*

話してて面白くない人間と話してて考えたこと

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について

アホみたいなタイトルですが、話してて面白くない人間の人生をたまに、ふっと考えることがあるのです。「あぁ、こいつ一生つまんねーままなのかな」とか。

 

そんな風に、他人の人生に勝手に思いを馳せてしまうほど、最近は元気です。話してて面白くない人間は何のせいでつまんねーのか、考えてみました。

 

消化がうまくいっていない説

なんというか、喋ってて面白くない人間というのは、インプットの仕方と他人といる時間の関係がヤバいのではないかと考えた。

 

最近言葉遣いがどんどん適当になっていて恐縮なのですが、とにかくなんかその辺が途轍もなくヤバいのではないか? と思うのです。

 

どういうことかというと、まずインプットの仕方から。

 

インプットを食事と考えます。たとえばテレビを見たり本を読んだりして、話題をゲットする行為です。

 

で、アウトプットはウンコと考えます。丁寧に言うとうんちですが、食べたものが消化され、自分の身体のアレを通過して出てくるもの。面白い人間は、インプットからアウトプットまでが上手にできているんだと思うのです。

 

面白い人間はニュースかなんかを見て、自分なりの感想とか意見とか批判ができるのですが、話してて面白くない人間は意見もなければ批判もなく、ニュースそのものを話すしか能がないように感じます。

 

それってつまり、消化不良のままウンコが出ている状態ともいえるし、下手したらゲロ吐いてる状態ともいえるわけですね。

 

いずれにしてもきれいな例えからかけ離れていて申し訳マックスなのですが、そういう風に感じます。

 

だからつまんない人間は、もうひたすらにかみ砕いて飲み込んで考える習慣をつける以外、つまんねークソッ垂れというレッテルを引っぺがす方法は存在しないのではないかと思います。

 

一人の時間は消化の時間だ

(画像出典)

 

もうひとつ、つまんねー人間ほど群れます。そして、孤独を恐れます

 

これはナゼじゃ、と考えたんですけども、たぶんつまんねーからなんでしょうね。一人でいる時間がつまんねーから、他人といる時間の割合が増えるのでしょう。

 

中島らもは言いました。『教養とは、一人の時間を楽しめる能力である』と。原文は忘れましたがそんな感じのことを『今夜すべてのバーで』で言っていた。まさしくそういうことなんだと思う。

 

 

一人の時間とはインプットしたものを消化するために必要な時間であるといえるのです。一人でいれば、否が応にも自分と向き合います。そういう時間をきちんと過ごすことで、得た知識が自分のなかでしっくりくる瞬間が訪れますし、そういう積み重ねで人間は面白くなっていくのだと思います。

 

話していてつまんねー人間は、そういう部分が欠けている。つまり考えナシなのだ。必要以上に考えなし。

 

工夫していきたいものですね。何事も。

関連記事

飲み会を飲み会以外の目的に使う奴は家に帰って寝ろ。

忘年会シーズンですね。みなさんの飲み会は楽しいでしょうか。   僕は半

記事を読む

社会人なんて所詮『ごっこ遊び』なんだから、仕事で死ぬのはよせ。

仕事がイヤで死にたい、なんて人はけっこういることでしょう。じっさいに、若者の自殺率は上がって

記事を読む

本気を出すとか出さないとか、どうでもいいからやるしかない。

去る2015年。個人的にはいろいろと勉強になった年でございました。   ジ

記事を読む

落ち込んだ時に『効く』音楽と歌詞6つ

時には落ち込むこともある。誰だってそうなのかもしれない。大抵の場合、腹が減ってるか眠いか。そのどちら

記事を読む

no image

7か月ぶりにアルコールを飲んで考えたこと

毎月のように禁酒についてクダ巻いていた僕ですが、ついに禁酒に終止符を打ちました。  

記事を読む

嫌いな人との接し方が変わるただ1つの方法

By: Clemens v. Vogelsang[/caption] 人間、どーしても「コイ

記事を読む

no image

「やってみたい」を今すぐやめろ

やれ。とにかく今すぐやれ。 何を差し置いてでもやるんだよ。 やりたいならやるんだ。

記事を読む

ビールは昼に飲んだ方がいい。健康のためにも

酒は夜に飲むもの、と誰が決めたのであろうか。   ビールなんてピスだ、(略

記事を読む

社会人は趣味の時間がない←これマジ?

社会人になると、仕事に忙殺されて趣味の時間がなくなる。   ってマジな

記事を読む

中川淳一郎氏の語る「他人」論が素晴らしい

他人に期待する人生って虚しいぜ。そりゃ、そいつがお前の期待通りに動かないこともあるだろう。当たり

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑