*

オープンでいると何かが引き寄せられる

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について

最近、いろいろ面白い人々とつながる機会が増えたなぁと感じている。ネットで憧れていた人だったり、漫画を描く人間同士だったり、僕のつくる曲を好きだと言ってくれる人であったり。非常に嬉しい。

 

ここ1年くらいの自分は、「強くなるために不要な人間関係を捨て去り、孤独になる必要がある」と断じて生きてきた。

参考:不要な人間関係を切り捨てる方法

 

確かに、不要な人間関係は、意図的に切り捨ててきた。ほとんど連絡をとらなくなった知人も増えたし、携帯がぶっ壊れて電話帳から消えた人間も数知れない。

 

そして、そのようにおざなりに生きていても、数少ない親しい人間とはより深く関係するようになった。電話帳が吹き飛んでも、しぶとくツイッターで連絡をとってきてくれた奴もいた。いわゆるペラい人間関係から解放された状態だったといえるのではないでしょうか。そんな現状を喜んでいた自分もいた。

 

でも、逆にいえばそれは「これ以上の人間関係なんぞいらねーわ」という気持ちも生んでいたといえます。十分すぎるのです。

 

だが、ここひと月ほどで何かが起きている。

姐さん、事件です。

 

なんでかしらないが、ブログを毎日書きなぐり、漫画を毎日描きなぐり、時としてギターをかき鳴らして喉を枯らして好き放題にやっている間に、ちょいちょいと僕に興味をもってくれる人とコミュニケーションをとる機会に恵まれている。

 

毎日「やらいでか!」という気持ちで、作品と呼べるかどうか定かではないものを作る。とりあえず、それのために飯を食って寝て、炊事洗濯のために仕事に従事している。それでもこんな風に、自分にとって面白い出会いがあるもんなんだなーと、愉快に思っている。

 

作品を作るというのは、自分の内側にあるなんだかドロドロした気持ちの悪いものを見せることに近い。それをある程度見れるものにするために技術というものが必要なわけですが、僕の作品には大した技巧など使われていないし、使えるテクニックもない。

 

それでも、最近はより「これが俺じゃ、文句あっか」という姿勢でものを作るように心がけている。

 

そんな姿勢で生きているからなのか知らんが、誰かに興味をもってもらえる機会が増えたのかもしれない。自分をオープンにして、「さぁ来いやこの野郎」みたいな気持ちで作品をアップし続ける。自分をさらけ出す。ネットのどっかで批判を浴びることもあるかもしれんが、それでも出す。傷だらけでさらけ出していくのである。

 

もしかすると、そのような無様な姿こそ誰かの心に届くのかもしれないと、最近思った。

関連記事

嫌いな人との接し方が変わるただ1つの方法

By: Clemens v. Vogelsang[/caption] 人間、どーしても「コイ

記事を読む

作業用BGMのススメ 原稿・イラスト作業のBGMを決めるぜ

(画像はこちらよりよりよりより) ボッピロマプリレッテュラ(ご無沙汰してます)、カルロ

記事を読む

no image

結局やり続けた奴が勝つ

天才と呼ばれる人々が数多くいる一方で、僕のような凡人もそれ以上に存在している。  

記事を読む

24時間生きてて「ネタがない」ってことはない

ブログにしても、漫画にしても「ネタがない」なんてよく言われる。書きたいけど、何について書いたらいいか

記事を読む

瞑想とストレス 意図的にぼーっとしてみましょう

By: Ian Burt[/caption] さいきん、瞑想をしている。 とか言うとと

記事を読む

肩書の話

俺は何て名乗りたいのだろう。 By: Kalyan Chakravarthy[/ca

記事を読む

仕事が寿命の安売りに思える時

By: Sean MacEntee[/caption] サラリーマンのお話です。 &n

記事を読む

落ち込んだ時に『効く』音楽と歌詞6つ

時には落ち込むこともある。誰だってそうなのかもしれない。大抵の場合、腹が減ってるか眠いか。そのどちら

記事を読む

no image

最短距離と回り道

効率のよい人と、そうでない人がいる。自分はなんやかんや、効率が悪い人間なのだと思う。 &nbs

記事を読む

睡眠時間の最適化・早起きの効果とメリット

By: s0ulsurfing[/caption] 最近、朝型おじさんになりました。 カル

記事を読む

「再利用されたコンテンツ」でYouTube収益化停止されたボカロPが復活までにやった対策

2018年末くらいから頻発しているらしい、「再利用されたコンテンツ」と

no image
保護中: 【FANBOX限定未公開曲】『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』

『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』という曲です。

同年代や若いひとの成功が気になって嫉妬しちゃうゼってひとへ ~だいじょぶだ、あんたにゃ才能があるの巻~

デァァーーーーッどうもカルロス袴田です。(@hakamad)←ツイッタ

誰がために働く〜なぜ人間は働くのか、仕事が何のためかわからない人へ〜

  カルロス袴田です。なんのために働くんでしょ

学校や職場で居場所がなくても気にしない方がいいよという話

どうも袴田ちゃんです。ひっそりと社会から浮くタイプです。いつも

→もっと見る

PAGE TOP ↑