれませんが、それはそれで何かスゴイんじゃないでしょうか。(昔アルファー波がどうとかのヤツ、流行りましたね)

 

僕はしばしば、ライムスターのアルバムなんかを流します。思えば昔っから漫画の原稿にはなぜかライムスターと相場は決まっているのですが、何枚聴いても原稿が終わらないせいですっかり曲を覚えました。今では自分でもラップをはじめる始末です。

 

というわけで、好きすぎる音楽というのは意外と集中できないものなのです。

 

好きな曲をリピートする オススメ度 ★★★

対象的に、1曲のみをリピートする。これが実は、かなり効果的なのです

 

僕はだいたい1枚の原稿を描くのにかけれる時間が2時間ちょい程度なのですが、その間中ずっと同じ曲を流しっぱなしにすることがあります。たとえばさっきリバーサイドティーンズの原稿やってたんですけれども、その時はマッキーの『もう恋なんてしない』のピッチ上げバージョン(鶴屋さんボーカルになるのです)を延々再生していました。

 

もちろん前述のアルバムと同じように、これも好きな曲なのですが、1曲というのがミソです

 

1曲だけをリピートしますと、自然と脳が何かをカットしはじめます。そうしますと、だんだんと「曲はかかってるけど内容が頭に入ってこない」状況になるのです。

 

そしたらあら不思議、わりと目の前の作業に集中しているという寸法です。これはマジでオススメです。

 

曲はわりと何でもいいです。好きな曲でOK。僕はこないだはコレでした。

 

欠点としては、曲がしばらく頭から離れなくなるということでしょうか。呪いのように。

 

 

ラジオを聴く オススメ度★★

これもアルバムと一緒で、耳を傾けたくなる工夫がたくさんされており、作業用BGMとしては微妙です。

 

とはいえ僕もかなりの頻度で宇多丸師匠のシネマハスラーをYoutubeで流します。めちゃくちゃ面白いんですけど、そっちに意識がいってしまうのでマズいです。西寺兄貴の『マイケルジャクソンと小沢一郎ほとんど同一人物説』とか、高橋ヨシキゲスト回とか、ウンコ漏らしそうなぐらい聴いてます。

 

というわけで、ラジオは普通に楽しめてしまうので難しい。

 

映画を垂れ流す オススメ度★★★

決して集中できるもんではありませんが、とにかくめっちゃ楽しいのでオススメです。ほぼ音声だけで楽しむことになりますので、洋画の場合吹き替えがいいかもしれませんね。

 

オススメはバックトゥザフューチャーです。というか僕はバックトゥザフューチャーが超好きなので、音声聴いてるだけで楽しいのです。こないだはトランスフォーマーの一作目を流しましたが、アレもめちゃくちゃアホで面白い。

 

更にいえば、映画は長くて2時間半くらい(もっと長いのもありますが)。なんと僕が原稿1枚やってる時間まるまる使って、バックトゥザフューチャーを1作楽しめてしまうという寸法なのです! これを発見した時はケツから目玉が飛び出るかと思ってしまいました。歓喜のあまりに生クリームになりそうです。

 

そんなわけで、集中できるわけではないですが、好きな映画垂れ流しはけっこう最強かもしれません。鈴木央先生も、映画垂れ流し派と伺っております。

 

映画を何度も楽しむような時間的余裕があんまりない人、けっこう多いと思いますので、一度見た映画をチラ見程度でもいいから何度も見返す。これはけっこう楽しい遊びになると思います。おすすめ。

 

 

あと僕はファイトクラブが死ぬほど好きです。

関連記事

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。   いや~

記事を読む

成長するにはマゾになるしかない

僕は練習が好きだ。もっといえば、練習している自分が好きだ。もう、ハタから見ればほんとうに気持ちが悪い

記事を読む

自分のことをいちばんわかっているのは自分です。間違いないです。

最近感銘を受けたツイートがこちらです。 大体「あなたのことを思って言うが…」とか言

記事を読む

眠るためにやってみて効果があったもの3つ

画像こちら おはようございます。ここ数日、めっちゃ朝起きれた。ものすごく嬉しい。

記事を読む

金がないのは「習慣」と「伝染」なのではないか説

朝からT.M.Revolutionを流すと部屋の空気がキリっとなります。これってトリビアになりません

記事を読む

「会社員は何やかんやで楽」だと思う3つの理由

世の中、猫も杓子も会社員だ。独立して仕事をはじめます、なんて言い出すもんなら即座に変態扱いだ

記事を読む

嫌いな人との接し方が変わるただ1つの方法

By: Clemens v. Vogelsang[/caption] 人間、どーしても「コイ

記事を読む

肩書の話

俺は何て名乗りたいのだろう。 By: Kalyan Chakravarthy[/ca

記事を読む

no image

最短距離と回り道

効率のよい人と、そうでない人がいる。自分はなんやかんや、効率が悪い人間なのだと思う。 &nbs

記事を読む

「年上が年下に使う敬語」があまり好きではないんだ。

社会に出て数年経ちます。そんな生活のなか、年下の後輩にも敬語を使って話すことが多々ありました

記事を読む

no image
保護中: 【FANBOX限定未公開曲】『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』

『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』という曲です。

同年代や若いひとの成功が気になって嫉妬しちゃうゼってひとへ ~だいじょぶだ、あんたにゃ才能があるの巻~

デァァーーーーッどうもカルロス袴田です。(@hakamad)←ツイッタ

誰がために働く〜なぜ人間は働くのか、仕事が何のためかわからない人へ〜

  カルロス袴田です。なんのために働くんでしょ

学校や職場で居場所がなくても気にしない方がいいよという話

どうも袴田ちゃんです。ひっそりと社会から浮くタイプです。いつも

アイデアの回転を上げてネタ切れを超えろ!!!~アイデアの出し方・作り方~

カルロス袴田です。ボカロPをやりつつ四コマを描きつつブログを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑