*

将来への漠然とした不安で鬱になる? 不安の正体をぶちのめせ

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について

将来って不安ですよね。ほんとムカツク(僕の心はいつだって90年代のコギャルです)

 

芥川龍之介先輩も、自殺を遂げた理由が「唯ぼんやりとした不安」からだったそうで。なんやねんそれ、と思うかもしれません。

 

でも、不安や恐怖の正体を、如実にとらえた言葉だと思うのですよ。

 

不安=分からないこと だから怖い

不安と恐怖はだいたいいっしょです。

 

ホラー映画を思い出しますと、わかるかもしれません。

 

なんかよくわからないアレが来て、なんかよくわかんないけど人が死んだり不吉なことが起きたりする。

 

よくわかんないけどめっちゃ怖い、アレです。

 

 

幽霊の正体見たり

でも実際は、ホラー映画の幽霊というのは作り物です。

 

コトワザではありませんが、幽霊の正体は枯れ尾花だったりします。

 

怖いものほど、じっくり観察してやればあんまり怖くないもんです。

 

僕の実体験ですが、幼い頃どうしてもブラクラ画像が怖くて仕方ありませんでした。

 

そこで少年時代の僕は、ある日「俺はこれを克服せねばならん」

 

とマスラオのようにいきり立って、ブラクラ画像を見つめました。

 

 

最初はクソほどビビっていたのですが、だんだんと「こういう見た目してるのね」と正気に戻る自分に気が付きます。

 

そうすると、ブラクラ画像がそこまで怖いもんだとは思わなくなったのです。

 

 

というわけで、不安というものも怖がらずにじっくり見てあげると、意外な解決策があったりするかもしれません。

 

もしくは、「そんなことで悩んでたのかオイラは(ペロッ)」となるかもしれん。

 

そんなに上手くいくんやろか

不安とブラクラ画像は別やろ、と思われるかもしれませんが、同じかもしれないじゃないか。

 

僕の場合、将来へのぼんやりした不安の正体は『カネ』でした。

 

ここで、ハマショーの『MONEY』をお聴き下さい。

 

金は不安であり、安心である

似たようなことは過去にブログで何度も書いていると思いますが、やはり不安の正体の大半は金。そう思います。

 

例えば僕は、ある程度年齢がいったら仕事がなくなって、食うに困るのではないか? という不安を抱えています。

 

いえ、それは金です。

 

中学生の英文和訳みたいな言いぐさですが、「いえ、それは金です。」と言ってしまえば大抵の悩みがコアの部分まで切り開かれることに気が付きました。

 

そうか、結局俺は働かないで金を手に入れたいタイプの人間なだけなのか。

 

そんな風に腑に落ちたのですね。

 

 

悩みのオブラートをブチ破っていくのだ

悩みはまるで、クロワッサンか何かのように、いくつもの層に覆われているのです。

 

小さい悩みの種があって、そこにいくつものしがらみが層となって重なる。

 

そんでデカく見えているだけのように感じます。

 

金がない

 

→でもモノが欲しい

 

→仕事しないといかん

 

→でも仕事したくねぇ!

 

→仕事しないでブログで稼ごう

 

→全然稼げないお…

 

承認欲求が満たされないので死にます

 

 

見てみ、非常にバカくさいですね。でもこういう悩み方、してる人いるんじゃねーかなぁ。

 

しょせん、金がない悩みの発展型なんだと思います。みんな。

 

そう考えるとなんだか、自分はアホだなぁと微笑ましく現実を見られる気がしませんでしょうか。

 

 

ポジティブもいいんすけど

最近の自己啓発本でよく見るのは、とにかくポジティブになれという記述である。

 

もちろんそんな紋切り型の本ばっかりじゃないんですけど、ショボい自己啓発本にはたいてい書いてある。

 

そういう風に、上手くいった人間の結果だけ真似るような姿勢で物事に臨んでも、上手くいくはずがないのである。

 

根っこがないのに花を咲かせましょう、みたいな発想と同じである。それは幻覚剤によってしか為しえない秘術の一種である。

 

だから、ポジティブさで不安を覆い隠すよりも、不安自体としっかり向き合うことが重要なんではないかと思う。

 

なによりも、自分の考えてることとガチンコで向き合ってみると、けっこう発見が多いよ。

 

なんつってな!

 

まぁ漫画でも読んで楽しくいきましょう。

関連記事

作業用BGMのススメ 原稿・イラスト作業のBGMを決めるぜ

(画像はこちらよりよりよりより) ボッピロマプリレッテュラ(ご無沙汰してます)、カルロ

記事を読む

酒やめて4か月弱経過した感想

タイトルどーり、酒・アルコホールの類を飲むのをやめた。2015年3月11日から飲んでいない。

記事を読む

右上がりの字を書く人の性格

By: Caleb Roenigk[/caption] かつてまだ僕が小学校のころ、教師に言

記事を読む

「好きなことで生きていく」ために。何のために働くんだ、俺たちは。

お晩です。カルロス袴田だよ。   好きなことで、生きていく。言うは易し

記事を読む

no image

最短距離と回り道

効率のよい人と、そうでない人がいる。自分はなんやかんや、効率が悪い人間なのだと思う。 &nbs

記事を読む

面白い人間であれ

とにかく、ガキの頃から面白い人間になりたかった。ような気がする。  

記事を読む

『考えてから行動する』より、行動しながら考える3つのメリット

あなたは石橋を叩くタイプでしょうか?   世の中には、行動の前に考えをめぐらせ

記事を読む

「ネットビジネス」から考える仕事という邪教

By: John Ward[/caption] 「ネットビジネス」という言葉が あんまり好

記事を読む

「会社員は何やかんやで楽」だと思う3つの理由

世の中、猫も杓子も会社員だ。独立して仕事をはじめます、なんて言い出すもんなら即座に変態扱いだ

記事を読む

ソシャゲがパチンコよりタチが悪い3つの理由

ソシャゲとパチンコは同じである。むしろ、ソシャゲの方がパチンコよりもよほど、タチが悪いといえます。

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑