*

「やってみたい」を今すぐやめろ

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について ,

やれ。とにかく今すぐやれ。
何を差し置いてでもやるんだよ。
やりたいならやるんだ。

タイミングなんてないんだ。
あるとすればそれは、自分の迷いを「タイミング」という言葉に置き換えてるだけのことなんだ。

やりたいけどやれないのは迷いがあるからだ。
やれることは今すぐやるんだ。
どう考えても今すぐやれないことがあって、でもどうしてもそれがやりたいのならば、どうやったらやれるかを考えるんだ。

自分の持ってるすべてを、そこにぶつけてやれるようにするにはどうしたらいいかを考えるんだ。
やれない自分をなんとなくやり過ごして、「いつかやれたら」って言い出したらそこで死んでるんだ。

「いつか」なんて永遠に来ないんだ。分かるでしょう?
「いつか」が叶った記憶を辿ってみるんだよ。ないだろ。ほとんどないだろ。叶ってんならそれでいいけどよぉ、っていうかこの記事読まなくてもいいんだよそんな強運の持ち主は。

「いつか」やれたらって思ってたら永遠にやれないんだよ。人間は弱いんだよ。締め切りがないと何もできないんだよ。だからやらないんだよ。大抵の人間はそうなんだけど、でも「いつか」を口にして生きていくんだよ。

それはなぜか?現実を受け入れたくないからだよ。「いつか」をやめることは現実と全裸で殴り合うことだからなんだよ。辛いんだよ。気持ちはわかる。俺だってウシジマくんを読む度不安になるの分かってるから敢えて読まないようにしてるんだよ。

でもな、「いつか」を言い続けていても、結局何も変わらないんだよ。びっくりするぐらい毎日は過ぎていくんだよ。俺が死んでようが生きてようが、それでも明日は来るし社会は代わりの歯車を見つけて大喜びしてんだよ。

「いつか」を言い続ければ気持ちよくなれるんだよ。これはもうどうしようもなく真理なんだよ。でもやりたいことを実際にやると骨の髄まで電撃みたいに衝撃が走って、痛くて痛くてとてもじゃないけど耐えられないんだよ。チャレンジすると死ぬほど痛いんだよ。

でも多分それが生きてるってことなんだと思いますわ。

(カルロス袴田 風呂に入りながら)

関連記事

「年上が年下に使う敬語」があまり好きではないんだ。

社会に出て数年経ちます。そんな生活のなか、年下の後輩にも敬語を使って話すことが多々ありました

記事を読む

本気を出すとか出さないとか、どうでもいいからやるしかない。

去る2015年。個人的にはいろいろと勉強になった年でございました。   ジ

記事を読む

no image

失敗したくない人間が考える「成功」の定義がダサい

失敗アレルギーみたいな人間が多い。ほんとーに、喋っていてダルい。倦怠感しか抱かない。 &nbs

記事を読む

『考えてから行動する』より、行動しながら考える3つのメリット

あなたは石橋を叩くタイプでしょうか?   世の中には、行動の前に考えをめぐらせ

記事を読む

数をこなすと成長しやすい3つの理由

ギガジン先輩によれば、質よりも量をこなした方が上達が早かったという実験結果が出ているようです

記事を読む

「月3万円ビジネス」はネットの方がやりやすそう

おー、と思った。   「1か月で小遣い程度」を複数持つ 月3万円

記事を読む

「会社員は何やかんやで楽」だと思う3つの理由

世の中、猫も杓子も会社員だ。独立して仕事をはじめます、なんて言い出すもんなら即座に変態扱いだ

記事を読む

「こうじゃなきゃ駄目」って考えるのが駄目

By: zeitfaenger.at[/caption] 既成概念とか、常識といったものがあ

記事を読む

「引き寄せの法則」なのか、俺の努力の結果なのか。

By: liz west[/caption] 引き寄せの法則というのがある。すげー簡単に言え

記事を読む

社会人は趣味の時間がない←これマジ?

社会人になると、仕事に忙殺されて趣味の時間がなくなる。   ってマジな

記事を読む

no image
読んだ本:六道の悪女たち

超面白いので全員読んでください。

no image
読んだ本:個人的な体験/大江健三郎

実体験をベースに書かれた作品とのこと。或る強烈な葛藤に苛まれ

no image
読んだ本:最後にして最初のアイドル

えらいよかったです。SF。ジャンル名に詳しくはない

「再利用されたコンテンツ」でYouTube収益化停止されたボカロPが復活までにやった対策

2018年末くらいから頻発しているらしい、「再利用されたコンテンツ」と

no image
保護中: 【FANBOX限定未公開曲】『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』

『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』という曲です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑