*

「仕事は辛いもの」とかいう昭和の価値観www

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について ,

いい加減目ぇ覚まそうぜ。

仕事が辛い、という言い分は分かる

世の中、仕事=社会人フェイズになると、途端に生きづらくなるのというのは分かる。いきなり難易度が上がる。学生という天国ゾーンからの直行を体験した人々にとって、社会人というのはいきなり何だかツラい。というか、人当たりが厳しい。なんだあれ。

 

 

だからこそ、主観的な「仕事が辛い」という言い分には、僕は全面的に同意だ。辛い仕事は世の中にたくさんあるし、仕事が辛いと言っている人間の気持ちもたっぷりと理解できる。辛いなら辞めていい。

 

 

だがな。

 

 

「仕事は辛いもの」という諦めを伝染させる昭和原人たち

はい、こいつら。仕事が辛いものである、という認識をもってして「私は達観してますよ~(ピーヒョロ)」っつって余裕ぶっこいてる連中。こいつらが諸悪の根源です。僕は連中のことを「昭和原人」と呼んでいる。基本的に、今の社会というか、会社組織を生きづらくした根本の思想は、こいつらによって形作られていると睨んでおるのじゃよ。

 

 

別に他人のせいにはしたくないんだが、会社という組織には歴史があって、過去があるということはそれ相応の数の人間が渦巻いている。そうなると、多数派の原理によって意見というものはどうしても偏るのだ。そうなってしまったものを個人がどうこうするのは至難の業で、ましてやオマンマ食うだけのために働いてるような人間からすれば、「俺がこの会社を変えてやる!」なんてコロコロコミックみたいな熱い気持ちは抱くことが不可能なのだ。

 

 

というわけで、昭和原人の洗脳から逃れるためには、「個」を持たなくてはならない。反発するのだ。心で舌を出せ。リアルで出せたらもっと楽しいよ。

 

 

仕事は別に「辛いもの」じゃないと思うよ

本来仕事というのは、「世の中を良くしていくもの」だと思う。ただ、現代においてその意識が希薄になった結果、得られる対価としてわかりやすさを突き詰めるために「人はお金のために働く」ようになってしまった。ただそんだけだと思う。ほんとーはそうじゃないと僕は思うよ。

 

 

飯屋の店員だって、ほんとうはお客さんと楽しくコミュニケーションしながら食事をサービスできたら一番楽しい。そう感じれる人間がやるべき。でも現実は、苦虫をガムみたいに噛んでるような顔で、今にも死にたいです、みたいな顔で働いているバイトばっかりじゃないか。コンビニだって、サービス業の大半がそんな印象だ。だからこそ、ファミマ店員の加藤さんみたいな存在が輝く。

 

 

彼を見るたびに、「恐れを抱いていない人間は強いなぁ」と感じるのだ。

 

 

昭和原人に屈するな

僕の言いたいことはひとつだ。「上司に嫌われたって死なない」。だからもっと、やりたいことをやり、言いたいことを言う方がよい。上司に嫌われたって、しょせん勤め先をクビになる程度だ。

 

 

「いや、それがイヤなんすよ」という声も聞こえてきそうだが、本当にそうか?

 

 

今勤めているところにしがみつく意味ってあるのか? こんなページ見ているってことは、仕事辞めたいんじゃないんだろうか。

 

 

屈してはならない。楽に生きて行こう。

 

心が軽くなる本です。

関連記事

24時間生きてて「ネタがない」ってことはない

ブログにしても、漫画にしても「ネタがない」なんてよく言われる。書きたいけど、何について書いたらいいか

記事を読む

酒やめて4か月弱経過した感想

タイトルどーり、酒・アルコホールの類を飲むのをやめた。2015年3月11日から飲んでいない。

記事を読む

no image

感情が落ち込む原因は3つしかない

感情がうごく原因は、わりとシンプルなもんだと思う。でも、多くの場合その原因に目を向けないことによって

記事を読む

タダだからこそ、有益であれ。ブログコンテンツの質を憂う

いや~風邪ひいてましたわ~みたいな出だしの文章は、誰も喜ばないんです。  

記事を読む

「男が結婚したくない理由」を結婚する気のない男が赤裸々に話そう

By: Katsu Nojiri[/caption] 結婚したくない男の考え方 アラサー男子が

記事を読む

漫画で金を得る方法~web漫画の収益化~

最近新しい肩書として、「インターネット漫画マン」というものを考えました。Twitterのプロフにしま

記事を読む

二度寝デメリットと防止策を考える

眠い。そりゃもう年中眠い。 何時だろうと朝は眠い とBOSSも言っていた。 【ニコ

記事を読む

瞑想とストレス 意図的にぼーっとしてみましょう

By: Ian Burt[/caption] さいきん、瞑想をしている。 とか言うとと

記事を読む

no image

7か月ぶりにアルコールを飲んで考えたこと

毎月のように禁酒についてクダ巻いていた僕ですが、ついに禁酒に終止符を打ちました。  

記事を読む

no image

雑な性格を直す必要はあるのか?

日々、なにかといえば大雑把にものごとを考えている。   雑な性格というものわり

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑