*

将来への漠然とした不安で鬱になる? 不安の正体をぶちのめせ

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について

将来って不安ですよね。ほんとムカツク(僕の心はいつだって90年代のコギャルです)

 

芥川龍之介先輩も、自殺を遂げた理由が「唯ぼんやりとした不安」からだったそうで。なんやねんそれ、と思うかもしれません。

 

でも、不安や恐怖の正体を、如実にとらえた言葉だと思うのですよ。

 

不安=分からないこと だから怖い

不安と恐怖はだいたいいっしょです。

 

ホラー映画を思い出しますと、わかるかもしれません。

 

なんかよくわからないアレが来て、なんかよくわかんないけど人が死んだり不吉なことが起きたりする。

 

よくわかんないけどめっちゃ怖い、アレです。

 

 

幽霊の正体見たり

でも実際は、ホラー映画の幽霊というのは作り物です。

 

コトワザではありませんが、幽霊の正体は枯れ尾花だったりします。

 

怖いものほど、じっくり観察してやればあんまり怖くないもんです。

 

僕の実体験ですが、幼い頃どうしてもブラクラ画像が怖くて仕方ありませんでした。

 

そこで少年時代の僕は、ある日「俺はこれを克服せねばならん」

 

とマスラオのようにいきり立って、ブラクラ画像を見つめました。

 

 

最初はクソほどビビっていたのですが、だんだんと「こういう見た目してるのね」と正気に戻る自分に気が付きます。

 

そうすると、ブラクラ画像がそこまで怖いもんだとは思わなくなったのです。

 

 

というわけで、不安というものも怖がらずにじっくり見てあげると、意外な解決策があったりするかもしれません。

 

もしくは、「そんなことで悩んでたのかオイラは(ペロッ)」となるかもしれん。

 

そんなに上手くいくんやろか

不安とブラクラ画像は別やろ、と思われるかもしれませんが、同じかもしれないじゃないか。

 

僕の場合、将来へのぼんやりした不安の正体は『カネ』でした。

 

ここで、ハマショーの『MONEY』をお聴き下さい。

 

金は不安であり、安心である

似たようなことは過去にブログで何度も書いていると思いますが、やはり不安の正体の大半は金。そう思います。

 

例えば僕は、ある程度年齢がいったら仕事がなくなって、食うに困るのではないか? という不安を抱えています。

 

いえ、それは金です。

 

中学生の英文和訳みたいな言いぐさですが、「いえ、それは金です。」と言ってしまえば大抵の悩みがコアの部分まで切り開かれることに気が付きました。

 

そうか、結局俺は働かないで金を手に入れたいタイプの人間なだけなのか。

 

そんな風に腑に落ちたのですね。

 

 

悩みのオブラートをブチ破っていくのだ

悩みはまるで、クロワッサンか何かのように、いくつもの層に覆われているのです。

 

小さい悩みの種があって、そこにいくつものしがらみが層となって重なる。

 

そんでデカく見えているだけのように感じます。

 

金がない

 

→でもモノが欲しい

 

→仕事しないといかん

 

→でも仕事したくねぇ!

 

→仕事しないでブログで稼ごう

 

→全然稼げないお…

 

承認欲求が満たされないので死にます

 

 

見てみ、非常にバカくさいですね。でもこういう悩み方、してる人いるんじゃねーかなぁ。

 

しょせん、金がない悩みの発展型なんだと思います。みんな。

 

そう考えるとなんだか、自分はアホだなぁと微笑ましく現実を見られる気がしませんでしょうか。

 

 

ポジティブもいいんすけど

最近の自己啓発本でよく見るのは、とにかくポジティブになれという記述である。

 

もちろんそんな紋切り型の本ばっかりじゃないんですけど、ショボい自己啓発本にはたいてい書いてある。

 

そういう風に、上手くいった人間の結果だけ真似るような姿勢で物事に臨んでも、上手くいくはずがないのである。

 

根っこがないのに花を咲かせましょう、みたいな発想と同じである。それは幻覚剤によってしか為しえない秘術の一種である。

 

だから、ポジティブさで不安を覆い隠すよりも、不安自体としっかり向き合うことが重要なんではないかと思う。

 

なによりも、自分の考えてることとガチンコで向き合ってみると、けっこう発見が多いよ。

 

なんつってな!

 

まぁ漫画でも読んで楽しくいきましょう。

関連記事

自分のことをいちばんわかっているのは自分です。間違いないです。

最近感銘を受けたツイートがこちらです。 大体「あなたのことを思って言うが…」とか言

記事を読む

ビールは昼に飲んだ方がいい。健康のためにも

酒は夜に飲むもの、と誰が決めたのであろうか。   ビールなんてピスだ、(略

記事を読む

他人に期待するのは時間の無駄である

By: Tetsumo[/caption] 他人に期待することは、他人に失礼である 他人は他人

記事を読む

「引き寄せの法則」なのか、俺の努力の結果なのか。

By: liz west[/caption] 引き寄せの法則というのがある。すげー簡単に言え

記事を読む

タダだからこそ、有益であれ。ブログコンテンツの質を憂う

いや~風邪ひいてましたわ~みたいな出だしの文章は、誰も喜ばないんです。  

記事を読む

「好きなことで生きていく」ために。何のために働くんだ、俺たちは。

お晩です。カルロス袴田だよ。   好きなことで、生きていく。言うは易し

記事を読む

no image

失敗したくない人間が考える「成功」の定義がダサい

失敗アレルギーみたいな人間が多い。ほんとーに、喋っていてダルい。倦怠感しか抱かない。 &nbs

記事を読む

no image

最短距離と回り道

効率のよい人と、そうでない人がいる。自分はなんやかんや、効率が悪い人間なのだと思う。 &nbs

記事を読む

右上がりの字を書く人の性格

By: Caleb Roenigk[/caption] かつてまだ僕が小学校のころ、教師に言

記事を読む

夕食抜きの是非と寿司ネタの話

  晩飯ってそこまで重要じゃない気がしてきた。   晩飯の

記事を読む

no image
保護中: 【FANBOX限定未公開曲】『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』

『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』という曲です。

同年代や若いひとの成功が気になって嫉妬しちゃうゼってひとへ ~だいじょぶだ、あんたにゃ才能があるの巻~

デァァーーーーッどうもカルロス袴田です。(@hakamad)←ツイッタ

誰がために働く〜なぜ人間は働くのか、仕事が何のためかわからない人へ〜

  カルロス袴田です。なんのために働くんでしょ

学校や職場で居場所がなくても気にしない方がいいよという話

どうも袴田ちゃんです。ひっそりと社会から浮くタイプです。いつも

アイデアの回転を上げてネタ切れを超えろ!!!~アイデアの出し方・作り方~

カルロス袴田です。ボカロPをやりつつ四コマを描きつつブログを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑