*

カップヌードルのような人間関係

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について, 食い物について ,

カップ麺が基本的に好きじゃない。

そもそもそんなに美味しいと思わないのだ。好きな方には申し訳ない。

食べるとしても、安いものは食べたくない。ラーメン店コラボ系の商品なんかを選ぶ。

だが、美味しくない。本物のラーメンの方が美味いからだ。

 

でもカップヌードルは美味い。すげぇ美味い。

あれは何なんだろう。

 

カップヌードルが美味い理由

カップラーメンという通称こそあれど、カップヌードルはラーメンを名乗らない。

ラーメンと名乗っていないわけで、当然ラーメンとはかけ離れる。

極細のちぢれ麺に、なんともいえないあのスープと、見るからに身体に悪そうな具。

もうとんでもなくうまい。

 

カップ麺を食べる時、僕らは「ラーメン」を期待してしまう。

これはきっと、無意識にどこかで期待しているのだろう。

どんなに意識せずとも、おそらく心の奥底でふつふつと期待の感情が湧いているのだ。

その気持ちが裏切られることによって、カップ麺が美味しくなくなる。

 

だが、カップヌードルはその期待を吹き飛ばす。

心が「なんだこれwwwwww???wwwwww」とざわめく。

ラーメンではないものの、ラーメンに限りなく似た何か。

それこそがカップヌードルという食物の魅力なんだと僕は思う。

 

数日前、食い物が欲しくなったもののコンビニぐらいしか開いていなかったので、コンビニでカップヌードルを買った。

家に帰って食ったら、これがまた美味しいのだ。

以前とは何も変わらない、まるで数年らいの友人と再会したような気分だった。

詳しい人からすれば、具材が変わったりだとか、細かい変化はあるのだろうけども、そんなことはどうでもよかった。

カップヌードルが美味しいと感じれる味覚に育って良かったと思う。

 

カップヌードルと人間関係

カップヌードルといえば、漫画『孤高の人』でもカップヌードルを食べるシーンがある。

とても幸せと呼べるシーンではないものの、冬の崖上にて、保温ボトルのお湯でカップヌードルを作る場面だ。

あれもまたよい。

お湯を入れて待つだけ、という簡単な調理法と、「冷めて伸びた麺」が物語の隠喩にもなっている場面なのだが、それとは一切関係なく、ただ外で食うカップヌードルは美味そうだ。

僕はまだやったことがない。学生のころやったのかもしれないが、酒飲んでて記憶がない。

 

カップヌードルと同じカテゴリに、牛丼とマックのハンバーガーがある。

いずれも「いつでも食えるけどあんまり食わない、でもたまに無性に食いたくなるもの」だ。

そういう都合の良さが、心地いいのだと思う。

 

おもえば僕という人間は、育んだ人間関係もそういうものだらけだ。

幼い頃からの友人というものはなく、現在交流があるのもここ数年で出会った人間だけである。

基本的に自分から積極的に用事に誘うこともなく、相手に誘われてもなんとなく気が乗らなければ断る。

そのような選別とも呼べる交流を経て、なんとか僕の周りに残った人間だけと交流している気がする。

 

それはまさに、カップヌードルのように都合のよい存在でありながら、同時に依存の対象でもあるのだろうか。

 

だろうか、っつって聞かれても困るでしょうけど。

関連記事

『習慣の動物』になる生き方

例によって特に意味のない落書きです。   この記事にて引用されている村

記事を読む

なにが「面白い」か分からないひとへ。作品への情熱をとりもどす3つの提案

どうも、カルロス袴田(@hakamad)です。 創作してると、面白い作品っていったい何なのかが

記事を読む

あいさつをしない人間は何を考えているのか

By: Moyan Brenn[/caption] 僕は比較的あいさつをする。とりあえず、あ

記事を読む

成長するにはマゾになるしかない

僕は練習が好きだ。もっといえば、練習している自分が好きだ。もう、ハタから見ればほんとうに気持ちが悪い

記事を読む

段取りしない、したくない人へ―段取り神格化はダサい

By: Gustavo[/caption] 僕は段取りが嫌いだ。 段取りに出会ってから

記事を読む

no image

「真面目である」不幸が魂を腐らせる

前々から言っているが、真面目である必要が一切ない。真剣であることは素晴らしいと思いますが、真面目であ

記事を読む

「年上が年下に使う敬語」があまり好きではないんだ。

社会に出て数年経ちます。そんな生活のなか、年下の後輩にも敬語を使って話すことが多々ありました

記事を読む

no image

オープンでいると何かが引き寄せられる

最近、いろいろ面白い人々とつながる機会が増えたなぁと感じている。ネットで憧れていた人だったり、漫画を

記事を読む

肩書の話

俺は何て名乗りたいのだろう。 By: Kalyan Chakravarthy[/ca

記事を読む

中川淳一郎氏の語る「他人」論が素晴らしい

他人に期待する人生って虚しいぜ。そりゃ、そいつがお前の期待通りに動かないこともあるだろう。当たり

記事を読む

ミクウナ四コマまとめよる ~2018年4月号~

まとめよりました。新年度。   ←先月  

\オープンワールド!!!/楽曲解説~カルロス袴田インタビュー byカルロス袴田

現在のボカロ界におけるよくわからない微妙な立ち位置を誇るダイナ

ミクウナ四コマまとめ 2018年3月号

ミクウナ四コマの3月分まとめでございます。年度末。  

ミクウナ四コマまとめ 2018年2月号

遅くなりましたが2月分のミクウナ四コマまとめです。ヴァレンタイン。

ミクウナ四コマまとめ 2018年1月分

新年あけましたミクウナ四コマのまとめです。戌年。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑