*

BLEACH68巻感想をネタバレしないよう頑張る

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 漫画について , ,

そういえば次69巻だから檜佐木が表紙とか、ねーよな。

ねーよ。

 

68巻の見どころ

帰ってきたペプシマン

何といっても「あの男」の再登場に尽きます。

かつてペプシマン呼ばわりされたあの男です。

京楽が四十六室へ向かったあたりでお察しだとは思いますが、

68巻ではあの男がやっとこさ再登場。

月並みな言い方ですが、テンション上がりますね。

 

例えていうならば、クロノトリガーで魔王が仲間になったあの時。

もしくはピッコロ大魔王と悟空が手を組んだあの時。

そんなダーティなワクワク感に胸が躍ります。

 

いやほんと、嬉しくて嬉しくてたまりません。

京楽めっちゃ白い目で見られてましたからね。

そらそうよ。

 

大魔王からは逃げられない

一護パーティとユーハバッハの対面が描かれるわけですが、

このシーン、なんだかダイの大冒険を思い出しました。

 

ダイの大冒険といえば、正当派ドラクエ漫画の金字塔なわけですが、

ゲームをやったことのある人が読むと

「あるある」的なニュアンスであったり展開を、時たま混ぜてくる作品でもあります。

有名なセリフでは

 

「知らなかったのか…?

 大魔王からは逃げられない…!!!」

 

なんてセリフがあったりします。

 

別にユーハバッハがそういうメタ的なセリフを吐いたわけではないのですが、

なんとなくRPGの最終局面っぽい画ヅラとなっているように感じるのは私だけでしょうか。

そりゃバトル漫画はみんなそういうもんなのかもしれませんが、

特にブリーチってゲームっぽい印象強いんですよね。

 

一護含め仲間の衣装が初期と丸っきり変わっていたり、

パーティ構成もわかりやすくRPGっぽい。(チャドが戦士で織姫が僧侶、夜一が盗賊)

その他のキャラたちもどことなく格ゲー要素が強いような気もします。

まぁこれは印象論なので、今度根拠がみつかったら書こうと思います。

 

まとめ

しかし、藍染級の論理能力っぷりを発揮するユーハバッハですので、

一護が勝てる要素が普通に浮かびません。

能力の次元が違う相手って怖いよなぁと改めて思います。

最終形態藍染とか、普通なら勝てるはずのない相手ですからね。

 

十三隊に漂うどことない絶望感も、読者の共感要素となるはずです。

それを打破する「あの男」。

 

待っていました。拍手です。

 

 

ネルの再登場も全裸で待っています。

関連記事

キャラクターをつくる方法とか、参考になる漫画とか。

  実験的に数日間ブログの更新をやめてみたところ、なんだか心身ともに調子が悪

記事を読む

なぜ打ち切ったアクション! りとる・けいおす2巻の感想

 現代ギャグ漫画の「本物」が打ち切られた。 photo by http://urx2.nu/n7

記事を読む

漫画原稿の作業効率を上げる3つの工夫

漫画やイラストの作業効率を上げたいと考え、毎日いろいろやってます。   とくに

記事を読む

ペン入れ練習の方法を考える

  モソモソとペン入れ練習と、アイデア出しを兼ねて落書きをしておりました。

記事を読む

【漫画】ネームの勉強・参考になる漫画

ネームの切り方が悪いと結局漫画はどうにもならないというカベに直面し、チンパンジーのようにカベ

記事を読む

24時間生きてて「ネタがない」ってことはない

ブログにしても、漫画にしても「ネタがない」なんてよく言われる。書きたいけど、何について書いたらいいか

記事を読む

漫画で金を得る方法~web漫画の収益化~

最近新しい肩書として、「インターネット漫画マン」というものを考えました。Twitterのプロフにしま

記事を読む

映画バクマン主題歌が『新宝島』って良いよなぁ

新宝島と言やぁよぉ 手塚先生ですよ。   漫画の歴史を変えた決定

記事を読む

BLEACH69巻感想をネタバレしないよう頑張る

http://urx.nu/n5i2より[/caption] 気が付いたら出ていてび

記事を読む

2015年9月の活動を振り返らんとす

9月があっとういう間に終わってしまいましたが、みなさんいかがお過ごしでしたでしょうか。カルロ

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑