*

「やってみたい」を今すぐやめろ

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について ,

やれ。とにかく今すぐやれ。
何を差し置いてでもやるんだよ。
やりたいならやるんだ。

タイミングなんてないんだ。
あるとすればそれは、自分の迷いを「タイミング」という言葉に置き換えてるだけのことなんだ。

やりたいけどやれないのは迷いがあるからだ。
やれることは今すぐやるんだ。
どう考えても今すぐやれないことがあって、でもどうしてもそれがやりたいのならば、どうやったらやれるかを考えるんだ。

自分の持ってるすべてを、そこにぶつけてやれるようにするにはどうしたらいいかを考えるんだ。
やれない自分をなんとなくやり過ごして、「いつかやれたら」って言い出したらそこで死んでるんだ。

「いつか」なんて永遠に来ないんだ。分かるでしょう?
「いつか」が叶った記憶を辿ってみるんだよ。ないだろ。ほとんどないだろ。叶ってんならそれでいいけどよぉ、っていうかこの記事読まなくてもいいんだよそんな強運の持ち主は。

「いつか」やれたらって思ってたら永遠にやれないんだよ。人間は弱いんだよ。締め切りがないと何もできないんだよ。だからやらないんだよ。大抵の人間はそうなんだけど、でも「いつか」を口にして生きていくんだよ。

それはなぜか?現実を受け入れたくないからだよ。「いつか」をやめることは現実と全裸で殴り合うことだからなんだよ。辛いんだよ。気持ちはわかる。俺だってウシジマくんを読む度不安になるの分かってるから敢えて読まないようにしてるんだよ。

でもな、「いつか」を言い続けていても、結局何も変わらないんだよ。びっくりするぐらい毎日は過ぎていくんだよ。俺が死んでようが生きてようが、それでも明日は来るし社会は代わりの歯車を見つけて大喜びしてんだよ。

「いつか」を言い続ければ気持ちよくなれるんだよ。これはもうどうしようもなく真理なんだよ。でもやりたいことを実際にやると骨の髄まで電撃みたいに衝撃が走って、痛くて痛くてとてもじゃないけど耐えられないんだよ。チャレンジすると死ぬほど痛いんだよ。

でも多分それが生きてるってことなんだと思いますわ。

(カルロス袴田 風呂に入りながら)

関連記事

漫画で金を得る方法~web漫画の収益化~

最近新しい肩書として、「インターネット漫画マン」というものを考えました。Twitterのプロフにしま

記事を読む

夕食抜きの是非と寿司ネタの話

  晩飯ってそこまで重要じゃない気がしてきた。   晩飯の

記事を読む

【自由研究】砂漠から生まれるもの

カルロス袴田(@hakamad)です。普段熱心に環境問題を考えることは、正直そこまでありません。

記事を読む

「ウィークデイベジタリアン」やってみるか

サイヤ人もとい、野菜人になることは健康によいらしい。    

記事を読む

落ち込んだ時に『効く』音楽と歌詞6つ

時には落ち込むこともある。誰だってそうなのかもしれない。大抵の場合、腹が減ってるか眠いか。そのどちら

記事を読む

たいていの悩みは残念ながら、金で解決できる

By: Pictures of Money[/caption] たとえばあなたの傍らに、10

記事を読む

カルロス袴田 2016年の抱負(野望)

明けましておめでとうございます。カルロス袴田です。   年越しは寝てま

記事を読む

no image

希望の手触りを感じろ

坂爪圭吾氏の、『希望が与える力について』の話を読んでからというものの、「希望」というもののパワーにつ

記事を読む

no image

結局やり続けた奴が勝つ

天才と呼ばれる人々が数多くいる一方で、僕のような凡人もそれ以上に存在している。  

記事を読む

いまKindleちょっと安いよという話

涼川りん先生公式ブログより   電子書籍を圧倒的に支持するオッサンと化

記事を読む

「再利用されたコンテンツ」でYouTube収益化停止されたボカロPが復活までにやった対策

2018年末くらいから頻発しているらしい、「再利用されたコンテンツ」と

no image
保護中: 【FANBOX限定未公開曲】『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』

『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』という曲です。

同年代や若いひとの成功が気になって嫉妬しちゃうゼってひとへ ~だいじょぶだ、あんたにゃ才能があるの巻~

デァァーーーーッどうもカルロス袴田です。(@hakamad)←ツイッタ

誰がために働く〜なぜ人間は働くのか、仕事が何のためかわからない人へ〜

  カルロス袴田です。なんのために働くんでしょ

学校や職場で居場所がなくても気にしない方がいいよという話

どうも袴田ちゃんです。ひっそりと社会から浮くタイプです。いつも

→もっと見る

PAGE TOP ↑