*

音楽ストリーミングはGoogle Play Musicで決まりか。

(画像はこちらより)

Google Play Music、良いです。AWAとかLINEとか試してみましたが、いちばん良かったのはGoogle。アップルへの最強の対抗馬とも言われているようですな。

 

何が良いってあんた

ストリーミング音楽サービスを使ってて、ひたすらにストレスだったのが

 

①動作がクッソ重い

②端末に保存してある曲を再生するためにプレイヤーを切り替える必要がある

 

この二点でした。AWAはほんとーに重かった。見た目かっこいいのに、損だよなぁ。今はもうわからんけど。

 

Google Play MusicとApple Musicが共通してクリアしているのが、②なのです。ストリーミングで曲を聴いてるときに、ふと「次は端末に入っているあの曲がいいな」と思ったら、アプリを切り替えることなく移行できるのです。これは嬉しかった。

 

そのおかげで、自分の端末に保存されてるアイマス曲があたかも配信されているかのように表示され、僕は「Googleやべぇwwwwwアイマスめっちゃあるやんwwwwwwwwッホホホ」とかいうアホ丸出しの反応をしていました。現状、アイマス公式楽曲はGoogle Play Musicでは配信されておりません。残念。

 

とはいえシンデレラプロジェクトあたりは今後配信予定ありそうな気がするので期待です。

 

動作も文句なしに軽いです。止まったーってことがない。

 

なにげに嬉しいのは、アーティストページ飛ぶとWikipediaから引っ張ってきたアーティスト概要が見れることですね。分かってるなーって感じ。

 

 

あとは通信制限との闘いです

ストリーミング系サービスの宿命として、やはりパケットの問題があります。ポケットWi-fi持ってる方はそんな悩みと無縁なのでしょうが、僕のような貧民はLTEに魂を縛られた古い地球人なのです。なので、そこまで頻繁にお外では使う気になれないのが実情。

 

とはいえ、あんまりヘヴィに使わなければ数ギガバイトも通信しません。Youtubeとか見るよりはるかに通信料は少ないのです。一曲たかがか数メガの世界ですよ。

 

あと、Google Play Musicはパソコンとライブラリ共有が可能ですので、基本的には家のパソコンで使う方が理にかなってるんじゃないですかね。もしかすると。Googleドライブに保存したデータをスマホでストリーミングすることも可能なんですとよ。使ってないですが。

 

てなわけで、僕のプレイリストにはポリシックスとか大森靖子とか懐かしのA&Rとかメシュガーとかぶち込みまくったおかげで、とてもカオスなことになっています。まさかメシュガーがあるなんてなぁ。

 

あと、NONA REEVESも聴けるのです。こんなに嬉しいことはない。スマホにあるんですけど

 

 

唯一の難点を挙げるとすれば、スマホだとホームボタンがない。これだけ直してほしいです。あとはすごく良いので。

関連記事

江崎びす子の性別が男と知った時の衝撃

画像はメンヘラチャン公式Tumblrより   メンヘラチャ

記事を読む

売れろ!バンド『MOLICE』

数年前から、「売れてほしーなぁ」と思いながら聴いているバンドがある。その名もMOLICE。グーグルに

記事を読む

「どんな音楽聴くの?」って言われて困るので対処法を考えた

By: kev-shine[/caption] 「音楽好きなんだぁ」  

記事を読む

THIS IS NATSできみも洗脳されよう

大森靖子とか大丈夫Pとか、最近紹介した音楽がとんでもなく濃厚だったり、ハードだったりでした。なので今

記事を読む

スクロールで読む次世代型ラノベサイト『ストリエ』が凄いじゃないか

こんなん絶対面白いやん。     朝からツイッターの広告で

記事を読む

激しいミスチルを聴け、聴くのだ。

少年少女よ、ミスチルを誤解するな。 奴らはお前らが思うようなバンドじゃない。 俺のミスチ

記事を読む

何度でも言うけど、ブログは金になるんだぞ

ブログは金になる。 (富の象徴・なすの先輩の画像はこちらより)  

記事を読む

アフィリエイターのブログがつまらない理由

アフィリエイターのブログは面白くないです。いきなりブッコみましたが、だってそうなんですものね

記事を読む

端的に言えばSilent Sirenが怖い

Silent Sirenというバンドのことを最近知った。きっかけは地下室TIMESさんの記事だったん

記事を読む

落ち込んだ時に『効く』音楽と歌詞6つ

時には落ち込むこともある。誰だってそうなのかもしれない。大抵の場合、腹が減ってるか眠いか。そのどちら

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑