*

「こうじゃなきゃ駄目」って考えるのが駄目

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について, 漫画について, 音楽について

既成概念とか、常識といったものがある。面白いものを作るためには、ある程度そういった「型」をぶっ壊していくのが必要なんだなーと、最近思うのです。

 

本当に「そうじゃなきゃ駄目」なんすかそれ?

たとえば、最近描いた漫画なんですけど、『鋼鉄魔人ガルガンチュアの怪』というのがございます。

もはや若干懐かしいですが。

 

この漫画は、「話とかどうでもいいから、なんか勢いだけで漫画つくろう」と思って描いた漫画なのですね。漫画といいますと、起承転結ですとか序破急とか、いろいろと物語に「型」があります。もしくは、論理であるとか伏線であるとか整合性であるとか、そういった物語としての「常識」のようなもの。

 

そういうのを一切ガッサイ、シカトして描いた漫画です。結果として、いま1万回読まれているようです。僕が生まれてこの方生み出したコンテンツのなかで、もっとも読まれたものとなりました。とても嬉しい。

 

そんな経験を通じて思ったのは、「漫画って何でもアリの方が面白いんだなぁ」ということです。

 

もちろん、いわゆる「きちんとした漫画」も面白いですよ。伏線がしっかりしていたり、ものごとに論理があるような。むしろそういう漫画こそが王道であり、わかりやすいポップなものです。

 

ですが、それは誰かがやるよね、という想いも同時に抱くようになりました。そうなのです。きちんとしたものは、みんなやるのです。そういう意味でも、邪道に逸れまくるということは自分がやるべきことなのかもしれないと思うようになったのですね。

 

現に、ガルガンチュアの次に描いた『ゲルシュテンドルゴゴ族』という漫画は、ちょっぴりとまともな話になっていますが、ガルガンチュアほどの人気は得られていないように思います。ゲルシュテンドルゴゴ族という漫画も好きなのですが、ガルガンチュアに比べると勢いやグルーヴ感という意味では少し劣ってしまう面もあるのかなと。

 

うわ、なんだこれ という衝撃でありたい

僕は結局、「正体不明のもの」が大好きなのです。ギャグ漫画でいえば、ちょぼらうにょぽみ先生や大川ぶくぶ先生が大好きですし、ストーリー漫画でいえば西村ツチカ先生や荒木飛呂彦先生が大好きです。どの作家も、一コマ目から「なんだこれすげぇ」と思わせるような作品ばかりです。

 

正体不明である衝撃というのは、ある意味恐怖にも近い。人間がオバケを怖がるのは「得体が知れないから」だと思うし、その感情はすべての驚きに繋がるのではないかと思うのです。

 

というわけで、わけのわからんものを作りだしていきたいもんですな。音楽でいえばDeerhoofのような。

 

常識人であれ

つまりは、常識を打破していくのだという覚悟です。クリエイターにとって必須な意識であると思います。

 

常識人であることに劣等感を感じる必要はたぶんないのです。むしろ、常識人だからこそ破れる型が存在しているわけで。型を知っているからこそ、型破りというのが可能なのではないでしょうか。

 

きちんと絵を練習しない人間が生み出した謎のデフォルメは、確かに衝撃的な出来になるかもしれませんが、それはラッキーパンチです。運という不確定要素に頼りすぎるよりは、ある程度実力でねじ伏せていった方が続きますよね。そういうことです。

関連記事

Q.質と量、どっちが大事? A.両方やれ

僕は努力が好きだ。一人で黙々と作業をしている自分が大好きだ。本当にキモい。  

記事を読む

no image

「機嫌が悪い」はクソ

最近は忙しかった。忙しいという理由で物事に手をつけないヤカラのことが、僕はあまり好きではないのだが、

記事を読む

「男が結婚したくない理由」を結婚する気のない男が赤裸々に話そう

By: Katsu Nojiri[/caption] 結婚したくない男の考え方 アラサー男子が

記事を読む

「好きなことで生きていく」ために。何のために働くんだ、俺たちは。

お晩です。カルロス袴田だよ。   好きなことで、生きていく。言うは易し

記事を読む

下ネタに敬礼せよ 漫画『UNCOntrollable』宮場弥二郎

※下ネタです   久々に、剛速球の下ネタ漫画です。僕ももっと頑張ろうという

記事を読む

「面白さ」を絶対的な基準と考えて図解してみたので見てくれ。

      面白いものを作る人は、本当に世の中にいっ

記事を読む

「年上が年下に使う敬語」があまり好きではないんだ。

社会に出て数年経ちます。そんな生活のなか、年下の後輩にも敬語を使って話すことが多々ありました

記事を読む

no image

結局やり続けた奴が勝つ

天才と呼ばれる人々が数多くいる一方で、僕のような凡人もそれ以上に存在している。  

記事を読む

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。   いや~

記事を読む

「社会人」ってなんだよ、帰っていいすか

社会人という呼び名、いい加減やめましょう。とても空虚な呼び方であると思います。 &nb

記事を読む

no image
読んだ本:六道の悪女たち

超面白いので全員読んでください。

no image
読んだ本:個人的な体験/大江健三郎

実体験をベースに書かれた作品とのこと。或る強烈な葛藤に苛まれ

no image
読んだ本:最後にして最初のアイドル

えらいよかったです。SF。ジャンル名に詳しくはない

「再利用されたコンテンツ」でYouTube収益化停止されたボカロPが復活までにやった対策

2018年末くらいから頻発しているらしい、「再利用されたコンテンツ」と

no image
保護中: 【FANBOX限定未公開曲】『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』

『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』という曲です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑