*

「機嫌が悪い」はクソ

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について

最近は忙しかった。忙しいという理由で物事に手をつけないヤカラのことが、僕はあまり好きではないのだが、自分のことなので多少は多目に見るところもある。

というかやはり、些事に悩まされる生活はあまり良いもんではない。もっと純粋な生活をエンジョイしたいもんだと思う。

前々から考えていることのひとつが、「機嫌が悪い」人間のことだ。

僕は、機嫌が悪いことを理由に他人に当たる人間のことをどうかと思っている。
機嫌が悪いことを理由に他人に迷惑をかけて許されるのは、赤子だけだ。

別に感情を殺せと言っているわけではない。人間だし、色々思うところがあって機嫌が悪くなるのはある程度仕方ない。

でも、せめてハタチ過ぎて「機嫌が悪い」ことを他人に悟られるというのはやめてほしいとも思う。それって物凄く、幼い。

機嫌が悪くなるような要因がある環境に身を置いているのは自分であるし、もっといえばその要因だって、機嫌を悪くするものとして捉えているのは自分でしかない。物事は捉え方次第だと思う。気にくわないと思うことでも、少し角度を変えて見てみるだけで許せてしまうのが、大人ってやつじゃあないのか。そういう人に自分はなりたいし、現に近づきつつある。

しかし悲しいかな、機嫌に囚われて貧乏くじみたいな生き方をしている人間って、思ったよりいるなぁと感じるのだ。いっぺん機嫌というシステムを見直してみてほしい。大したもんでは決してない。

他人を変えることはとても難しいように思えるけど、自分を変えるのは案外簡単である。自分から、「機嫌」とかいうしょうもないシステムを取っ払ってみると、いかに他人が下らないことで一喜一憂しているかが分かって、面白い。他人が青筋立てて怒っているのを、ヘラヘラ笑いながら見れるようになると、なんだか人生もとたんに豊かになると思う。

他人の感情に流されると、結局あんまり楽しくないのだ。だったら、「機嫌の悪い」他人は横目でスルーして、晩飯のことでも考えるのが有意義というものだと僕は思う。

関連記事

no image

お金がないと生きていけないんだろうか?

我々はなぜお金がないと生きていけないと考えるのだろうか。 たしかにお金は大事である。 お

記事を読む

オタクのノリについて感じること

出典http://qq5qq.info/lJES スクールカーストの影響というのは、計

記事を読む

「会社員は何やかんやで楽」だと思う3つの理由

世の中、猫も杓子も会社員だ。独立して仕事をはじめます、なんて言い出すもんなら即座に変態扱いだ

記事を読む

タダだからこそ、有益であれ。ブログコンテンツの質を憂う

いや~風邪ひいてましたわ~みたいな出だしの文章は、誰も喜ばないんです。  

記事を読む

面倒くさいことが嫌いか?それはチャンスなのかもよ

最近思うのは、「面倒くさいこと」はチャンスである可能性が高いということである。 &nb

記事を読む

二度寝デメリットと防止策を考える

眠い。そりゃもう年中眠い。 何時だろうと朝は眠い とBOSSも言っていた。 【ニコ

記事を読む

再生数・閲覧数が伸びないときのメンタルの保ち方

カルロス袴田(@hakamad)です。ボカロPをしています。   「数

記事を読む

「男が結婚したくない理由」を結婚する気のない男が赤裸々に話そう

By: Katsu Nojiri[/caption] 結婚したくない男の考え方 アラサー男子が

記事を読む

自分のことをいちばんわかっているのは自分です。間違いないです。

最近感銘を受けたツイートがこちらです。 大体「あなたのことを思って言うが…」とか言

記事を読む

睡眠時間の最適化・早起きの効果とメリット

By: s0ulsurfing[/caption] 最近、朝型おじさんになりました。 カル

記事を読む

no image
保護中: 【FANBOX限定未公開曲】『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』

『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』という曲です。

同年代や若いひとの成功が気になって嫉妬しちゃうゼってひとへ ~だいじょぶだ、あんたにゃ才能があるの巻~

デァァーーーーッどうもカルロス袴田です。(@hakamad)←ツイッタ

誰がために働く〜なぜ人間は働くのか、仕事が何のためかわからない人へ〜

  カルロス袴田です。なんのために働くんでしょ

学校や職場で居場所がなくても気にしない方がいいよという話

どうも袴田ちゃんです。ひっそりと社会から浮くタイプです。いつも

アイデアの回転を上げてネタ切れを超えろ!!!~アイデアの出し方・作り方~

カルロス袴田です。ボカロPをやりつつ四コマを描きつつブログを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑