*

「仕事は辛いもの」とかいう昭和の価値観www

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について ,

いい加減目ぇ覚まそうぜ。

仕事が辛い、という言い分は分かる

世の中、仕事=社会人フェイズになると、途端に生きづらくなるのというのは分かる。いきなり難易度が上がる。学生という天国ゾーンからの直行を体験した人々にとって、社会人というのはいきなり何だかツラい。というか、人当たりが厳しい。なんだあれ。

 

 

だからこそ、主観的な「仕事が辛い」という言い分には、僕は全面的に同意だ。辛い仕事は世の中にたくさんあるし、仕事が辛いと言っている人間の気持ちもたっぷりと理解できる。辛いなら辞めていい。

 

 

だがな。

 

 

「仕事は辛いもの」という諦めを伝染させる昭和原人たち

はい、こいつら。仕事が辛いものである、という認識をもってして「私は達観してますよ~(ピーヒョロ)」っつって余裕ぶっこいてる連中。こいつらが諸悪の根源です。僕は連中のことを「昭和原人」と呼んでいる。基本的に、今の社会というか、会社組織を生きづらくした根本の思想は、こいつらによって形作られていると睨んでおるのじゃよ。

 

 

別に他人のせいにはしたくないんだが、会社という組織には歴史があって、過去があるということはそれ相応の数の人間が渦巻いている。そうなると、多数派の原理によって意見というものはどうしても偏るのだ。そうなってしまったものを個人がどうこうするのは至難の業で、ましてやオマンマ食うだけのために働いてるような人間からすれば、「俺がこの会社を変えてやる!」なんてコロコロコミックみたいな熱い気持ちは抱くことが不可能なのだ。

 

 

というわけで、昭和原人の洗脳から逃れるためには、「個」を持たなくてはならない。反発するのだ。心で舌を出せ。リアルで出せたらもっと楽しいよ。

 

 

仕事は別に「辛いもの」じゃないと思うよ

本来仕事というのは、「世の中を良くしていくもの」だと思う。ただ、現代においてその意識が希薄になった結果、得られる対価としてわかりやすさを突き詰めるために「人はお金のために働く」ようになってしまった。ただそんだけだと思う。ほんとーはそうじゃないと僕は思うよ。

 

 

飯屋の店員だって、ほんとうはお客さんと楽しくコミュニケーションしながら食事をサービスできたら一番楽しい。そう感じれる人間がやるべき。でも現実は、苦虫をガムみたいに噛んでるような顔で、今にも死にたいです、みたいな顔で働いているバイトばっかりじゃないか。コンビニだって、サービス業の大半がそんな印象だ。だからこそ、ファミマ店員の加藤さんみたいな存在が輝く。

 

 

彼を見るたびに、「恐れを抱いていない人間は強いなぁ」と感じるのだ。

 

 

昭和原人に屈するな

僕の言いたいことはひとつだ。「上司に嫌われたって死なない」。だからもっと、やりたいことをやり、言いたいことを言う方がよい。上司に嫌われたって、しょせん勤め先をクビになる程度だ。

 

 

「いや、それがイヤなんすよ」という声も聞こえてきそうだが、本当にそうか?

 

 

今勤めているところにしがみつく意味ってあるのか? こんなページ見ているってことは、仕事辞めたいんじゃないんだろうか。

 

 

屈してはならない。楽に生きて行こう。

 

心が軽くなる本です。

関連記事

「ネットビジネス」から考える仕事という邪教

By: John Ward[/caption] 「ネットビジネス」という言葉が あんまり好

記事を読む

安眠のコツ。夜食をやめると目覚めがいい

安眠のためにアレコレと策を練っている僕ですが、最近夜食をやめました。すると、以前に比べて目覚めがよく

記事を読む

「引き寄せの法則」なのか、俺の努力の結果なのか。

By: liz west[/caption] 引き寄せの法則というのがある。すげー簡単に言え

記事を読む

no image

手取り13万25歳の生き方

最近、自分は恵まれてる方なんだろーなーという風に感じる。何をいきなり、って思うかもしれませんが。

記事を読む

否定から入る話し方、その対策

コミュニケーション攻略記事です。今回は、「否定から入る話し方」の攻略について。対策を考えまし

記事を読む

「会社員は何やかんやで楽」だと思う3つの理由

世の中、猫も杓子も会社員だ。独立して仕事をはじめます、なんて言い出すもんなら即座に変態扱いだ

記事を読む

飲み会を飲み会以外の目的に使う奴は家に帰って寝ろ。

忘年会シーズンですね。みなさんの飲み会は楽しいでしょうか。   僕は半

記事を読む

カップヌードルのような人間関係

カップ麺が基本的に好きじゃない。 そもそもそんなに美味しいと思わないのだ。好きな方には

記事を読む

no image

希望の手触りを感じろ

坂爪圭吾氏の、『希望が与える力について』の話を読んでからというものの、「希望」というもののパワーにつ

記事を読む

no image

オープンでいると何かが引き寄せられる

最近、いろいろ面白い人々とつながる機会が増えたなぁと感じている。ネットで憧れていた人だったり、漫画を

記事を読む

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

コードを分析してSHISHAMOの魅力を伝えんとする記事

SHISHAMOというバンドがすげーな、と思うので楽曲をすこし分析しま

【曲解説】スーパーマーケット☆フィーバー

カルロス袴田です。新曲の曲解説を書いていこうと思います。

→もっと見る

PAGE TOP ↑