*

飲み会を飲み会以外の目的に使う奴は家に帰って寝ろ。

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について

2015112902

忘年会シーズンですね。みなさんの飲み会は楽しいでしょうか。

 

僕は半々です。

 

時間は寿命である

ホリエモンいわく、「Time is Money よりも Time is Lifeが正しい」。

 

これはまさにその通りで、僕らが日常過ごしている時間というのは、紛れもなく「死へと向かう時間」であるのです。

 

生きているということは、死へと直結している道を歩いていることに他なりません。

 

 

「まーた始まったよ」みたいな顔をしている方もいるかもしれません。

 

そういう奴は時間を浪費してくたばったらよいのです

 

 

飲み会の意義

飲み会はどうあるべきでしょうか。

 

僕は、「楽しくあるべき」だと思います。

 

アルコールという合法ドラッグに酔い、会話に花を咲かすとか、奇行にはしるとか。

 

とにかく、楽しくあるべきであると考えます。

 

 

その理由は、「時間を有効に使うため」に他なりません。

 

なんだって、自分の寿命を削ってまで楽しくないことをせねばならんのか。

 

本来、そんな強制はあるべきじゃないと思うのです。

 

だから、飲み会は「ひたすらに楽しく」。これがあるべき姿であるといえます。

 

つまりそいつが、飲み会の意義です。

 

飲み会は、飲み会以外の目的であってはいけないとさえ、僕は思います。

 

 

つまらない飲み会

どうしても楽しめない飲み会、というのに出くわすことがあります。

 

つまるところ僕は、愚痴がこぼれだす飲み会が、楽しめません。

 

 

愚痴はオナニーであると思います

 

愚痴をこぼしている当人は最高に気持ちイイかもしれませんが、それをハタで見ている他人にとっては醜いモンにしか見えません。

 

そんなに嫌なことがあるならさっさと帰って寝ろよ、と思います。

 

 

なのに、多くの人間が、酒を飲んで愚痴をこぼします。

 

愚痴を言ってものごとが改善したことがあったでしょうか?

 

僕は一度も経験がありません。

 

 

愚痴をこぼすほどに現状が不満ならば、行動で変えていくしかないのです。

 

愚痴をこぼしても何も始まりません。

 

そんなにイヤなことがあるなら、もう一度言いますが家帰って寝てろよ、と思うのです

 

悩みたいなら一人でとことん悩んでから行動してくれ。

 

 

飲み会は、愚痴をこぼすために開催されるのではないです。

 

飲み会は、ただ飲み会であるがために存在します

 

それ以外の目的(出会いとか愚痴とか)で飲み会を使う人間を、僕は総じて見下している

 

 

つまらない飲み会からのエスケープ

つまらない飲み会に参加し続けることで、寿命は目減りしますし、ネガティブな他人に影響を受けます。

 

自分の精神が汚染されていくような感覚をおぼえます。

 

なので、つまらない飲み会はできるだけ避け、もっと良い飲み会に時間とカネを投資すべきだといえるのです。

 

 

つまらない飲み会を避けるためには、まず「誘いに乗らない」。これがマストです。

 

つまらない人間からの誘いを断ることで、「つまらないヤツだ」「空気が読めない」「童貞」といったそしりを受けることがあります。

 

しかし、その手の罵詈雑言を面と向かってモノ申してくるパンクス人間は日本にあまりいないので、気にすることはありません。

 

大抵の人間は、影であなたのことをディスって悦に入り、満足します。

 

飲み会を断っても、死なないのです。

 

一方、つまらない人間は一生そういう生き方をしていきます。

 

愚痴をこぼし、安い料理と安い酒、安い時間を過ごして一生を終えます。

 

それが彼らのいう、人並みの幸福です

 

飲み会を断ると、「人並みの幸福」みたいなものから一歩ずつ遠ざかります。

 

しかし、そういうのは僕にとってはオッサンが路傍に吐き捨てたガムぐらいの価値にしか感じられません

 

 

空気なんて読むな

空気を読んだところで、「空気を読めるひと」みたいな称号がゲットできるだけで、他になにもありません。

 

英検3級とか簿記3級みたいなレベルの価値です。

 

それ自体にたいした意味はないと僕は思います。

 

 

社会というのは他人がいうほど「社会っぽい」もんではないと思うし、社会的な人間になったところで、ただそれだけです。

 

その程度のアレに時間をつぎこむのは、本当にバカらしいことだとは、思いませんかね。

関連記事

no image

続けることが才能という奴なのではないか

ワタミの社長はぜんぜん好きじゃないのですが、彼のいうことには一理あると最近思えてきた。ネットでもネタ

記事を読む

no image

最短距離と回り道

効率のよい人と、そうでない人がいる。自分はなんやかんや、効率が悪い人間なのだと思う。 &nbs

記事を読む

成長するにはマゾになるしかない

僕は練習が好きだ。もっといえば、練習している自分が好きだ。もう、ハタから見ればほんとうに気持ちが悪い

記事を読む

作品と同じくらい作者がコンテンツになる

ウイッス。   漫画描いてる人です。 リバーサイドティーンズ

記事を読む

嫌いな人との接し方が変わるただ1つの方法

By: Clemens v. Vogelsang[/caption] 人間、どーしても「コイ

記事を読む

カップヌードルのような人間関係

カップ麺が基本的に好きじゃない。 そもそもそんなに美味しいと思わないのだ。好きな方には

記事を読む

社会人なんて所詮『ごっこ遊び』なんだから、仕事で死ぬのはよせ。

仕事がイヤで死にたい、なんて人はけっこういることでしょう。じっさいに、若者の自殺率は上がって

記事を読む

no image

「焦り」はいらない

人間は、焦る。様々な局面で焦る。   感情は人間にとって必要なものですが、「焦

記事を読む

オタクのノリについて感じること

出典http://qq5qq.info/lJES スクールカーストの影響というのは、計

記事を読む

『考えてから行動する』より、行動しながら考える3つのメリット

あなたは石橋を叩くタイプでしょうか?   世の中には、行動の前に考えをめぐらせ

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑