*

結局やり続けた奴が勝つ

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について

天才と呼ばれる人々が数多くいる一方で、僕のような凡人もそれ以上に存在している。

 

最近は、天才と呼ばれる人間も凡人も、根本的には変わらない人間なんだろうなーという想像を膨らませて遊んでおります。「なにをそんなおこがましいことを」と思われるかもしれませんが、だって人間であることは変わりないわけです。

 

そこまで差はない

たとえば、黒人のような身体能力を後天的に獲得するのは難しいと思う。スポーツの世界だと、ほんの少しの差が勝敗を分けるので、やはりそういうちょっとだけの差でも詰めていける先天的なアドバンテージは重要になってくる。

 

でも、そんなフィジカルの差に関しても、「ほんの少しの差」だと思うのだ。人種の差なんて、ある競技というカテゴリーにまでものごとを拡大して見ないと、ちっぽけな差でしかないともいえる。だって、マクロな視点で見れば同じ人間なのだ。ただ、厳しい判断基準で見ると、アドバンテージがあるよ、というだけで。

 

他の分野についても、生まれながらのアドバンテージによる差というのは、あんまり気にしないでいいのではないかと最近思う。黒人だって足が遅い人はいる。よく考えなくてもわかることだ。

 

やり続ける

夢を追い求めたが挫折を経験して、普通に働いているという人が世の中にはたくさんいることだろう。でも、果たしてその夢というのは本当にかなわない夢なんだろうかとも、最近思う。

 

そもそも「夢」という言葉がなんだかお花畑な表現に感じて、僕は使いたくならない。「将来の夢」とか抜かしていいのは中学生ぐらいまでで、ある程度分別のつく年齢になったら「夢」から「目標」にチェンジしていいと思う。

 

言葉の問題なんてどうでもいい、というかもしれませんが、言葉にすらできないものが実現できるはずないと僕は思うので、言葉の選び方は自分で納得いくようにしている。だから、夢という言葉はほんとーに、「かなったらいいな~」ぐらいのことにしか使わない。「ハワイに住みたい」とか。

 

目的を実現させるためには、まずそういう姿勢からだ。生きていく姿勢をビシっとただすように、まわりから笑われても自分のやりたいことをやり続ける度胸と覚悟だ。やり続ける。

 

さっき書いた「夢破れたひと」は、結果的にいえば「やり続けなかった人」でもある。そして、目標を達成させた人間は「やり続けた人」なのです。この差はデカい。

 

はじめの一歩じゃありませんけど、やり続けないで成功する人なんていないと思う。成功した人間はすべからくやり続けている。

 

逆にいえば、結果が出ない人は「やり続けていない」か、やり方に問題がある真っ最中なのだと思う。もし作業を続けながらも結果が出ないことに悩んでいるのであれば、それは時間が解決してくれる問題でしょう。なんぼか真面目に取り組めば、数撃ちゃ当たる。

 

ただ、「やり続けていない」人間はそもそも結果が出ないので、マズいわけです。とりあえずやるしかない。そこを乗り越えるのがけっこう大変なのですが、良くも悪くも結果が出ると経験値になると考えて、やるしかない。

 

とりあえず、ちょっとずつやればいいと思う。やり続ければ一度にこなせる量なんてだんだん増えていくだろうし、他人に笑われても気にしない方がいいです。他人よりも、自分の方が自分をいちばん理解している。

関連記事

時間がないのか、捨てているのか――時間の使い方・作り方

以前魂を腐らせる習慣について書きました。   僕は日中、仕事をしてその

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく稀にあって、そういう数字はふだ

記事を読む

全身を「好きなもの」で満たすと、外に噴出する。

By: Derek Gavey[/caption] ものごとを上達させるために、効率のよい練

記事を読む

いまKindleちょっと安いよという話

涼川りん先生公式ブログより   電子書籍を圧倒的に支持するオッサンと化

記事を読む

落ち込んだ時に『効く』音楽と歌詞6つ

時には落ち込むこともある。誰だってそうなのかもしれない。大抵の場合、腹が減ってるか眠いか。そのどちら

記事を読む

タダだからこそ、有益であれ。ブログコンテンツの質を憂う

いや~風邪ひいてましたわ~みたいな出だしの文章は、誰も喜ばないんです。  

記事を読む

『習慣の動物』になる生き方

例によって特に意味のない落書きです。   この記事にて引用されている村

記事を読む

『時間がない』?サラリーマンしながらやりたいコトの時間をつくる3つのコツ

時間は寿命だぜ、オーイェー!   サラリーマンのみなさま、毎日寿命を売り払って

記事を読む

「年上が年下に使う敬語」は不信感の表れですよ?

社会に出て数年経ちます。そんな生活のなか、年下の後輩にも敬語を使って話すことが多々ありました

記事を読む

no image

「真面目である」不幸が魂を腐らせる

前々から言っているが、真面目である必要が一切ない。真剣であることは素晴らしいと思いますが、真面目であ

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑