*

絵が上達する近道を考える

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 漫画について

 

絵が上手くなりたい。それにしてもなりたい。とにかく上手く描けるに越したことはない。

 

絵が上手くなるには

①実物を見て描く

②上手い人の絵をまねて描く

 

たぶんこの2つを延々繰り返していくと、絵がめっちゃ上手くなる。短期的にそれっぽい絵が描けるようになるためには、デッサンを飛び越して模写でもすればいいのではなかろうか。

 

ただ、上手い人の絵に限らず、絵というのは「他人が描いた絵」というものになる。つまりは、デッサンの対象を海外小説とするならば、絵はそれの翻訳ということです。

 

原文を読まずに翻訳だけを読む。そうすると文章は書けるようになりますけども、原文のニュアンスはわかりません。絵にもそういうアレがあって、だから漫画ばっか読んで模写してる美術部のあのコが、美術の時間に描いた絵は「写実的じゃない」なんて怒られたりするわけです。まぁ昔の僕ともいえるんですけども。

 

絵をそれっぽくする

僕はデッサンというものをひたすらないがしろにして生きてきたヤンキー野郎なので、やはり絵が上手くない。少なくとも、僕より上手い人間はごろっといる。もうジャガイモのようにいる。困ったものですが、まぁ嘆いても仕方がないから絵を描く。

 

ところで、花沢健吾のデビュー作を読んだのですけれども、すごく上手でした。というよりも、新人っぽくはありつつも、かなり漫画漫画していた。それがすげーなぁと思う。

 

漫画の絵、という感覚を読者に与えられる絵は強いのだなーと最近思います。それを「華」とでも呼ぶのでしょうか。とにかく、漫画っぽくて読者の目を引く絵。

 

売れてる漫画というのは、やはりたいていそういう絵をしていると思うのです。お、漫画や! と誰もが直感する何か。

 

だから、漫画の絵の参考は、ゼロからはじめるならやはり漫画なんだろーなという結論です。細かく言っていけば記号とかの話になるんでしょうが、僕は不勉強なのでその辺はわかりませんけど。

 

丁寧であれ

もう一つ、最近ものすごく実感しているのは丁寧さ。

 

これは中村佑介先生の「イラスト教室」でも言われていたことですが、丁寧に描かれていない絵は読者に嫌われます。

 

丁寧に描かない、というスタンスをベキっと貫くならばそれでいいのかもしれませんが、読者に読んでもらうひとつの礼儀としての丁寧さというのは必要なんじゃないかと思う。コンドームつけるのとか挨拶をするのとかと、同じように。

 

ドロヘドロなんかはノイズだらけのすごい情報量だけども、あれをへたくそな絵だと思う人はあんまりいないと思うし、ああいうじめっとしてて汚そうな世界観にはバッチリ合っている。

 

速筆で有名な鈴木央とか真島ヒロ、久保帯人なんかも、やはり丁寧には変わりない。それでいて全員ものすごい勢いのあるペンタッチですとか構図で、いかにも少年漫画って感じの熱さを感じる漫画です。

速い人に憧れるのは良いことだと思うのですが、それで作品を未熟なまま放り出すというのはよくないことなんじゃないかと最近思います。僕もペン入れの速さだけで生きていこうと思った時期があったのですが、かけるべき時間をきっちりとかけてやるのが作品と作者の対等な姿勢なのではないか、みたいな高尚なことは考えていません。半分考えてます。

 

でも、やっぱ手抜きするよりも真剣に描いたほうが楽しいし疲れるから、夜も眠れますよ。おすすめです。

関連記事

漫画で金を得る方法~web漫画の収益化~

最近新しい肩書として、「インターネット漫画マン」というものを考えました。Twitterのプロフにしま

記事を読む

下ネタに敬礼せよ 漫画『UNCOntrollable』宮場弥二郎

※下ネタです   久々に、剛速球の下ネタ漫画です。僕ももっと頑張ろうという

記事を読む

ペンネームの決め方!なかなか決まらないペンネームを考える

By: Drew Coffman[/caption] ペンネームの決め方 ペンネームとは、自分

記事を読む

「漫画の資料ドットネット」が安い。冷静に考えると安い

  きのうツイッターで見かけたのでご紹介します。漫画の資料ドットネットという背景資料

記事を読む

自己啓発本を焼き捨てろ カレー沢薫『負ける技術』

ポジティブ礼賛の流れを世の中に感じるようになって久しいですが、そんな中で颯爽と現れたるが、時

記事を読む

漫画家はもっとセルフブランディングするべき

セルフブランディングって何だよォォォォ!!!! という声も聞こえてきそうなので、説明いたします。別

記事を読む

Web漫画家の未来 収入とか収益化とか

すっかりパソコンやスマホで漫画を読む機会が多くなった。   というか、

記事を読む

作品と同じくらい作者がコンテンツになる

ウイッス。   漫画描いてる人です。 リバーサイドティーンズ

記事を読む

完璧主義よりもスピード感で生きていきたい

最近、1ページ完結の漫画を1日に1枚仕上げている。   「とりあえず仕上げ

記事を読む

キャラクターをつくる方法とか、参考になる漫画とか。

  実験的に数日間ブログの更新をやめてみたところ、なんだか心身ともに調子が悪

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑