*

音楽ストリーミングはGoogle Play Musicで決まりか。

(画像はこちらより)

Google Play Music、良いです。AWAとかLINEとか試してみましたが、いちばん良かったのはGoogle。アップルへの最強の対抗馬とも言われているようですな。

 

何が良いってあんた

ストリーミング音楽サービスを使ってて、ひたすらにストレスだったのが

 

①動作がクッソ重い

②端末に保存してある曲を再生するためにプレイヤーを切り替える必要がある

 

この二点でした。AWAはほんとーに重かった。見た目かっこいいのに、損だよなぁ。今はもうわからんけど。

 

Google Play MusicとApple Musicが共通してクリアしているのが、②なのです。ストリーミングで曲を聴いてるときに、ふと「次は端末に入っているあの曲がいいな」と思ったら、アプリを切り替えることなく移行できるのです。これは嬉しかった。

 

そのおかげで、自分の端末に保存されてるアイマス曲があたかも配信されているかのように表示され、僕は「Googleやべぇwwwwwアイマスめっちゃあるやんwwwwwwwwッホホホ」とかいうアホ丸出しの反応をしていました。現状、アイマス公式楽曲はGoogle Play Musicでは配信されておりません。残念。

 

とはいえシンデレラプロジェクトあたりは今後配信予定ありそうな気がするので期待です。

 

動作も文句なしに軽いです。止まったーってことがない。

 

なにげに嬉しいのは、アーティストページ飛ぶとWikipediaから引っ張ってきたアーティスト概要が見れることですね。分かってるなーって感じ。

 

 

あとは通信制限との闘いです

ストリーミング系サービスの宿命として、やはりパケットの問題があります。ポケットWi-fi持ってる方はそんな悩みと無縁なのでしょうが、僕のような貧民はLTEに魂を縛られた古い地球人なのです。なので、そこまで頻繁にお外では使う気になれないのが実情。

 

とはいえ、あんまりヘヴィに使わなければ数ギガバイトも通信しません。Youtubeとか見るよりはるかに通信料は少ないのです。一曲たかがか数メガの世界ですよ。

 

あと、Google Play Musicはパソコンとライブラリ共有が可能ですので、基本的には家のパソコンで使う方が理にかなってるんじゃないですかね。もしかすると。Googleドライブに保存したデータをスマホでストリーミングすることも可能なんですとよ。使ってないですが。

 

てなわけで、僕のプレイリストにはポリシックスとか大森靖子とか懐かしのA&Rとかメシュガーとかぶち込みまくったおかげで、とてもカオスなことになっています。まさかメシュガーがあるなんてなぁ。

 

あと、NONA REEVESも聴けるのです。こんなに嬉しいことはない。スマホにあるんですけど

 

 

唯一の難点を挙げるとすれば、スマホだとホームボタンがない。これだけ直してほしいです。あとはすごく良いので。

関連記事

売れろ!バンド『MOLICE』

数年前から、「売れてほしーなぁ」と思いながら聴いているバンドがある。その名もMOLICE。グーグルに

記事を読む

落ち込んだ時に『効く』音楽と歌詞6つ

時には落ち込むこともある。誰だってそうなのかもしれない。大抵の場合、腹が減ってるか眠いか。そのどちら

記事を読む

「面白さ」を絶対的な基準と考えて図解してみたので見てくれ。

      面白いものを作る人は、本当に世の中にいっ

記事を読む

頑張れDroog

(画像はこちらより)   Droogを初めて聴いた時の衝撃とい

記事を読む

宇多丸vs般若がほぼ ”宇多丸VS品川” だった件

宇多丸と般若のバトル、面白かったですね。かなり早々に決着はついたものの、日本のヒップホップ界における

記事を読む

LINE Music使ってみたぞぞいのぞい

遂にきましたね。 日本でもストリーミング音楽配信の夜明けです。 LINE Mus

記事を読む

間違いなく大丈夫じゃない男 大丈夫P

「最近のボカロ界隈、マジつまんねーよな」と、シケた顔でビール飲んでるあなたに朗報です。まだまだボカロ

記事を読む

てーきゅうOP全曲購入してもうた

出典http://u999u.info/ltyS   名曲メニメニマニ

記事を読む

THIS IS NATSできみも洗脳されよう

大森靖子とか大丈夫Pとか、最近紹介した音楽がとんでもなく濃厚だったり、ハードだったりでした。なので今

記事を読む

バンドをやれる人はすごい

↑去年描いた絵ですが、どんだけ適当な仕事してるんだ俺は。 バンドは人と組まなくては

記事を読む

C92で出した本の紹介

こんな本を出しました。 ↓ピアプロリンクです。

承認欲求と『嫌われる勇気』。他人の評価が気になるひとへ

世は「大承認欲求時代」ッ!! カルロス袴田(@hakamad)です。

再生数・閲覧数が伸びないときのメンタルの保ち方

カルロス袴田(@hakamad)です。ボカロPをしています。

なにが「面白い」か分からないひとへ。作品への情熱をとりもどす3つの提案

どうも、カルロス袴田(@hakamad)です。 創作してると、面

【自由研究】砂漠から生まれるもの

カルロス袴田(@hakamad)です。普段熱心に環境問題を考えることは

→もっと見る

PAGE TOP ↑