*

ペンネームの決め方!なかなか決まらないペンネームを考える

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 漫画について

ペンネームの決め方

ペンネームとは、自分が作品を発表するうえでの名刺ともいえるモノです。ネット上ではハンドルネーム、ハガキ職人ならラジオネーム。いろいろ呼び名はありますが、要は「偽名」です。自分の名乗りたいもんを名乗ればよい。解散!

 

 

となってしまうとこの記事も終わってしまいますので、もう少し考えてみましょうか。

 

 

世の中には実に多様なペンネームが存在します。ペンネームの数だけ、その決め方や「決まらない!」といった悩みがあると考えれば、なんだか胸熱ですな。みなさんにはぜひ、「これだ!」というペンネームを見つけていただきたいと思います。ではいってみましょう。

 

 

ペンネームの種類

ペンネームを使う以上、やっぱり覚えてもらえた方が何かとお得です。そこでいくつか、僕が面白いと思ったペンネームの例を挙げてみます。プロが使ってるようなペンネームですから、参考にしてみるとヨイでしょう。

 

 

漢字系

荒木飛呂彦先生が、ヒロヒコというお名前ではなく「利之」という本名だと知ったとき、僕は仰天してしまいました。なぜヒロヒコという読み方を採用したのかは分かりませんが、荒木先生のミステリアスで緊張感溢れる作風と、「飛呂彦」という奇妙な字面が、いかにもマッチしているように思えます。カッコいいですね。

 

こんな風に、漢字をもじるタイプのペンネームを使われている作家の先生は多いように感じます。僕の好きな久保帯人先生とかも、いいですね。最近の単行本では「kubotite」という表記がされています。「tite」ですよ。これもまさしく、作風に合わせたネーミングですね。

 

 

漫画家よりも、小説家のペンネームはもっと珍妙なように感じます。絵ではなく、言葉のみで勝負する仕事ですから、より言葉選びには気を遣っている印象です。その中でも完成度の高いペンネームとして挙げられるのは「西尾維新」先生でございます。「NISIONSIN」という、ローマ字表記にするとまさかの点対称となるペンネームです。ひっくり返しても、頭を逆さにしても読める、という意味ですな。これは凄い。トリッキーで人を食った作風ならではの工夫といえます。

 

 

外人系

カルロス袴田。どうも、僕です。

漫画描いてます!よろしくね( ◜◡^)つ『ゲルシュテンドルゴゴ族』

 

僕がなぜカルロス袴田なのかといいますと、諸事情でペンネームを決めざるを得ない瞬間が訪れたとき、たまたま気になっていたギタリストの「カルロス・サンタナ」が思い浮かんだので、苗字とくっつけただけです。別に、熱狂的サンタナファンというわけではございません。

 

しいて言えば、ちょっと古臭い印象がありますよね。ジャイアンの妹であるクリスチーネ剛田みたいな。それもまた乙なもんです。有名どころではジョージ秋山、ハロルド作石などなど。こちらも個性的な作家さんが多いです。

 

 

カタカナ、ローマ字系

ネットでよく見るペンネーム(ハンドルネーム)ですね。ツイッターなんかの影響もあり、ローマ字で簡潔なお名前を名乗る方も増えているように感じます。読み方も謎めいており、ブラックロックシューターで有名な「huke(フケ)」さんとか、「ヒュークじゃないのね!」と感動しました。イラストレーターですとか同人作家、あとは成人漫画家なんかに多いですね。toshとか。

 

 

簡潔でスタイリッシュなのは良いですが、個人的には覚えづらいとも感じてしまいます。根本的に、ペンネームよりも作品で印象付けるべきというのもありますが。覚えづらいよりは覚えやすいほうがよいと思いますねぇ。

 

 

そういう意味で、「なまにくATK」とか、どうあがいても印象に残るからすげーなぁと思いました。ちなみにゴルダック漫画を描いているtoufuさんもこのタイプのペンネームですな。

関連:このゴルダック漫画が凄い!豆腐(toufu)ワールドにようこそ

 

 

ペンネームの決め方、まとめ。

トラディショナルな漢字系。

ちょっとクラシックな外人系。

最先端をゆくカタカナ・ローマ字系。

 

どれを選ぶかはみなさま次第です。

僕はわりと長きに渡り、カルロス袴田を名乗り続けておりますので、ちょっと愛着がわいてしまいました。なので、もう少し使い続けるかなぁと思います。

 

 

みなさまも、面白いペンネームを考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

例に挙げなかったけど、やっぱ「ちょぼらうにょぽみ」のインパクトはすげーわ。

関連記事

読切『ゲルシュテンドルゴゴ族』がジャンプルーキーで読めるぞ

出来ました。昨日の夜。新作読み切り15ページでございます。   &nb

記事を読む

「こうじゃなきゃ駄目」って考えるのが駄目

By: zeitfaenger.at[/caption] 既成概念とか、常識といったものがあ

記事を読む

読み続けたい漫画の条件を考える

読み続けたい漫画の条件とは何なのでしょう。 「面白い漫画」の条件は多く語られますが、 最

記事を読む

Q.質と量、どっちが大事? A.両方やれ

僕は努力が好きだ。一人で黙々と作業をしている自分が大好きだ。本当にキモい。  

記事を読む

キャラクターをつくる方法とか、参考になる漫画とか。

  実験的に数日間ブログの更新をやめてみたところ、なんだか心身ともに調子が悪

記事を読む

下ネタに敬礼せよ 漫画『UNCOntrollable』宮場弥二郎

※下ネタです   久々に、剛速球の下ネタ漫画です。僕ももっと頑張ろうという

記事を読む

りとる・けいおすLINEスタンプ発売を祈る記事

りとるけいおすLINEスタンプ発売を後押しするための記事です。みんな読もう、『りとる・けいおす』。

記事を読む

no image

絵が上達する近道を考える

  絵が上手くなりたい。それにしてもなりたい。とにかく上手く描けるに越したことは

記事を読む

黒髪ツヤベタの塗り方・練習法 3パターン講座

ツヤベタについていろいろ模索したので、その中から3パターンを講座っぽくまとめてみました。 &n

記事を読む

BLEACH69巻感想をネタバレしないよう頑張る

http://urx.nu/n5i2より[/caption] 気が付いたら出ていてび

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑