*

下ネタに敬礼せよ 漫画『UNCOntrollable』宮場弥二郎

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 漫画について

※下ネタです

 

久々に、剛速球の下ネタ漫画です。僕ももっと頑張ろうという気になりました。タイトルからして素晴らしい『UNCOntrollable』という作品です。作者は宮場弥二郎。

 

もはや表紙からしてお察しな内容ですが、簡単に内容を説明しますと、「女子高生がウンコとかゲロとかを我慢する様子を延々描き続ける」というものです。ブログに書くだけでもグーグルから怒られそうな内容なのですが、本当にその通りの漫画となっております。

 

『UNCO』の魅力

ひたすら何かを我慢するという状況は、ある意味サスペンスめいた危機感ともいえるわけです。極限状態にある自分。日常生活に織り込まれる、急激な社会的デンジャラス。ある意味日常系の進化形ともいえるのではないでしょうか。

 

誰しもが日常、ウンコを我慢するという機会を得ます(僕は月イチぐらいで漏らします)。それをチャンスと呼ぶか悪夢と呼ぶかは人それぞれとして、ウンコやゲロ、おしっこの我慢というのは人類共通の苦しみでもあるわけです。そういった意味で、読者を物語に引きずり込むパワーを十分に秘めている漫画であるといえましょう。素晴らしいアイデアです。

 

この手の漫画には必ずといっていいほどの(ウンコを我慢するという情けないシチュエーションにそぐわない)「大仰な言い回し」ですとか、いわゆる中二病的なセリフ回しなんかもすごくよくできていて、スルスルと読める作品となっております。

 

あと凄いなぁと思ったのは、下ネタにさらにかぶさっていく下ネタの軽快さですよね。もう本当に汚い。この辺に関しては卒業式のエピソードがとても良いです。

 

 

下ネタの安心感

僕の話で恐縮なのですが、下ネタが大好きなんです。3度の飯と同じくらいに好きです。それはやっぱり、下ネタが社会的に軽いタブーであるということもあるんですが、それは建前だなぁと感じます。

 

下ネタは、全人類が共有できるジャンルなのだと、僕は思います。

 

フランスパンで歯を折ったことのある人間よりも、ウンコを我慢したことのある人間の方が圧倒的多数でしょう。そういうことです。

 

多数派が偉いというわけではありませんが、それだけ下ネタは懐の広いモチーフであると、僕は思うのです。

 

関連記事

江崎びす子の性別が男と知った時の衝撃

画像はメンヘラチャン公式Tumblrより   メンヘラチャ

記事を読む

いまKindleちょっと安いよという話

涼川りん先生公式ブログより   電子書籍を圧倒的に支持するオッサンと化

記事を読む

黒髪ツヤベタの塗り方・練習法 3パターン講座

ツヤベタについていろいろ模索したので、その中から3パターンを講座っぽくまとめてみました。 &n

記事を読む

読み続けたい漫画の条件を考える

読み続けたい漫画の条件とは何なのでしょう。 「面白い漫画」の条件は多く語られますが、 最

記事を読む

クリスタEXにする利点はやっぱ「線画抽出」でしょう!

クリスタをEXにする利点は、何といっても線画抽出機能でございましょう。先ほどクリスタEXに乗

記事を読む

漫画家はもっとセルフブランディングするべき

セルフブランディングって何だよォォォォ!!!! という声も聞こえてきそうなので、説明いたします。別

記事を読む

ペンネームの決め方!なかなか決まらないペンネームを考える

By: Drew Coffman[/caption] ペンネームの決め方 ペンネームとは、自分

記事を読む

24時間生きてて「ネタがない」ってことはない

ブログにしても、漫画にしても「ネタがない」なんてよく言われる。書きたいけど、何について書いたらいいか

記事を読む

りとる・けいおすLINEスタンプ発売を祈る記事

りとるけいおすLINEスタンプ発売を後押しするための記事です。みんな読もう、『りとる・けいおす』。

記事を読む

キャラクターをつくる方法とか、参考になる漫画とか。

  実験的に数日間ブログの更新をやめてみたところ、なんだか心身ともに調子が悪

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑