*

怒りっぽいヤツは漫画でも音楽でもやればいいんだ

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について

エモーショナルな創作物が大好きだ。かっこいい漫画に触れたり、すげー音楽を聴いたりすると、叫びだしたくなるような気持ちが止まらない。素晴らしい作品というのは、時として受け手の感情を激しくゆさぶる。

 

話は変わりますが、僕は私生活でまったくといっていいほど怒らない。ツイッターなんかで怒っている人間なんかを見ていると、「怒ってますねぇこのニホンザルは」と煽りたくなる。実生活でも怒っている人間を見ていると、諸星きらりのキャラソンでも流してあげたくなる。

 

 

端的にいえば、怒っている人間を見ているのが本当に不快なのである。だから、ツイッターでもよくわからんことにイライラしている人間は真っ先にフォローを外す。自分に良い影響がないのだ。それに、外したほうも外された方も、どうせ1週間もすれば忘れるのだ。気にする必要はない。

 

クソどうでもいい怒りを抱えている人間は、いろいろと「余っている」

なぜ奴らはそんなに怒るのか。カルシウム不足とか睡眠不足とか、いろいろないがしろにしている連中であろうことは容易に想像がつく。

 

しかし、それ以上に奴らには色々な物が「余り過ぎている」のだと思える。それは、発露されるべき感情が体内に「余っている」ともいえるし、それによって本来使われるべき貴重な時間が「余っている」のだろう。まったくもって不憫でならない。

 

最近、見違えたように漫画を描いている。かつての自分と比べても、人生でいちばん描いている。相対的に見るとそんなに描いてる方じゃないんだろうが、自分としてはかなり漫画を描いている。

 

漫画を描いていると、けっこう感情が出る。モリモリと出る。とくにリバーサイドティーンズとかいう漫画は、たいてい誰もが絶叫しているような漫画なので、こっちとしても似たような心境をトレースして描く。

 

そうすると、感情が余らない。なので日常生活で怒る気がしないのだ。

 

音楽も、やはり楽しい。表現行動はたぶん何でもそういう側面がある。いわば感情のデトックス的な行為として、表現を考えてみるとおもしろいと思うのだ。

 

感情も時間も、余らせていてはもったいない。ラスボス間際までエリクサーを使わないのでは、エリクサーも泣くというもんだ。

関連記事

読書のメリット・デメリットを考える

By: John Liu[/caption] 読書していますか? 意識高い系の定番とな

記事を読む

否定から入る話し方、その対策

コミュニケーション攻略記事です。今回は、「否定から入る話し方」の攻略について。対策を考えまし

記事を読む

節約の方法について思うこと

金について思う事。   金は使わないと減らない 当たり前ですが、金を節約

記事を読む

「こうじゃなきゃ駄目」って考えるのが駄目

By: zeitfaenger.at[/caption] 既成概念とか、常識といったものがあ

記事を読む

それでもネタ切れに悩む困ったちゃんへ…ネタの発想法

僕はとりあえず、ネタ切れはしない自信だけはあるのです。それが面白いかどうかはともかくとして。

記事を読む

成長するにはマゾになるしかない

僕は練習が好きだ。もっといえば、練習している自分が好きだ。もう、ハタから見ればほんとうに気持ちが悪い

記事を読む

落ち込んだ時に『効く』音楽と歌詞6つ

時には落ち込むこともある。誰だってそうなのかもしれない。大抵の場合、腹が減ってるか眠いか。そのどちら

記事を読む

【自由研究】砂漠から生まれるもの

カルロス袴田(@hakamad)です。普段熱心に環境問題を考えることは、正直そこまでありません。

記事を読む

仕事が寿命の安売りに思える時

By: Sean MacEntee[/caption] サラリーマンのお話です。 &n

記事を読む

「年上が年下に使う敬語」があまり好きではないんだ。

社会に出て数年経ちます。そんな生活のなか、年下の後輩にも敬語を使って話すことが多々ありました

記事を読む

ミクウナ四コマまとめよる ~2018年4月号~

まとめよりました。新年度。   ←先月  

\オープンワールド!!!/楽曲解説~カルロス袴田インタビュー byカルロス袴田

現在のボカロ界におけるよくわからない微妙な立ち位置を誇るダイナ

ミクウナ四コマまとめ 2018年3月号

ミクウナ四コマの3月分まとめでございます。年度末。  

ミクウナ四コマまとめ 2018年2月号

遅くなりましたが2月分のミクウナ四コマまとめです。ヴァレンタイン。

ミクウナ四コマまとめ 2018年1月分

新年あけましたミクウナ四コマのまとめです。戌年。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑