*

バンドをやれる人はすごい

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 音楽について , , ,

↑去年描いた絵ですが、どんだけ適当な仕事してるんだ俺は。

バンドは人と組まなくてはならない

大変だと思う。バンドを組むことは。

組む、というよりもバンドを続けていくことが大変だと思う。

 

かくいう私は大学4年間、ほぼバンドしかやってなかった。

それもほとんどコピーバンド。

 

バンドで成功する、というドリームの前提はまず、バンドを継続させていくことが最重要課題となる。

大変だ。

 

一人でやる方が楽な人もいる

俺です。

 

何事も、一人でやったほうが気が楽だと感じてしまう。

バンドを続けていくには、人間と都合を合わせなくてはならない。

スタジオに入るにしても、レコーディングするにしても、ライヴをするにしても。

すべてが他人の都合に依存する。

超大変だ。

 

その点、私は楽だ。

スタジオは自宅だし、練習もしたいと思った時にする。

作曲のデモを共有する必要もない。

「ここのフレーズこういう感じで」って伝える必要がない。

めっちゃ楽。

 

一人では生まれない何かがある

しかし、一人でやるよりも、他人とバンドを組むメリットはあるに違いない。

バンド以外にも、たぶん何だってそうだ。

ネルフにあったスパコンも3つあったわけで、3人寄れば文殊の知恵という。

複数人で集まることによって生まれるモノが、バンドをやる意義というものなのだろう。

 

作曲にしても、生演奏にしても、違った個体である人間同士が呼吸を合わせようとする、その過程そのものが美しい場合だって多々あるのだ。

ブランキーを語るうえで、存在そのものがロックであるという事実がある。

 

話によれば、作曲はほとんどスタジオセッションによるものだったそうで、この3人で合わせていると、なぜかブレイクのタイミングやら何もかもが合ってしまうほどの相性だったそうである。頭がオカしい。

3人の人間なのに、1匹の化け物のような存在感を感じさせるこの人たちは、本物のバンドだったんだなぁと感じます。

 

今後他人とバンドを組んで何かをする予定はないのですが、もしバンドをやるなら、そういう覚悟でやりたいと思う。

そして、そこまでバンドに打ち込む覚悟がないからDTMしてるという側面もあります。

 

だって楽なんだもんよ!!!!!

関連記事

【募集】フォロワー参加型・ガヤ入れ企画というアイデア、ヤバい。

わたしも参加します。 カルロス袴田です。 戦友のお知らせ・告知・募集的な記事です。 &n

記事を読む

売れろ!バンド『MOLICE』

数年前から、「売れてほしーなぁ」と思いながら聴いているバンドがある。その名もMOLICE。グーグルに

記事を読む

「こうじゃなきゃ駄目」って考えるのが駄目

By: zeitfaenger.at[/caption] 既成概念とか、常識といったものがあ

記事を読む

てーきゅうOP全曲購入してもうた

出典http://u999u.info/ltyS   名曲メニメニマニ

記事を読む

端的に言えばSilent Sirenが怖い

Silent Sirenというバンドのことを最近知った。きっかけは地下室TIMESさんの記事だったん

記事を読む

激しいミスチルを聴け、聴くのだ。

少年少女よ、ミスチルを誤解するな。 奴らはお前らが思うようなバンドじゃない。 俺のミスチ

記事を読む

間違いなく大丈夫じゃない男 大丈夫P

「最近のボカロ界隈、マジつまんねーよな」と、シケた顔でビール飲んでるあなたに朗報です。まだまだボカロ

記事を読む

頑張れDroog

(画像はこちらより)   Droogを初めて聴いた時の衝撃とい

記事を読む

ミスチルのUSBアルバムへの批判について

By: Emilian Robert Vicol[/caption] 発表当時は叩く連中もい

記事を読む

LINE Music使ってみたぞぞいのぞい

遂にきましたね。 日本でもストリーミング音楽配信の夜明けです。 LINE Mus

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑