*

偉大なるあぶら身! 漫画の「無駄ゴマ」を考察する

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 漫画について ,

「無駄ゴマ」に関するかとうひろし先生のツイートが話題に。

右に比べると、たしかに左のコマ割りは読みやすいです。しかし、人によっては「だからこそ右側にも味がある」という意見が出ているようです。

「無駄ゴマ」はあぶら身である

上記のツイートから思い出すのは、漫画家・福島聡が語るコマ割りにおける「あぶら身」でした。リンク先のインタビューでは、無駄ゴマのことを「あぶら身」と呼んでおります。別にいらないけど、あるとオイシイ部分という意味です。

 

福島聡はけっこう、無駄ゴマと呼ばれるコマを入れる傾向にある作家で、それが独特のリズムを生んでいるといえます。

 

そう考えますと、無駄ゴマというのは決して無駄なだけではないように感じますね。効率よく、テンポよく情報を伝える目的では、無駄ゴマを省いたスマートなコマ割りに軍配が上がります。しかし、漫画を読む目的ってそれだけじゃなくて、時間つぶしであったりとか、ただ単純に楽しみたいだけというのもあります。

 

ですので、無駄ゴマは決して無駄じゃないというお話になってくるわけです。

 

無駄は作家性である

ブリーチやバキ、カイジなんかはひたすらにコマがでっかくて、ストーリーの進みが遅いという批判をされることが多くあった作品です。今はそういうサイトをめっきり見なくなりましたのでわかりませんが、根本的には同じようなことを言われているのではないかと思います。

 

コマがデカい漫画が批判される反面、コマが多い漫画もまた、批判の対象となることがあります。ご存知ワンピースです。国民的人気漫画であり、名実ともに日本一の漫画であるといわれるワンピースですら、そういう批判を受けるわけです。

 

受け取り手それぞれの感性のせい、と言ってしまえばそれまでなので言いません。それよりも、重要なのは作家のリズム感を楽しむことじゃないかと最近は思います。

 

ワンピースは、描き込みがジャスティスである作家性だからこそ、一枚の絵だけでなくコマ割りもああなるし、ブリーチ・バキ・カイジはああいう作家性なのです。

 

そこを批判する自由こそあれ、別に作品はそれでいいじゃねーかと、個人的には考えています。作家性を楽しむというのが、プロの漫画を読むことであるとも言えるからです。漫画じゃなくても、映画でも小説でもそうなんじゃないかと思います。

 

村上春樹に緻密なサスペンスのトリックを要求したりすることがチガうように、村上春樹を読むときは村上春樹を体験したいから読むのです。そういうことです。

 

コマ割りに正義などない

高橋葉介なんかは、1ページ2コマが続く短編とかザラに描いています。平野耕太も1ページに長方形のコマが4つとか、割とシンプルなコマ割りが目立ちます(ついでに言うとタチキリが少ないのも美学といえるでしょう)。

 

コマ割りは作家性の出る部分だと思います。かといって、そこに拘りすぎても伝わるものがそこまで多くないので、結局あんまり考えずに直感的に割っていくほうがいいんじゃないかという風に考えております。

 

冒頭に挙げたツイートの例も、1ページという単位で見れば「見やすい」「見やすくない」という基準で語れますでしょうが、これが40ぺージ続く短編なのか、それとも300ページの単行本として続くのかと考えるだけで違ったかたちになると思います。

 

その前後のページでコマがデカいのなら、メリハリの意味で細かいコマ割りをすることはリズム作りに貢献してますし、逆もまた然りです。

 

漫画全体の進行にとって必要ならば、不要なコマ割りを「無駄ゴマ」であると切り捨てることはできないのではないか、と思います。

 

 

時空を超える胸キュンSF、福島聡『星屑ニーナ』は超おすすめです。

関連記事

九井諒子と枠物語の技巧

  『ダンジョン飯』があまりに良すぎて、既刊の短編集をすべて購入して

記事を読む

黒髪ツヤベタの塗り方・練習法 3パターン講座

ツヤベタについていろいろ模索したので、その中から3パターンを講座っぽくまとめてみました。 &n

記事を読む

江崎びす子の性別が男と知った時の衝撃

画像はメンヘラチャン公式Tumblrより   メンヘラチャ

記事を読む

Web漫画家の未来 収入とか収益化とか

すっかりパソコンやスマホで漫画を読む機会が多くなった。   というか、

記事を読む

下ネタに敬礼せよ 漫画『UNCOntrollable』宮場弥二郎

※下ネタです   久々に、剛速球の下ネタ漫画です。僕ももっと頑張ろうという

記事を読む

『習慣の動物』になる生き方

例によって特に意味のない落書きです。   この記事にて引用されている村

記事を読む

BLEACH68巻感想をネタバレしないよう頑張る

そういえば次69巻だから檜佐木が表紙とか、ねーよな。 ねーよ。  

記事を読む

漫画家はもっとセルフブランディングするべき

セルフブランディングって何だよォォォォ!!!! という声も聞こえてきそうなので、説明いたします。別

記事を読む

24時間生きてて「ネタがない」ってことはない

ブログにしても、漫画にしても「ネタがない」なんてよく言われる。書きたいけど、何について書いたらいいか

記事を読む

no image

絵が上達する近道を考える

  絵が上手くなりたい。それにしてもなりたい。とにかく上手く描けるに越したことは

記事を読む

承認欲求と『嫌われる勇気』。他人の評価が気になるひとへ

世は「大承認欲求時代」ッ!! カルロス袴田(@hakamad)です。

再生数・閲覧数が伸びないときのメンタルの保ち方

カルロス袴田(@hakamad)です。ボカロPをしています。

なにが「面白い」か分からないひとへ。作品への情熱をとりもどす3つの提案

どうも、カルロス袴田(@hakamad)です。 創作してると、面

【自由研究】砂漠から生まれるもの

カルロス袴田(@hakamad)です。普段熱心に環境問題を考えることは

ものごとがつづかない人へ。わたしが毎日四コマを描く理由

カルロス袴田(@hakamad)です。 いつの間にやら、毎日四コ

→もっと見る

PAGE TOP ↑