*

ペンネームの決め方!なかなか決まらないペンネームを考える

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 漫画について

ペンネームの決め方

ペンネームとは、自分が作品を発表するうえでの名刺ともいえるモノです。ネット上ではハンドルネーム、ハガキ職人ならラジオネーム。いろいろ呼び名はありますが、要は「偽名」です。自分の名乗りたいもんを名乗ればよい。解散!

 

 

となってしまうとこの記事も終わってしまいますので、もう少し考えてみましょうか。

 

 

世の中には実に多様なペンネームが存在します。ペンネームの数だけ、その決め方や「決まらない!」といった悩みがあると考えれば、なんだか胸熱ですな。みなさんにはぜひ、「これだ!」というペンネームを見つけていただきたいと思います。ではいってみましょう。

 

 

ペンネームの種類

ペンネームを使う以上、やっぱり覚えてもらえた方が何かとお得です。そこでいくつか、僕が面白いと思ったペンネームの例を挙げてみます。プロが使ってるようなペンネームですから、参考にしてみるとヨイでしょう。

 

 

漢字系

荒木飛呂彦先生が、ヒロヒコというお名前ではなく「利之」という本名だと知ったとき、僕は仰天してしまいました。なぜヒロヒコという読み方を採用したのかは分かりませんが、荒木先生のミステリアスで緊張感溢れる作風と、「飛呂彦」という奇妙な字面が、いかにもマッチしているように思えます。カッコいいですね。

 

こんな風に、漢字をもじるタイプのペンネームを使われている作家の先生は多いように感じます。僕の好きな久保帯人先生とかも、いいですね。最近の単行本では「kubotite」という表記がされています。「tite」ですよ。これもまさしく、作風に合わせたネーミングですね。

 

 

漫画家よりも、小説家のペンネームはもっと珍妙なように感じます。絵ではなく、言葉のみで勝負する仕事ですから、より言葉選びには気を遣っている印象です。その中でも完成度の高いペンネームとして挙げられるのは「西尾維新」先生でございます。「NISIONSIN」という、ローマ字表記にするとまさかの点対称となるペンネームです。ひっくり返しても、頭を逆さにしても読める、という意味ですな。これは凄い。トリッキーで人を食った作風ならではの工夫といえます。

 

 

外人系

カルロス袴田。どうも、僕です。

漫画描いてます!よろしくね( ◜◡^)つ『ゲルシュテンドルゴゴ族』

 

僕がなぜカルロス袴田なのかといいますと、諸事情でペンネームを決めざるを得ない瞬間が訪れたとき、たまたま気になっていたギタリストの「カルロス・サンタナ」が思い浮かんだので、苗字とくっつけただけです。別に、熱狂的サンタナファンというわけではございません。

 

しいて言えば、ちょっと古臭い印象がありますよね。ジャイアンの妹であるクリスチーネ剛田みたいな。それもまた乙なもんです。有名どころではジョージ秋山、ハロルド作石などなど。こちらも個性的な作家さんが多いです。

 

 

カタカナ、ローマ字系

ネットでよく見るペンネーム(ハンドルネーム)ですね。ツイッターなんかの影響もあり、ローマ字で簡潔なお名前を名乗る方も増えているように感じます。読み方も謎めいており、ブラックロックシューターで有名な「huke(フケ)」さんとか、「ヒュークじゃないのね!」と感動しました。イラストレーターですとか同人作家、あとは成人漫画家なんかに多いですね。toshとか。

 

 

簡潔でスタイリッシュなのは良いですが、個人的には覚えづらいとも感じてしまいます。根本的に、ペンネームよりも作品で印象付けるべきというのもありますが。覚えづらいよりは覚えやすいほうがよいと思いますねぇ。

 

 

そういう意味で、「なまにくATK」とか、どうあがいても印象に残るからすげーなぁと思いました。ちなみにゴルダック漫画を描いているtoufuさんもこのタイプのペンネームですな。

関連:このゴルダック漫画が凄い!豆腐(toufu)ワールドにようこそ

 

 

ペンネームの決め方、まとめ。

トラディショナルな漢字系。

ちょっとクラシックな外人系。

最先端をゆくカタカナ・ローマ字系。

 

どれを選ぶかはみなさま次第です。

僕はわりと長きに渡り、カルロス袴田を名乗り続けておりますので、ちょっと愛着がわいてしまいました。なので、もう少し使い続けるかなぁと思います。

 

 

みなさまも、面白いペンネームを考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

例に挙げなかったけど、やっぱ「ちょぼらうにょぽみ」のインパクトはすげーわ。

関連記事

no image

絵が上達する近道を考える

  絵が上手くなりたい。それにしてもなりたい。とにかく上手く描けるに越したことは

記事を読む

ペン入れ練習の方法を考える

  モソモソとペン入れ練習と、アイデア出しを兼ねて落書きをしておりました。

記事を読む

このゴルダック漫画が凄い!豆腐(toufu)ワールドにようこそ

みんな大好きポケモン漫画ですが、非公式の世界にとんでもない実力者がいるものです。その名はtoufu。

記事を読む

偉大なるあぶら身! 漫画の「無駄ゴマ」を考察する

「無駄ゴマ」に関するかとうひろし先生のツイートが話題に。 言葉だけでは伝わりづらいので、「無駄

記事を読む

『漫勉』にあって『マンガノゲンバ』になかったもの

(画像はこちらから) 『浦沢直樹の漫勉』。最近でもっとも面白いテレビ番組なんじゃないか

記事を読む

web漫画のコマ割りこそが漫画の最新型なのか?視線誘導のアレコレ

漫画のコマ割り、たのしいですよね。苦しいときもありますが、上手くいくと楽しいですよね。コマ割といえば

記事を読む

映画バクマン主題歌が『新宝島』って良いよなぁ

新宝島と言やぁよぉ 手塚先生ですよ。   漫画の歴史を変えた決定

記事を読む

江崎びす子の性別が男と知った時の衝撃

画像はメンヘラチャン公式Tumblrより   メンヘラチャ

記事を読む

3巻出ました! ヤマシタトモコ『さんかく窓の外側は夜』が怖い

※↑2016年3月追記。出ました最新刊。   (画像はこちらより)

記事を読む

デジタルで絵を描く利点って結構あるのよ。

気が付くと小鳥さんを描いています。カルロス袴田です。   デジタルに移行し

記事を読む

C92で出した本の紹介

こんな本を出しました。 ↓ピアプロリンクです。

承認欲求と『嫌われる勇気』。他人の評価が気になるひとへ

世は「大承認欲求時代」ッ!! カルロス袴田(@hakamad)です。

再生数・閲覧数が伸びないときのメンタルの保ち方

カルロス袴田(@hakamad)です。ボカロPをしています。

なにが「面白い」か分からないひとへ。作品への情熱をとりもどす3つの提案

どうも、カルロス袴田(@hakamad)です。 創作してると、面

【自由研究】砂漠から生まれるもの

カルロス袴田(@hakamad)です。普段熱心に環境問題を考えることは

→もっと見る

PAGE TOP ↑