*

怒りっぽいヤツは漫画でも音楽でもやればいいんだ

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について

エモーショナルな創作物が大好きだ。かっこいい漫画に触れたり、すげー音楽を聴いたりすると、叫びだしたくなるような気持ちが止まらない。素晴らしい作品というのは、時として受け手の感情を激しくゆさぶる。

 

話は変わりますが、僕は私生活でまったくといっていいほど怒らない。ツイッターなんかで怒っている人間なんかを見ていると、「怒ってますねぇこのニホンザルは」と煽りたくなる。実生活でも怒っている人間を見ていると、諸星きらりのキャラソンでも流してあげたくなる。

 

 

端的にいえば、怒っている人間を見ているのが本当に不快なのである。だから、ツイッターでもよくわからんことにイライラしている人間は真っ先にフォローを外す。自分に良い影響がないのだ。それに、外したほうも外された方も、どうせ1週間もすれば忘れるのだ。気にする必要はない。

 

クソどうでもいい怒りを抱えている人間は、いろいろと「余っている」

なぜ奴らはそんなに怒るのか。カルシウム不足とか睡眠不足とか、いろいろないがしろにしている連中であろうことは容易に想像がつく。

 

しかし、それ以上に奴らには色々な物が「余り過ぎている」のだと思える。それは、発露されるべき感情が体内に「余っている」ともいえるし、それによって本来使われるべき貴重な時間が「余っている」のだろう。まったくもって不憫でならない。

 

最近、見違えたように漫画を描いている。かつての自分と比べても、人生でいちばん描いている。相対的に見るとそんなに描いてる方じゃないんだろうが、自分としてはかなり漫画を描いている。

 

漫画を描いていると、けっこう感情が出る。モリモリと出る。とくにリバーサイドティーンズとかいう漫画は、たいてい誰もが絶叫しているような漫画なので、こっちとしても似たような心境をトレースして描く。

 

そうすると、感情が余らない。なので日常生活で怒る気がしないのだ。

 

音楽も、やはり楽しい。表現行動はたぶん何でもそういう側面がある。いわば感情のデトックス的な行為として、表現を考えてみるとおもしろいと思うのだ。

 

感情も時間も、余らせていてはもったいない。ラスボス間際までエリクサーを使わないのでは、エリクサーも泣くというもんだ。

関連記事

他人の文句を言ってるヒマがない

面と向かった悪口の例[/caption] 不満を言うヒマがない。 別段忙しいというわけでは

記事を読む

将来への漠然とした不安で鬱になる? 不安の正体をぶちのめせ

将来って不安ですよね。ほんとムカツク(僕の心はいつだって90年代のコギャルです)。 &

記事を読む

作業用BGMのススメ 原稿・イラスト作業のBGMを決めるぜ

(画像はこちらよりよりよりより) ボッピロマプリレッテュラ(ご無沙汰してます)、カルロ

記事を読む

no image

結局やり続けた奴が勝つ

天才と呼ばれる人々が数多くいる一方で、僕のような凡人もそれ以上に存在している。  

記事を読む

やりたいことができない・落ち込んだ時の考え方

やりたいことが出来ない、という人は多いかと思います。   最近私が考え

記事を読む

『習慣の動物』になる生き方

例によって特に意味のない落書きです。   この記事にて引用されている村

記事を読む

面白い人間であれ

とにかく、ガキの頃から面白い人間になりたかった。ような気がする。  

記事を読む

「年上が年下に使う敬語」があまり好きではないんだ。

社会に出て数年経ちます。そんな生活のなか、年下の後輩にも敬語を使って話すことが多々ありました

記事を読む

no image

最短距離と回り道

効率のよい人と、そうでない人がいる。自分はなんやかんや、効率が悪い人間なのだと思う。 &nbs

記事を読む

否定から入る話し方、その対策

コミュニケーション攻略記事です。今回は、「否定から入る話し方」の攻略について。対策を考えまし

記事を読む

no image
読んだ本:六道の悪女たち

超面白いので全員読んでください。

no image
読んだ本:個人的な体験/大江健三郎

実体験をベースに書かれた作品とのこと。或る強烈な葛藤に苛まれ

no image
読んだ本:最後にして最初のアイドル

えらいよかったです。SF。ジャンル名に詳しくはない

「再利用されたコンテンツ」でYouTube収益化停止されたボカロPが復活までにやった対策

2018年末くらいから頻発しているらしい、「再利用されたコンテンツ」と

no image
保護中: 【FANBOX限定未公開曲】『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』

『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』という曲です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑