*

怒りっぽいヤツは漫画でも音楽でもやればいいんだ

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について

エモーショナルな創作物が大好きだ。かっこいい漫画に触れたり、すげー音楽を聴いたりすると、叫びだしたくなるような気持ちが止まらない。素晴らしい作品というのは、時として受け手の感情を激しくゆさぶる。

 

話は変わりますが、僕は私生活でまったくといっていいほど怒らない。ツイッターなんかで怒っている人間なんかを見ていると、「怒ってますねぇこのニホンザルは」と煽りたくなる。実生活でも怒っている人間を見ていると、諸星きらりのキャラソンでも流してあげたくなる。

 

 

端的にいえば、怒っている人間を見ているのが本当に不快なのである。だから、ツイッターでもよくわからんことにイライラしている人間は真っ先にフォローを外す。自分に良い影響がないのだ。それに、外したほうも外された方も、どうせ1週間もすれば忘れるのだ。気にする必要はない。

 

クソどうでもいい怒りを抱えている人間は、いろいろと「余っている」

なぜ奴らはそんなに怒るのか。カルシウム不足とか睡眠不足とか、いろいろないがしろにしている連中であろうことは容易に想像がつく。

 

しかし、それ以上に奴らには色々な物が「余り過ぎている」のだと思える。それは、発露されるべき感情が体内に「余っている」ともいえるし、それによって本来使われるべき貴重な時間が「余っている」のだろう。まったくもって不憫でならない。

 

最近、見違えたように漫画を描いている。かつての自分と比べても、人生でいちばん描いている。相対的に見るとそんなに描いてる方じゃないんだろうが、自分としてはかなり漫画を描いている。

 

漫画を描いていると、けっこう感情が出る。モリモリと出る。とくにリバーサイドティーンズとかいう漫画は、たいてい誰もが絶叫しているような漫画なので、こっちとしても似たような心境をトレースして描く。

 

そうすると、感情が余らない。なので日常生活で怒る気がしないのだ。

 

音楽も、やはり楽しい。表現行動はたぶん何でもそういう側面がある。いわば感情のデトックス的な行為として、表現を考えてみるとおもしろいと思うのだ。

 

感情も時間も、余らせていてはもったいない。ラスボス間際までエリクサーを使わないのでは、エリクサーも泣くというもんだ。

関連記事

24時間生きてて「ネタがない」ってことはない

ブログにしても、漫画にしても「ネタがない」なんてよく言われる。書きたいけど、何について書いたらいいか

記事を読む

本気を出すとか出さないとか、どうでもいいからやるしかない。

去る2015年。個人的にはいろいろと勉強になった年でございました。   ジ

記事を読む

段取りしない、したくない人へ―段取り神格化はダサい

By: Gustavo[/caption] 僕は段取りが嫌いだ。 段取りに出会ってから

記事を読む

『時間がない』?サラリーマンしながらやりたいコトの時間をつくる3つのコツ

時間は寿命だぜ、オーイェー!   サラリーマンのみなさま、毎日寿命を売り払って

記事を読む

全身を「好きなもの」で満たすと、外に噴出する。

By: Derek Gavey[/caption] ものごとを上達させるために、効率のよい練

記事を読む

中川淳一郎氏の語る「他人」論が素晴らしい

他人に期待する人生って虚しいぜ。そりゃ、そいつがお前の期待通りに動かないこともあるだろう。当たり

記事を読む

「社会人」ってなんだよ、帰っていいすか

社会人という呼び名、いい加減やめましょう。とても空虚な呼び方であると思います。 &nb

記事を読む

仕事が寿命の安売りに思える時

By: Sean MacEntee[/caption] サラリーマンのお話です。 &n

記事を読む

瞑想とストレス 意図的にぼーっとしてみましょう

By: Ian Burt[/caption] さいきん、瞑想をしている。 とか言うとと

記事を読む

no image

「機嫌が悪い」はクソ

最近は忙しかった。忙しいという理由で物事に手をつけないヤカラのことが、僕はあまり好きではないのだが、

記事を読む

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

コードを分析してSHISHAMOの魅力を伝えんとする記事

SHISHAMOというバンドがすげーな、と思うので楽曲をすこし分析しま

【曲解説】スーパーマーケット☆フィーバー

カルロス袴田です。新曲の曲解説を書いていこうと思います。

→もっと見る

PAGE TOP ↑