*

やりたいことができない・落ち込んだ時の考え方

やりたいことが出来ない、という人は多いかと思います。

 

最近私が考えるに、やりたいことをやっている人間には「壁」のようなものが立ちはだかるのです。

 

ということで、本日は「僕の考えた人生の壁」についてお伝えしようかと思います。

 

 

壁のイメージ

簡単にいうと、「壁」は我々の前に見えない障壁として現れます。

 

「ここから先へ進むとヤバいっすよ」みたいな風に、その壁はそそり立つ。

 

それも突然に。音もなく。

 

 

例えば「金」の壁

会社をやめて独立して、やりたいことをやろう!

 

と思いたったはいいものの、会社を辞めると、会社で労働することによって得ている収入はゼロになります。

 

当然ですが。

 

 

そこで人は壁にぶつかるのです。

 

 

たとえば「他人」の壁

自分のとっておきのアイデアを、親しい友人や家族に話してみます。

 

毎日毎日必死こいて考えた、選りすぐりの最強アイデア。

 

上手くいかないはずがない。

 

ところが他人は、興味なさげに一言。

 

「それ、やめたほうがいんじゃない?」

 

 

はい、壁です。

 

 

人生には壁がある

ということで、まぁグダグダとたとえ話してきましたが、人生には壁があります。

 

それはたぶん、他人や金や法律や常識などなどの姿を借りて、現実世界に現れるのです。

 

我々が直面するすべての障壁とは、すべてこの「壁」のメタファーであるといっても過言ではないのだ!

 

 

ああおそろしい!

 

 

ナニ言ってんだこいつ、って感じになってますけども、言いたいことはただ一つ。

 

壁が存在する、ということを認識すれば、別に落ち込んだりする必要がないということです。

 

 

壁は壁でしかない

壁は壁でしかありません。

 

たとえばあなたが考えたプランを、プレゼンの場でボコボコにブチのめされた時。

 

「あぁ、これが壁か」と思いましょう。

 

思いましょうよ。

 

 

そんで、「はい次ー」つって流してしまえばよいのです。

 

むしろ反省は次回に生かしてしまおう、と考えます。

 

 

それで終了です。

 

何もかも。

 

 

自分の人生に酔え!!

それでもなお、他人の言うことを気にしてしまう。

 

そんな人も多いことでしょう。

 

僕もわりと気にはなります。

 

 

ならばもう、「こんな壁にぶつかっている自分」に酔うしかありません

 

むしろ、壁に直面しちゃってる俺カッケー!ぐらいの気持ちです。

 

そういうメンタルで生きていくことで、色々と救われてきた男がここにいます。

 

 

壁をぶち壊す生き方

壁は無視して回り道をするか、ぶち壊すかの二択に分かれます。

 

個人的には、ひたすらに回り道をしてもまたどこかで壁にぶつかるような気がしております。

 

なので、直面した壁はなるべく早めにぶち壊すべきなんじゃないかと思う

 

 

たとえば僕、漫画描いてるんですけど、絵があんまり上手じゃないのでひたすらに絵を描いています。

 

よくわかりませんが、たぶん毎日めっちゃ描いてたらそこそこ上手くなるんじゃないかと思ってます。

 

今のところ、毎日ネームを7Pと、1週間に13ページの漫画を連載しております。

こんな感じの。

 

 

月間でネームが200ページくらいと、原稿が最低でも40ページ以上

 

未来のことはよくわかりませんが、たぶんこれぐらいしとけば上手くなるんじゃないかと思うのですね。

 

というかこんだけ描いたら、どんなに才能なくてアホでも何かにはなるんじゃないか、と仮定して描いてます。

 

 

実際描くスピードと、仕上げの手数は増えたんじゃねーかなぁと思ってます。

 

 

壁に直面してる方は、何かの参考になれば幸いです。

関連記事

日めくり漫画第8話

  こんな女子を見たという点のみノンフィクです。

記事を読む

時間がないのか、捨てているのか――時間の使い方・作り方

以前魂を腐らせる習慣について書きました。   僕は日中、仕事をしてその

記事を読む

成長するにはマゾになるしかない

僕は練習が好きだ。もっといえば、練習している自分が好きだ。もう、ハタから見ればほんとうに気持ちが悪い

記事を読む

漫画でネームのコツみたいなもんがわかってきたので報告

どうもカルロス袴田(@hakamad)です。 最近、ネームの描き方のコツみたいなもんが、ようや

記事を読む

落ち込んだ時に『効く』音楽と歌詞6つ

時には落ち込むこともある。誰だってそうなのかもしれない。大抵の場合、腹が減ってるか眠いか。そのどちら

記事を読む

「ウィークデイベジタリアン」やってみるか

サイヤ人もとい、野菜人になることは健康によいらしい。    

記事を読む

no image

最短距離と回り道

効率のよい人と、そうでない人がいる。自分はなんやかんや、効率が悪い人間なのだと思う。 &nbs

記事を読む

カルロス袴田8月の活動報告

まったく関係ありませんが、さっき描いたプリキュアです。   9月です。

記事を読む

漫画家はもっとセルフブランディングするべき

セルフブランディングって何だよォォォォ!!!! という声も聞こえてきそうなので、説明いたします。別

記事を読む

作業用BGMのススメ 原稿・イラスト作業のBGMを決めるぜ

(画像はこちらよりよりよりより) ボッピロマプリレッテュラ(ご無沙汰してます)、カルロ

記事を読む

C92で出した本の紹介

こんな本を出しました。 ↓ピアプロリンクです。

承認欲求と『嫌われる勇気』。他人の評価が気になるひとへ

世は「大承認欲求時代」ッ!! カルロス袴田(@hakamad)です。

再生数・閲覧数が伸びないときのメンタルの保ち方

カルロス袴田(@hakamad)です。ボカロPをしています。

なにが「面白い」か分からないひとへ。作品への情熱をとりもどす3つの提案

どうも、カルロス袴田(@hakamad)です。 創作してると、面

【自由研究】砂漠から生まれるもの

カルロス袴田(@hakamad)です。普段熱心に環境問題を考えることは

→もっと見る

PAGE TOP ↑