*

「ネットビジネス」から考える仕事という邪教

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について

「ネットビジネス」という言葉が
あんまり好きじゃない。

「仕事」は結果でしかなくね?

 

その理由は簡単っす。

なんかエラそうだからに他ならない。

「ネットビジネス」実践者は言う。
「アフィリエイトは小遣い稼ぎじゃなく、仕事。

ビジネスという視点をもって取り組みましょう。」
まぁそりゃたしかに、
月数十万とか数百万とかのアフィリエイト報酬を得られる人々は、
アフィリエイトを遊びでやってる人間ではなく、
血の滲むような努力をしてそこまでたどり着いた、
というのは分かる。

したがって、
その努力を「仕事」と呼びたくなるのもわかる。
それでも僕が「ネットビジネス」という言葉が好きくないのは、
単に「ビジネス」だとか「仕事」だとかいう言葉が、
単純に好きじゃないからなんだと思う。

「仕事」ってそんなに大事なもんなんだろうか。

「仕事」じゃなければ真剣じゃないのだろうか?

という話になってくる。
仕事になる、というのは

金になる、ということだと思うんだけども、

それって取り組んだうえでの「結果」でしかないわけじゃない。
真剣に取り組んだ結果として、それが仕事になった。

と言うほうが僕は正しいと思いますよ。

 

仕事礼賛という邪教

今の世の中は、
食っていくために仕事をする、
という生き方が当たり前になってるんだけど、
どうもその流れが「仕事」に対する考え方を凝り固まらせているような気がしてならない。

いわば、「仕事礼賛」といったようなレベルまで、
仕事の神格化は進んでいる気がする。

そしてその神格化は「邪神」

ないしは

「邪教」

といって良い程度にまで進行してるんじゃねーか、
とまで感じる。

大半の人間は、
仕事をする→金になる
というスタイルでしか生きていけないので、
仕事そのものが美徳であり尊いこと、
と言われるのだけれど、

極端な話をすればベーシックインカムが実現すれば、
仕事なんて誰もする必要がないじゃないか。

もし仕事をしなくても生きていけるようになれば、
すすんで仕事をしたがる人間は間違いなく減るだろう。

そうなったときに、
果たして仕事は、
従来の意味と同じ意味で「仕事」と呼ばれ続けるのだろうか?

好きでやってることなんだから、
それって「遊び」と同じになるんじゃないのか?

仕事仕事って言いますけど、
本質的には仕事も遊びもほとんど同じな気がするよ。
ただ、報酬が発生するかどうかという結果の差だけが違う気がする。

会社員なんてロールプレイングじゃないですか。
社会において、ある役割を演じるって意味で。
リアルマネー報酬ゲームですよ。

そんなに仕事を深刻に捉えなくて良いんじゃね?
と思ってしまいます。

関連記事

飲み会を飲み会以外の目的に使う奴は家に帰って寝ろ。

忘年会シーズンですね。みなさんの飲み会は楽しいでしょうか。   僕は半

記事を読む

no image

お金がないと生きていけないんだろうか?

我々はなぜお金がないと生きていけないと考えるのだろうか。 たしかにお金は大事である。 お

記事を読む

no image

「焦り」はいらない

人間は、焦る。様々な局面で焦る。   感情は人間にとって必要なものですが、「焦

記事を読む

「月3万円ビジネス」はネットの方がやりやすそう

おー、と思った。   「1か月で小遣い程度」を複数持つ 月3万円

記事を読む

心に余裕を持つには

心に余裕を持つには、自分がいまどういう心理状態にあるのかを見極めることが必要です。  

記事を読む

早起きすると頭の回転が速くなるので5時に起きてスタンド使いになろう

カルロス袴田です。早起きが趣味です。 起きれない日もあるんですが、起きれた日の楽しさが

記事を読む

no image

結局やり続けた奴が勝つ

天才と呼ばれる人々が数多くいる一方で、僕のような凡人もそれ以上に存在している。  

記事を読む

禁酒を解除して変わったこと

By: Emiliano De Laurentiis[/caption]  

記事を読む

読書のメリット・デメリットを考える

By: John Liu[/caption] 読書していますか? 意識高い系の定番とな

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく稀にあって、そういう数字はふだ

記事を読む

「再利用されたコンテンツ」でYouTube収益化停止されたボカロPが復活までにやった対策

2018年末くらいから頻発しているらしい、「再利用されたコンテンツ」と

no image
保護中: 【FANBOX限定未公開曲】『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』

『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』という曲です。

同年代や若いひとの成功が気になって嫉妬しちゃうゼってひとへ ~だいじょぶだ、あんたにゃ才能があるの巻~

デァァーーーーッどうもカルロス袴田です。(@hakamad)←ツイッタ

誰がために働く〜なぜ人間は働くのか、仕事が何のためかわからない人へ〜

  カルロス袴田です。なんのために働くんでしょ

学校や職場で居場所がなくても気にしない方がいいよという話

どうも袴田ちゃんです。ひっそりと社会から浮くタイプです。いつも

→もっと見る

PAGE TOP ↑