*

「とりあえずやってみる」のススメ

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について , , ,

photo by http://urx.nu/n76t

やる気が出ない、という悩みは人間誰しも抱えてしまうもんだろう。僕もそうです。びっくりするくらい、やる気は出ない。

 

 

最近はもう、やる気を出す方法を論じるのはもはや、意味のないことなんじゃないかと思い始めました。だって出ないもの。やる気を出すための方法をいくら編み出したところで、やる気がない時は「何もしない」んです。これがよくない。

 

 

「やる気」などはじめから存在しない

我々は勘違いをしてるんじゃないか。

 

 

行動は、やる気によって起こされる、という大きな勘違いを。やる気などというものなんて、ハナっから存在していないのだとすれば、合点がいく。そう考えると、「やる気が出ない」という悩み自体が、その存在そのものが跡形もなく消える。なんてことだ。

 

 

そう、僕らは「やる気が出ない」んじゃなく、「やる気がない」のだ。存在するのは「行動」だけなのだ。

 

 

こう考えますと、なんか腑に落ちませんでしょうか。やる気を出す、というプロセスが必要なのではなく、ただひたすらに行動を積み重ねていくしかないのです。逆に言えば、行動と反省さえすれば、物事は進んでいくのです。

 

 

ある種これって、「やる気を出す」ことよりもずいぶんと簡単なんじゃないか? と思い始めました。「やる気を出す」という幻想、無理ゲーに躍起になる必要なんてないわけです。

 

 

「やる気」はただの躁状態だった

思い返してみれば、「やる気」が出た瞬間というのは、これまでの人生において何度かあったように記憶しております。寝る前とか、仕事や学校に行く直前、なんだか変なスイッチが入ったように、別のことに情熱が燃え始める。そんな経験をされた方は、なんぼかいると思います。僕もその一人です。

 

 

ですが、そんな変なタイミングのやる気って、時間とともに薄れてしまうのが大半だったと感じます。あれって、今思えば単純に、躁状態か何かだったのだと思うのです。いわば心の異常事態。

 

 

さらに、そこに行動が伴わないという、あんまりにもあんまりな結果。いわば「やる気の不完全燃焼」。くすぶって終了していく「やる気」という名の幻想。儚いものです。

 

 

やる気を置き去りにせよ

実際に僕らが行動する時、そしてなんだか今日はうまくいったぞ、って時。そもそもそういった時に「やる気」を出すというプロセスはあったのだろうかとふと考える。たぶん、なかった。つまり我々が行動している時、「やる気」とかいう観念は既に置き去りになっているのです。

 

 

やらねばならない、という時にこそ、「やる気を出す」という悠長なことは考えていないわけです。真に切羽詰まった状況におかれたら、人間はつべこべ言わず行動をするものなのだと思います。逆に言えば、行動をしないということは切羽詰まっていないのです。

 

 

じゃあ背水の陣を敷けとでも? と思われるかもしれませんが、必ずしもそこまで自分を追いつめることが必要ではないかもしれません。でも、人間は明日死ぬかもしれません。実は生き急ぐ必要は、誰しもが持っているのかもしれません。そこに余裕をもつかどうかはあなた次第です。

 

 

ということで、行動を起こすためにやる気は必要がない、というお話でした。じゃあどうやって行動を起こすのか? と言われたら、自分に自分でタイムリミットを設ける、というのが一番効果的かと思われます。たとえば提出の締切ですとか、何時までにアレをやっておく、ですとか。たとえば同人誌だったら、締切ギリになると印刷所に迷惑がかかるな、みたいな対外的なプレッシャーを自分に課すというのも良いですね。

 

 

以前、ファミレスでネームをやると捗るのはなぜか、という記事も書きましたが、まさにその理由のひとつがこの「タイムリミット/プレッシャー」による効果なのではないでしょうか。

 

 

筋トレのように、自らに負荷をかけていくことで、自らを鍛錬していく。まったく、武士道とはシグルイでございます。

 

 

とりあえず失敗してみる

人が行動を起こしたくない理由は様々ですが、そのなかのひとつに「失敗したくないから」というのがあります。ディスられたくないからネットに絵をアップしない、構成をミスりたくないからネームを直さない、音痴がバレるからカラオケで歌わない、怒られそうだから上司に質問しない、などなど、パッと思いつくだけで色々あります。

 

 

でも、失敗しても死なないんですよね。これ最近気づいてかなり気に入っている事実なんですけど。人間って、失敗しても大抵のことでは死なないんです。失敗しても、大抵は恥ずかしい思いをするだけなんですよ。

 

 

恥ずかしいのが嫌なんじゃ!と仰るかもしれませんが、別に恥ずかしくないですよ。恥ずかしいと思ってるのは自分だけなんです。他人はあなたの失敗を、その時は鬼の首とったみたいに嘲り笑うかもしれません。でも三日もすれば忘れます。逆に、いつまでもあなたの失敗をネタにしたり恨み言を言い続ける人間とは、付き合っている意味がまったくありませんので、すっぱりと縁を切るべきです。そんな奴はクソです。

 

 

そして、そんなことを気にしているヒマがあれば、失敗を糧に行動を起こせるのです。更にお得なことに、失敗すると経験値が増えるのです。経験値が増えるとどうなるのかといえば、次に成功する確率が上がるのです。ほんと、めっちゃ得。

 

 

ということで、ぜひ行動して失敗しましょう。失敗を目標にするのはよくありませんが、成功を目標にして失敗することは失敗じゃないです。狙いを定めて、むしろがんがんミスっていきましょう。他人の目なんて気にしてはいけない。

 

 

まとめ

「やる気」なんて初めからない。行動せよ。失敗せよ。

悩めるあなたの一助になれば幸いです。

そして自分の背中にでも彫り込みたい気分です。

 

関連記事

眠るためにやってみて効果があったもの3つ

画像こちら おはようございます。ここ数日、めっちゃ朝起きれた。ものすごく嬉しい。

記事を読む

朝なんて働きたくないし、働くべきではない理由

世の中、8時とか9時の始業が当たり前となっております。僕もいちおうサラリーマンをやっていますのが、シ

記事を読む

それでもネタ切れに悩む困ったちゃんへ…ネタの発想法

僕はとりあえず、ネタ切れはしない自信だけはあるのです。それが面白いかどうかはともかくとして。

記事を読む

禁酒半年目で考えたこと

気づいたら禁酒して半年経過しましたので、その感想などを書き残しておこうと思う。  

記事を読む

自分のことをいちばんわかっているのは自分です。間違いないです。

最近感銘を受けたツイートがこちらです。 大体「あなたのことを思って言うが…」とか言

記事を読む

no image

「機嫌が悪い」はクソ

最近は忙しかった。忙しいという理由で物事に手をつけないヤカラのことが、僕はあまり好きではないのだが、

記事を読む

no image

希望の手触りを感じろ

坂爪圭吾氏の、『希望が与える力について』の話を読んでからというものの、「希望」というもののパワーにつ

記事を読む

「年上が年下に使う敬語」があまり好きではないんだ。

社会に出て数年経ちます。そんな生活のなか、年下の後輩にも敬語を使って話すことが多々ありました

記事を読む

「社会人」ってなんだよ、帰っていいすか

社会人という呼び名、いい加減やめましょう。とても空虚な呼び方であると思います。 &nb

記事を読む

面倒くさいことが嫌いか?それはチャンスなのかもよ

最近思うのは、「面倒くさいこと」はチャンスである可能性が高いということである。 &nb

記事を読む

no image
読んだ本:六道の悪女たち

超面白いので全員読んでください。

no image
読んだ本:個人的な体験/大江健三郎

実体験をベースに書かれた作品とのこと。或る強烈な葛藤に苛まれ

no image
読んだ本:最後にして最初のアイドル

えらいよかったです。SF。ジャンル名に詳しくはない

「再利用されたコンテンツ」でYouTube収益化停止されたボカロPが復活までにやった対策

2018年末くらいから頻発しているらしい、「再利用されたコンテンツ」と

no image
保護中: 【FANBOX限定未公開曲】『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』

『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』という曲です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑