*

ソシャゲがパチンコよりタチが悪い3つの理由

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 デレステ, 人生について , ,

ソシャゲとパチンコは同じである。むしろ、ソシャゲの方がパチンコよりもよほど、タチが悪いといえます。

 

 

①ソシャゲの演出はパチンコ

久々にソシャゲなるもの(デレステ)に手を出して思ったのですが、あれのガチャの演出は完全にパチンコです。正直、ここまで同じもんになっていたのかとびっくりしたぐらい。

 

デレステでガチャを引きますと、アイドルの履歴書が入った封筒が演出として登場します。その封筒の色によって、レアリティが予告されるという仕組み

青色だとSR以上、さらに刺繍入りだとSSR確定なのだといいます。

 

 

パチンコで青色だったらゴミみたいなもんですが、パズドラでは赤とか虹色がアツいらしく、よりパチンコナイズされているなぁという印象。

 

②ソシャゲは未成年も入店(プレイ)できる

パチンコ屋に未成年が入ることはできませんが、ソシャゲに年齢は関係ございません。スマホなり何なりの端末をもっていて、ネット環境があれば誰もプレイ可能です。

 

「親御さんに許可とって課金してね」とは言われますが、許可とったところで金をかけたギャンブル感は得られるだろうし、「レアがゲットできるかもしれへん!」という射幸心は頭に刻み込まれます。大げさでも何でもなく、パチンコ依存予備軍を作り出すシステムが、ソシャゲにあります。

 

 

③ソシャゲのリターンは「レア」

言い方は悪いですが、パチンコはまだ投資金額が換金システムによって戻ってくる可能性があります。法律的にはグレーですが、いちおう現状OKな行為として全国的に存在しています。

 

対してソシャゲへの課金で得られるのは「レア」。そして射幸心です。これって、パチンコの構造をより純化させた、より恐ろしいものに思えるのは僕だけでしょうか。

 

パチンコはアツい予告・演出がかかって、けたたましい光と音響によって大当たりが発生。パチンコの場合、ここから出玉というリターンがあって、いちおうはお金に換算できるもんが得られるわけです。

 

でも、ソシャゲはいわば、その「アツい演出(レアカード)」のみを得るために「アツい演出」を求めるように作られている。これって、パブロフの犬の進化系に他ならないですよ。

 

 

パブロフの犬「メシ出てくるやで!」→唾液ダラー

よく訓練されたパブロフの犬「唾液出るやで!」→唾液ダラー

 

 

ソシャゲユーザって、完全に後者の方に調教されていると思うのですが、どうでしょうか。

 

射幸心をダイレクトに頭に刻み込ませるシステムが、ソシャゲにあると思います。今の子供たちがどうなるのか、とても楽しみです。

 

 

とはいえ、この構造は今にはじまったことではないのは、遊戯王カード直撃世代の僕もよくわかっております。かつてのオッサンどもも同じようなことを言っていたでしょう。ただ、スマホゲームという形態が、年がら年中どこにいても課金が可能であるという点、いくら課金したかがわかりづらくなる方式をとっている点。その辺が新しいです。

 

ゲームには本来、見返りなんて求めるべきではないのです。それはパチンコやスロットなどのギャンブルが異常なんです。ゲームはゲーム自体に没入するためにプレイするものです。ですが、ある程度の節度は持ちたいものですね。

関連記事

no image

失敗したくない人間が考える「成功」の定義がダサい

失敗アレルギーみたいな人間が多い。ほんとーに、喋っていてダルい。倦怠感しか抱かない。 &nbs

記事を読む

『考えてから行動する』より、行動しながら考える3つのメリット

あなたは石橋を叩くタイプでしょうか?   世の中には、行動の前に考えをめぐらせ

記事を読む

Q.質と量、どっちが大事? A.両方やれ

僕は努力が好きだ。一人で黙々と作業をしている自分が大好きだ。本当にキモい。  

記事を読む

結局みんな、自分の話がしたくてたまらない

自分て性格が悪いなーと実感するのは、他人の話を「聞いてやってる」みたいな意識になっている時で

記事を読む

酒やめて4か月弱経過した感想

タイトルどーり、酒・アルコホールの類を飲むのをやめた。2015年3月11日から飲んでいない。

記事を読む

no image

「機嫌が悪い」はクソ

最近は忙しかった。忙しいという理由で物事に手をつけないヤカラのことが、僕はあまり好きではないのだが、

記事を読む

夕食抜きの是非と寿司ネタの話

  晩飯ってそこまで重要じゃない気がしてきた。   晩飯の

記事を読む

「ネットビジネス」から考える仕事という邪教

By: John Ward[/caption] 「ネットビジネス」という言葉が あんまり好

記事を読む

作品と同じくらい作者がコンテンツになる

ウイッス。   漫画描いてる人です。 リバーサイドティーンズ

記事を読む

no image

雑な性格を直す必要はあるのか?

日々、なにかといえば大雑把にものごとを考えている。   雑な性格というものわり

記事を読む

no image
読んだ本:六道の悪女たち

超面白いので全員読んでください。

no image
読んだ本:個人的な体験/大江健三郎

実体験をベースに書かれた作品とのこと。或る強烈な葛藤に苛まれ

no image
読んだ本:最後にして最初のアイドル

えらいよかったです。SF。ジャンル名に詳しくはない

「再利用されたコンテンツ」でYouTube収益化停止されたボカロPが復活までにやった対策

2018年末くらいから頻発しているらしい、「再利用されたコンテンツ」と

no image
保護中: 【FANBOX限定未公開曲】『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』

『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』という曲です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑