*

結局やり続けた奴が勝つ

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について

天才と呼ばれる人々が数多くいる一方で、僕のような凡人もそれ以上に存在している。

 

最近は、天才と呼ばれる人間も凡人も、根本的には変わらない人間なんだろうなーという想像を膨らませて遊んでおります。「なにをそんなおこがましいことを」と思われるかもしれませんが、だって人間であることは変わりないわけです。

 

そこまで差はない

たとえば、黒人のような身体能力を後天的に獲得するのは難しいと思う。スポーツの世界だと、ほんの少しの差が勝敗を分けるので、やはりそういうちょっとだけの差でも詰めていける先天的なアドバンテージは重要になってくる。

 

でも、そんなフィジカルの差に関しても、「ほんの少しの差」だと思うのだ。人種の差なんて、ある競技というカテゴリーにまでものごとを拡大して見ないと、ちっぽけな差でしかないともいえる。だって、マクロな視点で見れば同じ人間なのだ。ただ、厳しい判断基準で見ると、アドバンテージがあるよ、というだけで。

 

他の分野についても、生まれながらのアドバンテージによる差というのは、あんまり気にしないでいいのではないかと最近思う。黒人だって足が遅い人はいる。よく考えなくてもわかることだ。

 

やり続ける

夢を追い求めたが挫折を経験して、普通に働いているという人が世の中にはたくさんいることだろう。でも、果たしてその夢というのは本当にかなわない夢なんだろうかとも、最近思う。

 

そもそも「夢」という言葉がなんだかお花畑な表現に感じて、僕は使いたくならない。「将来の夢」とか抜かしていいのは中学生ぐらいまでで、ある程度分別のつく年齢になったら「夢」から「目標」にチェンジしていいと思う。

 

言葉の問題なんてどうでもいい、というかもしれませんが、言葉にすらできないものが実現できるはずないと僕は思うので、言葉の選び方は自分で納得いくようにしている。だから、夢という言葉はほんとーに、「かなったらいいな~」ぐらいのことにしか使わない。「ハワイに住みたい」とか。

 

目的を実現させるためには、まずそういう姿勢からだ。生きていく姿勢をビシっとただすように、まわりから笑われても自分のやりたいことをやり続ける度胸と覚悟だ。やり続ける。

 

さっき書いた「夢破れたひと」は、結果的にいえば「やり続けなかった人」でもある。そして、目標を達成させた人間は「やり続けた人」なのです。この差はデカい。

 

はじめの一歩じゃありませんけど、やり続けないで成功する人なんていないと思う。成功した人間はすべからくやり続けている。

 

逆にいえば、結果が出ない人は「やり続けていない」か、やり方に問題がある真っ最中なのだと思う。もし作業を続けながらも結果が出ないことに悩んでいるのであれば、それは時間が解決してくれる問題でしょう。なんぼか真面目に取り組めば、数撃ちゃ当たる。

 

ただ、「やり続けていない」人間はそもそも結果が出ないので、マズいわけです。とりあえずやるしかない。そこを乗り越えるのがけっこう大変なのですが、良くも悪くも結果が出ると経験値になると考えて、やるしかない。

 

とりあえず、ちょっとずつやればいいと思う。やり続ければ一度にこなせる量なんてだんだん増えていくだろうし、他人に笑われても気にしない方がいいです。他人よりも、自分の方が自分をいちばん理解している。

関連記事

早起きすると頭の回転が速くなるので5時に起きてスタンド使いになろう

カルロス袴田です。早起きが趣味です。 起きれない日もあるんですが、起きれた日の楽しさが

記事を読む

no image

お金がないと生きていけないんだろうか?

我々はなぜお金がないと生きていけないと考えるのだろうか。 たしかにお金は大事である。 お

記事を読む

no image

続けることが才能という奴なのではないか

ワタミの社長はぜんぜん好きじゃないのですが、彼のいうことには一理あると最近思えてきた。ネットでもネタ

記事を読む

社会人は趣味の時間がない←これマジ?

社会人になると、仕事に忙殺されて趣味の時間がなくなる。   ってマジな

記事を読む

数をこなすと成長しやすい3つの理由

ギガジン先輩によれば、質よりも量をこなした方が上達が早かったという実験結果が出ているようです

記事を読む

「年上が年下に使う敬語」があまり好きではないんだ。

社会に出て数年経ちます。そんな生活のなか、年下の後輩にも敬語を使って話すことが多々ありました

記事を読む

「仕事は辛いもの」とかいう昭和の価値観www

いい加減目ぇ覚まそうぜ。 By: Daniel Voyager[/caption] 仕事が辛い

記事を読む

再生数・閲覧数が伸びないときのメンタルの保ち方

カルロス袴田(@hakamad)です。ボカロPをしています。   「数

記事を読む

酒やめて4か月弱経過した感想

タイトルどーり、酒・アルコホールの類を飲むのをやめた。2015年3月11日から飲んでいない。

記事を読む

作業用BGMのススメ 原稿・イラスト作業のBGMを決めるぜ

(画像はこちらよりよりよりより) ボッピロマプリレッテュラ(ご無沙汰してます)、カルロ

記事を読む

no image
読んだ本:最後にして最初のアイドル

えらいよかったです。SF。ジャンル名に詳しくはない

「再利用されたコンテンツ」でYouTube収益化停止されたボカロPが復活までにやった対策

2018年末くらいから頻発しているらしい、「再利用されたコンテンツ」と

no image
保護中: 【FANBOX限定未公開曲】『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』

『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』という曲です。

同年代や若いひとの成功が気になって嫉妬しちゃうゼってひとへ ~だいじょぶだ、あんたにゃ才能があるの巻~

デァァーーーーッどうもカルロス袴田です。(@hakamad)←ツイッタ

誰がために働く〜なぜ人間は働くのか、仕事が何のためかわからない人へ〜

  カルロス袴田です。なんのために働くんでしょ

→もっと見る

PAGE TOP ↑