*

自己啓発本を焼き捨てろ カレー沢薫『負ける技術』

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 漫画について

ポジティブ礼賛の流れを世の中に感じるようになって久しいですが、そんな中で颯爽と現れたるが、時を翔ける天使ことカレー沢薫である。

 

OL兼漫画家として粛々と活動を続けるカレー沢女史のコラム集『負ける技術』を読了したので読書感想文をしたためておきます。

 

まぎれもないカレー沢薫

「負ける技術」とはそもそも何か。念のために言っておきますが、本書には「負ける技術」としてのテクニックが満載、かと思いきやそういう類の書籍ではない。

 

じゃあ何か、と言われると「カレー沢だよ」としか言いようがないのであるが、それでは説明にならないトートロジーである。

 

『負ける技術』を端的に言えば、カレー沢薫が、圧倒的にネガティブで怨嗟のこもった日々をつづった素敵な文集だ。

 

生々しいネガティブさを放ちながらも、どことなくフレッシュ。彼女の漫画作品と同じように、ドライブ感のある文章を楽しめる。

 

すこし引用してみましょう。

 

#3より

最初の着信の時は出られなかったのだが、その後、それが講談社の番号と知るや否や、頭の中はカネのことでいっぱいになった。

 

正直すぎる

 

だいたいが全部こういう調子なので、カレー沢薫に少しでも興味があれば買ってヨシの一冊であるといえます。

 

 

ちなみに僕はKindleで購入したので、外出時でもいつでも読める。

 

 

負ける技術とは

いちおう、負ける技術というタイトル(担当編集が考案したらしい)にも意味があると語られている。

 

いわく、希望を持った結果失望するよりも、基本ちょっと負け続けて生きていたほうが傷つかずに済む、という意味らしい。それが「負ける技術」だ。

 

まるでステンレスのように、「ちょっとだけサビているからこれ以上サビません」という姿勢。

 

すべての無思考ポジティブ系自己啓発本を燃やし、今すぐ僕たちは負ける技術を身に着けるべきなのだと直感した。

 

とステマしておく。

 

 

漫画も素晴らしいです

僕がはじめて読んだカレー沢薫作品は、『バイトのコーメイくん』でした。

 

酒屋からコンビニへ鞍替えした店長の劉備()、バイトのコーメイらが繰り広げる、いつどこの世界が舞台なのかまるでわからないギャグ漫画となっている。ラストは何気にじわっとくる。

 

 

EDになった課長・起田総司を描いた直球下ネタ漫画『やわらかい。課長 起田総司』もトガっている。ちなみにカレー沢作品のキャラクターは、ほとんどこの手のセンスでネーミングされており、一度目にしたら忘れることができない。

 

 

そしてカレー沢作品の原点でもあり、私が最も好きなのが『クレムリン』である。

カレー沢女史はこの作品を引っ提げて新人賞に見事落選、その後なぜか連載が決定するというミラクルを起こした。その時点で凡百のギャグ漫画とは異質であることがはっきりと分かるのですが、この作品に関しては言語を用いて解説することがあまりに無意味なので、ぜひいちど目を通していただきたいものである。

 

(出典)

3匹全員同じ名前の猫「関羽」と、飼い主となった却津山春雄(通称キャッツ)らが過ごす、狂気に満ち溢れた日常を描いた作品である。

 

延々読み返している。

関連記事

読み続けたい漫画の条件を考える

読み続けたい漫画の条件とは何なのでしょう。 「面白い漫画」の条件は多く語られますが、 最

記事を読む

【漫画】ネームの勉強・参考になる漫画

ネームの切り方が悪いと結局漫画はどうにもならないというカベに直面し、チンパンジーのようにカベ

記事を読む

クリスタEXにする利点はやっぱ「線画抽出」でしょう!

クリスタをEXにする利点は、何といっても線画抽出機能でございましょう。先ほどクリスタEXに乗

記事を読む

魅力的な漫画のキャラ作りッ!!漫画家ワナビーが語る3つの要素

漫画のキャラ作りは、いちばん楽しい点であると同時にもっとも漫画家志望を悩ます点なのではなかろ

記事を読む

3巻出ました! ヤマシタトモコ『さんかく窓の外側は夜』が怖い

※↑2016年3月追記。出ました最新刊。   (画像はこちらより)

記事を読む

Q.質と量、どっちが大事? A.両方やれ

僕は努力が好きだ。一人で黙々と作業をしている自分が大好きだ。本当にキモい。  

記事を読む

「面白さ」を絶対的な基準と考えて図解してみたので見てくれ。

      面白いものを作る人は、本当に世の中にいっ

記事を読む

漫画原稿の作業効率を上げる3つの工夫

漫画やイラストの作業効率を上げたいと考え、毎日いろいろやってます。   とくに

記事を読む

りとる・けいおすLINEスタンプ発売を祈る記事

りとるけいおすLINEスタンプ発売を後押しするための記事です。みんな読もう、『りとる・けいおす』。

記事を読む

漫画のネームが進まない!!という時の3つの対処法

漫画のネームが進まない。どうにもこうにも行き詰まってしまう。   漫画を描いた

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑