*

いまKindleちょっと安いよという話

涼川りん先生公式ブログより

 

電子書籍を圧倒的に支持するオッサンと化した私ですので、Kindleのセールなんかには一瞬で食いついてしまうんだ。

Kindleといえば、6月アタマくらいには半額セールやってたりしましたし、

定期的にセールがあることでも有名です。嬉しいです。

今回のセールは20%がポイント還元ということで、

これで延々アマゾンで買い物が出来そうです。やったねたえちゃん。

そんなわけで、今読んでる本とか含めて、オススメのKindle書籍を紹介しようかと思います。

 

 

背伸びの一つや二つしてみやがれってんだ!書籍編

 

禁酒セラピー

はい、いきなり重たいやつです。

酒を辞めるための教えが書かれた本でございますが、

「そもそも酒やめる必要あんの?」って思ってる人にもお勧めです。

僕はこれで辞めようと思いました。

 

お酒を辞めるには「意志」なんていらねぇ!

という観点から、アルコールがいかに人間にとって害をなすのか、

ということをひたすらに説いています。

良い本です。

 

っていうかこれKindleじゃなくて新書版じゃねーか!

という方向けに、

こっちがKindle版です。

ただ、僕は持ってないんですけどコレ、実は内容省略されてるらしいので、

できれば新書版の方をオススメしたいです。

 

『自分の中に毒を持て―あなたは”常識人間”を捨てられるか』岡本太郎

最近読んだなかで一番衝撃的でした。

ここ3年くらい自分について巡らせていた考えが、一気に腑に落ちたという感覚です。

どういう風に生きるべきか?といった思いをお持ちの方には、バシっと決まる内容であると強くオススメしたいです。

マジで名著です。

 

とか公言し出したのはこの本のせいです。 責任とってよね、岡本先生!    

『挫折を愛する』松岡修造

修造好きならば! ということで、太陽神・修造の本です。

僕はさっぱり興味のなかったアスリートの挫折エピソードなんぞをたくさんまじえつつ、

松岡修造という男が持つ「いかにポジティブに心をもっていくか」という持論を展開。

内容としてはすごく簡潔で分かりやすいのですが、 それ以上にパワーを感じるのはさすがの松岡修造でございます。  

『日本でいちばん社員満足度の高い会社の非常識な働き方』山本敏行

顧客満足度を最優先する、 という従来の経営観とは真逆な発想で成功する会社「ECスタジオ」の社長さんが書いた本。

営業は全部webサイトに任せるので営業社員はいない、とか最高ですよね。

自分たちの理念に共感してくれる取引先だけと仕事をするので、 非効率な電話を廃止し、メールでやり取りをするのだとか。

そのためオフィスには電話がないそうです。  

 

電話応対ってほんと、無意味なんですよね。

僕個人的にも電話が本当に嫌いですし、 きょうびメールやLINEを使って、ログが残るかたちでやり取りをした方が圧倒的に効率がいいのは明白なのです。

それを会社単位で実行にうつして、実績を出しているという点がシビれる憧れるわけです。          

『嫌われる勇気』

 

昨年のベストセラーなので、何をいまさらって感じかもですが。

自己啓発系の始祖、とも呼ばれるアドラー心理学をわかりやすく対話形式で説明しています。

 

人生に遠慮したくない方は、岡本太郎と併せて読んでくれ。    

 

 

 

続いてお待ちかね漫画編ッッッ!!!

 

『りとる・けいおす』涼川りん

いま地上でもっとも面白いギャグ漫画のひとつであると思います。

デフォルメのきいた小学生少女3人(鼻すら描かれない) が繰り広げるカオスな日常を描いた作品なのですが、

とにかくしょうもない。ゲスな下ネタもバッチリ登場しますし、

極め付けはいきなり現れる少女漫画風のリアルな絵柄。

脈絡のなさに狂気を感じつつ、キャラがかわいいのでスラリと読めてしまいます。  

 

本当にオススメで、アニメ化待ったなしかと思いきや、 本日発売の2巻で終了。

何があったんだアクション!  

 

 

 

    …と思ってたら新連載始まったみたいで一安心です。

 

 

 

この才能を埋没させてなるものか。

カルロス袴田は涼川りん先生を応援しています。

 

 

『あいまいみー』ちょぼらうにょぽみ

カルロス袴田はちょぼらうにょぽみ先生も応援しています。

語るべくもない、もはや4コマ漫画の金字塔と化したあいまいみーですが、

買わないとあいまいみー警察が黙っていないので買いましょう。

 

 

『BLEACH』久保帯人

読め。感じろ。

 

 

『孤高の人』坂本眞一

「独りで生きる」という点について、文字通り人生と命を懸けてひたむきに向き合う登山漫画。

登山モノだと思って読むよりも、人間を深く掘り下げるための作品だと考えたほうがよいかもしれん。

序盤こそ青春登山ストーリーみたいなノリで進みますが、

後半からはえげつなさ満点、むしろ青年編から読んでも良いかもしれんってぐらいの名作。

 

ソロで生きることを決意した森文太郎くんの結末はいかに。

超超オススメです。

 

 

『少女ファイト』『G戦場ヘヴンズドア』日本橋ヨヲコ

 

少年少女よ、日本橋ヨヲコに触れよ。

これが漫画だ。

僕に結婚の予定はありませんが、

なんかの運命のイタズラにより子供を授かったとすれば、

日本橋ヨヲコを読ませます。

 

人間の持つ圧倒的情熱を、圧倒的情熱を以て描ける、稀有な作家です。

作品に込められたエネルギーが膨大であり、

高熱の炎が青くなるかのような変貌を遂げている、そんな作品ばかりだ。

何を言っているんだお前はという感じですが、

もう考えるな感じろ!

 

Kindleセールのおかげで、実物で2セット持っている『G戦』をKindleでも買ってしまい、

合計3セットの『G戦』が手元に揃う結果になってしまいました。

 

『G戦』は漫画家のお話なのですが、

漫画という題材のみならず、魅入られてしまったものへの挑戦を決意する方にはオススメです。

 

『G戦』『少女ファイト』ともに、恵まれ過ぎた才を持つがゆえに自らを壊してしまった主人公

が特徴的な作品です。

本当におすすめでございます。読んだら人生変わるぞ!

 

 

まとめ

まだまだ紹介したいものはあれど、

まぁこんなもんかなぁと思いましてとりあえず締めたいと思います。

久々に小説が読みたくなり、舞城王太郎とか買いました。

関連記事

江崎びす子の性別が男と知った時の衝撃

画像はメンヘラチャン公式Tumblrより   メンヘラチャ

記事を読む

「ウィークデイベジタリアン」やってみるか

サイヤ人もとい、野菜人になることは健康によいらしい。    

記事を読む

【自由研究】砂漠から生まれるもの

カルロス袴田(@hakamad)です。普段熱心に環境問題を考えることは、正直そこまでありません。

記事を読む

心に余裕を持つには

心に余裕を持つには、自分がいまどういう心理状態にあるのかを見極めることが必要です。  

記事を読む

【読書メモ】西寺郷太『プリンス論』―こんなん聴くしかないやろ!

(画像はこちらより) 新潮新書『プリンス論』を読み終えました。内容でも触れられている通

記事を読む

たいていの悩みは残念ながら、金で解決できる

By: Pictures of Money[/caption] たとえばあなたの傍らに、10

記事を読む

右上がりの字を書く人の性格

By: Caleb Roenigk[/caption] かつてまだ僕が小学校のころ、教師に言

記事を読む

読切『ゲルシュテンドルゴゴ族』がジャンプルーキーで読めるぞ

出来ました。昨日の夜。新作読み切り15ページでございます。   &nb

記事を読む

仕事のやる気が出ない!やめたい!死にたい!って人々

六月も終わりに近づきまして、仕事のやる気が出ないような人々も大勢いらっしゃるかと思います。 そこで

記事を読む

なぜ打ち切ったアクション! りとる・けいおす2巻の感想

 現代ギャグ漫画の「本物」が打ち切られた。 photo by http://urx2.nu/n7

記事を読む

承認欲求と『嫌われる勇気』。他人の評価が気になるひとへ

世は「大承認欲求時代」ッ!! カルロス袴田(@hakamad)です。

再生数・閲覧数が伸びないときのメンタルの保ち方

カルロス袴田(@hakamad)です。ボカロPをしています。

なにが「面白い」か分からないひとへ。作品への情熱をとりもどす3つの提案

どうも、カルロス袴田(@hakamad)です。 創作してると、面

【自由研究】砂漠から生まれるもの

カルロス袴田(@hakamad)です。普段熱心に環境問題を考えることは

ものごとがつづかない人へ。わたしが毎日四コマを描く理由

カルロス袴田(@hakamad)です。 いつの間にやら、毎日四コ

→もっと見る

PAGE TOP ↑