*

オープンでいると何かが引き寄せられる

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について

最近、いろいろ面白い人々とつながる機会が増えたなぁと感じている。ネットで憧れていた人だったり、漫画を描く人間同士だったり、僕のつくる曲を好きだと言ってくれる人であったり。非常に嬉しい。

 

ここ1年くらいの自分は、「強くなるために不要な人間関係を捨て去り、孤独になる必要がある」と断じて生きてきた。

参考:不要な人間関係を切り捨てる方法

 

確かに、不要な人間関係は、意図的に切り捨ててきた。ほとんど連絡をとらなくなった知人も増えたし、携帯がぶっ壊れて電話帳から消えた人間も数知れない。

 

そして、そのようにおざなりに生きていても、数少ない親しい人間とはより深く関係するようになった。電話帳が吹き飛んでも、しぶとくツイッターで連絡をとってきてくれた奴もいた。いわゆるペラい人間関係から解放された状態だったといえるのではないでしょうか。そんな現状を喜んでいた自分もいた。

 

でも、逆にいえばそれは「これ以上の人間関係なんぞいらねーわ」という気持ちも生んでいたといえます。十分すぎるのです。

 

だが、ここひと月ほどで何かが起きている。

姐さん、事件です。

 

なんでかしらないが、ブログを毎日書きなぐり、漫画を毎日描きなぐり、時としてギターをかき鳴らして喉を枯らして好き放題にやっている間に、ちょいちょいと僕に興味をもってくれる人とコミュニケーションをとる機会に恵まれている。

 

毎日「やらいでか!」という気持ちで、作品と呼べるかどうか定かではないものを作る。とりあえず、それのために飯を食って寝て、炊事洗濯のために仕事に従事している。それでもこんな風に、自分にとって面白い出会いがあるもんなんだなーと、愉快に思っている。

 

作品を作るというのは、自分の内側にあるなんだかドロドロした気持ちの悪いものを見せることに近い。それをある程度見れるものにするために技術というものが必要なわけですが、僕の作品には大した技巧など使われていないし、使えるテクニックもない。

 

それでも、最近はより「これが俺じゃ、文句あっか」という姿勢でものを作るように心がけている。

 

そんな姿勢で生きているからなのか知らんが、誰かに興味をもってもらえる機会が増えたのかもしれない。自分をオープンにして、「さぁ来いやこの野郎」みたいな気持ちで作品をアップし続ける。自分をさらけ出す。ネットのどっかで批判を浴びることもあるかもしれんが、それでも出す。傷だらけでさらけ出していくのである。

 

もしかすると、そのような無様な姿こそ誰かの心に届くのかもしれないと、最近思った。

関連記事

いまKindleちょっと安いよという話

涼川りん先生公式ブログより   電子書籍を圧倒的に支持するオッサンと化

記事を読む

全身を「好きなもの」で満たすと、外に噴出する。

By: Derek Gavey[/caption] ものごとを上達させるために、効率のよい練

記事を読む

早起きを実現するたった2つのコツと、朝型生活のメリット・デメリット

By: Sergio Vassio Photography[/caption]  

記事を読む

落ち込んだ時に『効く』音楽と歌詞6つ

時には落ち込むこともある。誰だってそうなのかもしれない。大抵の場合、腹が減ってるか眠いか。そのどちら

記事を読む

no image

「真面目である」不幸が魂を腐らせる

前々から言っているが、真面目である必要が一切ない。真剣であることは素晴らしいと思いますが、真面目であ

記事を読む

no image

最短距離と回り道

効率のよい人と、そうでない人がいる。自分はなんやかんや、効率が悪い人間なのだと思う。 &nbs

記事を読む

オタクのノリについて感じること

出典http://qq5qq.info/lJES スクールカーストの影響というのは、計

記事を読む

no image

雑な性格を直す必要はあるのか?

日々、なにかといえば大雑把にものごとを考えている。   雑な性格というものわり

記事を読む

作品と同じくらい作者がコンテンツになる

ウイッス。   漫画描いてる人です。 リバーサイドティーンズ

記事を読む

『時間がない』?サラリーマンしながらやりたいコトの時間をつくる3つのコツ

時間は寿命だぜ、オーイェー!   サラリーマンのみなさま、毎日寿命を売り払って

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑