*

ペン入れ練習の方法を考える

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 漫画について , , , ,

 

モソモソとペン入れ練習と、アイデア出しを兼ねて落書きをしておりました。

 

 

思いつくままにペンを走らせるのは、僕にとってはウンコを出すかのようにスッキリ爽快な気分になります(このブログの読者の9割である女子中学生の皆さんにとっては汚い話で申し訳ない)。

 

 

ペン入れの練習方法とは

 

 

原稿描くのが一番です。身もふたもございませんですね。すんません。でも事実なのよ。

 

 

ペン入れの最終目的を考えてみましょう。原稿でカッコいい線を引くことですよね。じゃあ原稿描かなきゃいけないわけです。本番が一番の練習。これ一番言われてるから。

 

 

そしてこれは、10年前の僕にも言いたいことなのです。漫画家志望の9割が、なぜか漫画を描きません。原稿用紙を真っ白に保っておくことに心血を注ぎます。そしてノートに増えていく、なんの足しにもならない落書きなのだ。おお、恐ろしい!

 

 

佐藤秀峰先生も仰っています。

 

 

Q.漫画家になるにはどうしたらよいでしょうか?

A.漫画を描いてください。

超これ。

練習と経験値

何でもそうですが、練習という行為が成り立つのは、そこに経験値が存在するかどうかです。「やっただけ」の練習は、本当に意味がないです。塩でも舐めてたほうがマシです。

 

 

たとえば、これ僕にも言える話でほんと恐縮なんですけど、「背景が描けない」漫画家志望って本当に多いです。実はこれ、背景が描けないわけではないんです。「背景を描くための努力がクソ面倒くさい」から描かないだけなんです。クズですよ。

 

 

適当にたたずんでる女の子とかなら、はっきり言って誰でも描けます。腕が動けば描けるんです。それは、描き方を覚えてるから。それに対して、背景ってあんまり通ってこなかった漫画家志望が多いんです。だから描けない。描いたことないから、描けない。だから描かなくなるんですね。習慣の話なのです。

 

 

っつーわけで練習の話に戻ります。原稿を描くと、嫌でも背景を描かなくてはいけません。普通の漫画で背景のない作品は、とっても寂しい見た目になってしまいます。なので、描きます。血反吐を吐きながら描きます。

 

 

これが練習です。出来ないことを、出来るようにするために前身する。これによって効率的に経験値が溜まります。

 

 

さらにいえば、原稿とは「自分の描きたいものの塊」であるわけで、「目標」であるとも言えます。ですので、作品を描くために努力することが、結局いちばん近道なのですね。描きたいけど描けないものをひたすら攻略していくのが、作品づくりです。楽しいね。

 

 

出来ることだけやるのは楽しいですが、ドラクエで言えばそれは、アリアハンの脇で延々スライムをブッ倒し続けて俺ツエーしてるのと同じなのですよ。勇者なら進まんといけない。アリアハンの調査兵団として起業したい、とかなら別ですが、勇者ならきちんと装備整えて大陸渡らないと、お話にならないわけです。

 

 

頑張ろうぜ、お互いに。僕は最近いっかくうさぎを倒しはじめた気分です。超強い。

関連記事

読み続けたい漫画の条件を考える

読み続けたい漫画の条件とは何なのでしょう。 「面白い漫画」の条件は多く語られますが、 最

記事を読む

江崎びす子の性別が男と知った時の衝撃

画像はメンヘラチャン公式Tumblrより   メンヘラチャ

記事を読む

no image

絵が上達する近道を考える

  絵が上手くなりたい。それにしてもなりたい。とにかく上手く描けるに越したことは

記事を読む

九井諒子と枠物語の技巧

  『ダンジョン飯』があまりに良すぎて、既刊の短編集をすべて購入して

記事を読む

Web漫画家の未来 収入とか収益化とか

すっかりパソコンやスマホで漫画を読む機会が多くなった。   というか、

記事を読む

ペンネームの決め方!なかなか決まらないペンネームを考える

By: Drew Coffman[/caption] ペンネームの決め方 ペンネームとは、自分

記事を読む

『漫勉』にあって『マンガノゲンバ』になかったもの

(画像はこちらから) 『浦沢直樹の漫勉』。最近でもっとも面白いテレビ番組なんじゃないか

記事を読む

Q.質と量、どっちが大事? A.両方やれ

僕は努力が好きだ。一人で黙々と作業をしている自分が大好きだ。本当にキモい。  

記事を読む

ファミレス・喫茶店でネームするアレについて

久々に外でネームやってきたら、死ぬほど捗ったので理由を考えてみた。   家

記事を読む

BLEACH68巻感想をネタバレしないよう頑張る

そういえば次69巻だから檜佐木が表紙とか、ねーよな。 ねーよ。  

記事を読む

C92で出した本の紹介

こんな本を出しました。 ↓ピアプロリンクです。

承認欲求と『嫌われる勇気』。他人の評価が気になるひとへ

世は「大承認欲求時代」ッ!! カルロス袴田(@hakamad)です。

再生数・閲覧数が伸びないときのメンタルの保ち方

カルロス袴田(@hakamad)です。ボカロPをしています。

なにが「面白い」か分からないひとへ。作品への情熱をとりもどす3つの提案

どうも、カルロス袴田(@hakamad)です。 創作してると、面

【自由研究】砂漠から生まれるもの

カルロス袴田(@hakamad)です。普段熱心に環境問題を考えることは

→もっと見る

PAGE TOP ↑