*

「漫画の資料ドットネット」が安い。冷静に考えると安い

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 インターネッツ, 漫画について

 

きのうツイッターで見かけたのでご紹介します。漫画の資料ドットネットという背景資料の販売サービスです。

 

(画像は公式サイトより)

 

 

 

製作者はY氏は暇人を運営するY氏。

 

現在販売されているなかでは、地方の商店街・路地裏というのが汎用性ありそうな感じですね。こちらは200枚収録で、1980円。1枚あたり10円くらいです。1980円という値段を安いと考えるか、高いと感じるかは人それぞれだとは思いますが、こちらはトレースし放題の素材であるというのが特徴といえます。

 

 

また、ダウンロード販売ということですので、背景カタログを買って下書きから入るよりもはるかに楽であることは間違いありません。自分で背景写真を撮影してくれば、そりゃータダで済むものの、個人の労力には限界があります。撮影に使うエネルギーと時間とてんびんにかけるなら、1980円という価格設定は安いのではと思われます。

 

 

基本、漫画の背景資料って数が多い方が楽です。圧倒的に楽。背景を描く時は、「こういう背景描くぞー」っつって鼻くそほじりながら資料探したり撮影しに行くことが多いのですが、やっぱり参考になる写真って多ければ多いほど描きやすいです。逆に言えば、写真数枚で納得いく背景が描けるほど絵が上手な人間ってそこまで多くない。そこで、圧倒的な枚数の写真を参考にできるとほんとうに助かる。

 

 

写真を撮影してきてパソコンに入れて…って手間を短縮できると考えれば時間効率もアップしそうですな。

 

 

漫画の資料ドットネットでは人物のポーズ集も販売しており、セーラー服女子高生なんかもあります。かわいい。見てるだけでもかわいい。

 

(こちらも公式ページより)

 

 

昨日ひさびさに写真みながら人体を描いたのですが、やっぱり安定感がまるで違いますので、ポーズ集も気になるところです。どのくらい突っ込んだポーズがあるのだろうか。今後他のコンテンツが販売予定となっているようですので、期待しております。

 

 

ポーズ集はこちらも気になっております。荒木飛呂彦が帯コメント書いてた記憶があります。

関連記事

漫画で金を得る方法~web漫画の収益化~

最近新しい肩書として、「インターネット漫画マン」というものを考えました。Twitterのプロフにしま

記事を読む

読切『ゲルシュテンドルゴゴ族』がジャンプルーキーで読めるぞ

出来ました。昨日の夜。新作読み切り15ページでございます。   &nb

記事を読む

なぜ打ち切ったアクション! りとる・けいおす2巻の感想

 現代ギャグ漫画の「本物」が打ち切られた。 photo by http://urx2.nu/n7

記事を読む

no image

絵が上達する近道を考える

  絵が上手くなりたい。それにしてもなりたい。とにかく上手く描けるに越したことは

記事を読む

ファミレス・喫茶店でネームするアレについて

久々に外でネームやってきたら、死ぬほど捗ったので理由を考えてみた。   家

記事を読む

2015年9月の活動を振り返らんとす

9月があっとういう間に終わってしまいましたが、みなさんいかがお過ごしでしたでしょうか。カルロ

記事を読む

キャラクターをつくる方法とか、参考になる漫画とか。

  実験的に数日間ブログの更新をやめてみたところ、なんだか心身ともに調子が悪

記事を読む

ペンネームの決め方!なかなか決まらないペンネームを考える

By: Drew Coffman[/caption] ペンネームの決め方 ペンネームとは、自分

記事を読む

3巻出ました! ヤマシタトモコ『さんかく窓の外側は夜』が怖い

※↑2016年3月追記。出ました最新刊。   (画像はこちらより)

記事を読む

作品と同じくらい作者がコンテンツになる

ウイッス。   漫画描いてる人です。 リバーサイドティーンズ

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑