*

下ネタに敬礼せよ 漫画『UNCOntrollable』宮場弥二郎

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 漫画について

※下ネタです

 

久々に、剛速球の下ネタ漫画です。僕ももっと頑張ろうという気になりました。タイトルからして素晴らしい『UNCOntrollable』という作品です。作者は宮場弥二郎。

 

もはや表紙からしてお察しな内容ですが、簡単に内容を説明しますと、「女子高生がウンコとかゲロとかを我慢する様子を延々描き続ける」というものです。ブログに書くだけでもグーグルから怒られそうな内容なのですが、本当にその通りの漫画となっております。

 

『UNCO』の魅力

ひたすら何かを我慢するという状況は、ある意味サスペンスめいた危機感ともいえるわけです。極限状態にある自分。日常生活に織り込まれる、急激な社会的デンジャラス。ある意味日常系の進化形ともいえるのではないでしょうか。

 

誰しもが日常、ウンコを我慢するという機会を得ます(僕は月イチぐらいで漏らします)。それをチャンスと呼ぶか悪夢と呼ぶかは人それぞれとして、ウンコやゲロ、おしっこの我慢というのは人類共通の苦しみでもあるわけです。そういった意味で、読者を物語に引きずり込むパワーを十分に秘めている漫画であるといえましょう。素晴らしいアイデアです。

 

この手の漫画には必ずといっていいほどの(ウンコを我慢するという情けないシチュエーションにそぐわない)「大仰な言い回し」ですとか、いわゆる中二病的なセリフ回しなんかもすごくよくできていて、スルスルと読める作品となっております。

 

あと凄いなぁと思ったのは、下ネタにさらにかぶさっていく下ネタの軽快さですよね。もう本当に汚い。この辺に関しては卒業式のエピソードがとても良いです。

 

 

下ネタの安心感

僕の話で恐縮なのですが、下ネタが大好きなんです。3度の飯と同じくらいに好きです。それはやっぱり、下ネタが社会的に軽いタブーであるということもあるんですが、それは建前だなぁと感じます。

 

下ネタは、全人類が共有できるジャンルなのだと、僕は思います。

 

フランスパンで歯を折ったことのある人間よりも、ウンコを我慢したことのある人間の方が圧倒的多数でしょう。そういうことです。

 

多数派が偉いというわけではありませんが、それだけ下ネタは懐の広いモチーフであると、僕は思うのです。

 

関連記事

作品と同じくらい作者がコンテンツになる

ウイッス。   漫画描いてる人です。 リバーサイドティーンズ

記事を読む

ペン入れ練習の方法を考える

  モソモソとペン入れ練習と、アイデア出しを兼ねて落書きをしておりました。

記事を読む

クリスタEXにする利点はやっぱ「線画抽出」でしょう!

クリスタをEXにする利点は、何といっても線画抽出機能でございましょう。先ほどクリスタEXに乗

記事を読む

『習慣の動物』になる生き方

例によって特に意味のない落書きです。   この記事にて引用されている村

記事を読む

いまKindleちょっと安いよという話

涼川りん先生公式ブログより   電子書籍を圧倒的に支持するオッサンと化

記事を読む

映画バクマン主題歌が『新宝島』って良いよなぁ

新宝島と言やぁよぉ 手塚先生ですよ。   漫画の歴史を変えた決定

記事を読む

Q.質と量、どっちが大事? A.両方やれ

僕は努力が好きだ。一人で黙々と作業をしている自分が大好きだ。本当にキモい。  

記事を読む

漫画で金を得る方法~web漫画の収益化~

最近新しい肩書として、「インターネット漫画マン」というものを考えました。Twitterのプロフにしま

記事を読む

デジタルで絵を描く利点って結構あるのよ。

気が付くと小鳥さんを描いています。カルロス袴田です。   デジタルに移行し

記事を読む

Web漫画家の未来 収入とか収益化とか

すっかりパソコンやスマホで漫画を読む機会が多くなった。   というか、

記事を読む

no image
読んだ本:六道の悪女たち

超面白いので全員読んでください。

no image
読んだ本:個人的な体験/大江健三郎

実体験をベースに書かれた作品とのこと。或る強烈な葛藤に苛まれ

no image
読んだ本:最後にして最初のアイドル

えらいよかったです。SF。ジャンル名に詳しくはない

「再利用されたコンテンツ」でYouTube収益化停止されたボカロPが復活までにやった対策

2018年末くらいから頻発しているらしい、「再利用されたコンテンツ」と

no image
保護中: 【FANBOX限定未公開曲】『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』

『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』という曲です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑