*

ソシャゲがパチンコよりタチが悪い3つの理由

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 デレステ, 人生について , ,

ソシャゲとパチンコは同じである。むしろ、ソシャゲの方がパチンコよりもよほど、タチが悪いといえます。

 

 

①ソシャゲの演出はパチンコ

久々にソシャゲなるもの(デレステ)に手を出して思ったのですが、あれのガチャの演出は完全にパチンコです。正直、ここまで同じもんになっていたのかとびっくりしたぐらい。

 

デレステでガチャを引きますと、アイドルの履歴書が入った封筒が演出として登場します。その封筒の色によって、レアリティが予告されるという仕組み

青色だとSR以上、さらに刺繍入りだとSSR確定なのだといいます。

 

 

パチンコで青色だったらゴミみたいなもんですが、パズドラでは赤とか虹色がアツいらしく、よりパチンコナイズされているなぁという印象。

 

②ソシャゲは未成年も入店(プレイ)できる

パチンコ屋に未成年が入ることはできませんが、ソシャゲに年齢は関係ございません。スマホなり何なりの端末をもっていて、ネット環境があれば誰もプレイ可能です。

 

「親御さんに許可とって課金してね」とは言われますが、許可とったところで金をかけたギャンブル感は得られるだろうし、「レアがゲットできるかもしれへん!」という射幸心は頭に刻み込まれます。大げさでも何でもなく、パチンコ依存予備軍を作り出すシステムが、ソシャゲにあります。

 

 

③ソシャゲのリターンは「レア」

言い方は悪いですが、パチンコはまだ投資金額が換金システムによって戻ってくる可能性があります。法律的にはグレーですが、いちおう現状OKな行為として全国的に存在しています。

 

対してソシャゲへの課金で得られるのは「レア」。そして射幸心です。これって、パチンコの構造をより純化させた、より恐ろしいものに思えるのは僕だけでしょうか。

 

パチンコはアツい予告・演出がかかって、けたたましい光と音響によって大当たりが発生。パチンコの場合、ここから出玉というリターンがあって、いちおうはお金に換算できるもんが得られるわけです。

 

でも、ソシャゲはいわば、その「アツい演出(レアカード)」のみを得るために「アツい演出」を求めるように作られている。これって、パブロフの犬の進化系に他ならないですよ。

 

 

パブロフの犬「メシ出てくるやで!」→唾液ダラー

よく訓練されたパブロフの犬「唾液出るやで!」→唾液ダラー

 

 

ソシャゲユーザって、完全に後者の方に調教されていると思うのですが、どうでしょうか。

 

射幸心をダイレクトに頭に刻み込ませるシステムが、ソシャゲにあると思います。今の子供たちがどうなるのか、とても楽しみです。

 

 

とはいえ、この構造は今にはじまったことではないのは、遊戯王カード直撃世代の僕もよくわかっております。かつてのオッサンどもも同じようなことを言っていたでしょう。ただ、スマホゲームという形態が、年がら年中どこにいても課金が可能であるという点、いくら課金したかがわかりづらくなる方式をとっている点。その辺が新しいです。

 

ゲームには本来、見返りなんて求めるべきではないのです。それはパチンコやスロットなどのギャンブルが異常なんです。ゲームはゲーム自体に没入するためにプレイするものです。ですが、ある程度の節度は持ちたいものですね。

関連記事

「ウィークデイベジタリアン」やってみるか

サイヤ人もとい、野菜人になることは健康によいらしい。    

記事を読む

やらない理由をみつける時間でやれ

ものごとを進めるにはとにかく行動が必要でございます。最近、僕もその辺を(やっと)意識しはじめた次第で

記事を読む

「引き寄せの法則」なのか、俺の努力の結果なのか。

By: liz west[/caption] 引き寄せの法則というのがある。すげー簡単に言え

記事を読む

「面白さ」を絶対的な基準と考えて図解してみたので見てくれ。

      面白いものを作る人は、本当に世の中にいっ

記事を読む

飲み会を飲み会以外の目的に使う奴は家に帰って寝ろ。

忘年会シーズンですね。みなさんの飲み会は楽しいでしょうか。   僕は半

記事を読む

段取りしない、したくない人へ―段取り神格化はダサい

By: Gustavo[/caption] 僕は段取りが嫌いだ。 段取りに出会ってから

記事を読む

「年上が年下に使う敬語」は不信感の表れですよ?

社会に出て数年経ちます。そんな生活のなか、年下の後輩にも敬語を使って話すことが多々ありました

記事を読む

自分のことをいちばんわかっているのは自分です。間違いないです。

最近感銘を受けたツイートがこちらです。 大体「あなたのことを思って言うが…」とか言

記事を読む

カルロス袴田 2016年の抱負(野望)

明けましておめでとうございます。カルロス袴田です。   年越しは寝てま

記事を読む

魂を腐らせる習慣を今すぐやめるのだ

世の中には「魂を腐らせる習慣」が存在する。 By: Jevgenijs Slihto[/capt

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑