*

オタクのノリについて感じること

出典http://qq5qq.info/lJES

スクールカーストの影響というのは、計り知れないもんだなぁと最近思う。

①オタクとスクールカースト

 

この国がつくったシステムはうまく機能しているようで、

21世紀の昨今においても、

学校生活は社会生活の縮図足り得ている。

 

スクールカーストというのは、

いわば学校内での人間的序列を指すわけですが、

簡単に言えば

イケメン・リア充・かわいい系ギャル

がスクールカースト上位に位置するのに対し、

今ドキの子たちからすれば「陰キャ」

に属するのがスクールカースト下位となる。

 

僕なんていうのは、

もれなくスクールカースト下位だったわけです。

 

不思議なもんで、

僕がガキだったころ、

スクールカーストの同列にあった人間たちは

みんな同じような趣味を持っていた。

 

今でこそアニメや漫画なんて、

誰でも見てるもんになりつつあるけども、

当時はなにせ『電車男』が世間に受け入れられたのが

奇跡のような出来事に感じられたような時代です。

時代、といっても10年前のことですので、

あれは過渡期みたいなもんだったんだろう。

 

当時の僕といえば14歳の多感な時期で、

人の目を盗んでは桃井はるこの歌う楽曲で幸せになっていました。

 

当時のオタクの雰囲気は、

ゼロ年代の大学オタクサークルを描いた大名作

『げんしけん』初期がばっちり描いていると思う。

最近の『げんしけん』の変わり様がイヤだ、

って人も多いかもしれないんだけど、

あの変わり様自体が実は世相を映す鏡のような役割をしていると

僕は思います。

 

実際に、最近のネットユーザーであるとか

オタクの若い子たちの雰囲気って、

だいたいあんなぐらいオープンになっているのだと思う。

まぁよく知らんけど。

 

②オタクからみたリア充への羨望

 

前置きが長くなってしまった。

オタクの話をすると、つい長くなってしまう。

 

14歳の頃、常々感じていたのがリア充への嫉妬だ。

14歳どころかもっと前の、

性に覚醒したあたりからそんな思いが強くなった。

 

「なぜ俺はモテない?」

そんな思いが24時間365日頭の中を駆け巡っていたような

そんな青春時代だった。

女と当たり障りのない会話をし、

じゃれ合うリア充たちが羨ましくて仕方がなかったと記憶している。

 

そして僕にはそれが出来なかった。

一切できなかった。

 

そんなリア充への憧れは、

17歳でギターを手にした瞬間に

どこかへ消えてしまったのだけれど、

それはまた別の話だ。

 

リア充に憧れるオタクだったあの頃、

藁をもつかむ思いでリア充に近づこうとしていた。

「あいつらの話し方を真似ればモテるのか?」

「あいつらの雰囲気ってどうやれば出るんだ?」

 

今となってはそんなもんどうだっていいんですが、

当時は必死こいて考えたものだ。

なにせ、参考にできるもんがあまりに少ない。

 

そんな中、

オタクたちの喋り方に強烈な影響を及ぼした作品として、

僕は『銀魂』の存在ってものすごいデカいと思うのだ。

 

③オタクの喋り方

 

オタクは喋りがてんでダメだ。

僕もダメだ。

14歳当時の僕は、

そりゃもう典型的なオタク喋りで、

早口で滑舌の悪い、

「コポォwwww」みたいな笑い方で

典型的なクソザコだったわけです。

 

そんななか、

曲がりなりにもリア充に近づきたいと思う一心で、

テレビの中の芸能人だとか、

喋りの上手な人間を参考にするも、

なかなか難しい。

 

そんななか、

口語体に近い文体で、

テレビの中のお笑いにほど近いギャグ要素を持った

『銀魂』という作品が、

オタクたちに与えた影響ってほんとデカい。

 

ホモ好きな大人のお姉さんたちを量産した、

というのも影響としちゃ大きいわけですが、

当時リアルタイムで銀魂を読んでいたオタクのガキどもは、

こぞって

「あんな喋り方をすれば俺達だってリア充っぽくなれる」

と錯覚したんじゃないかと思う。

多分。

 

未だに同人イベントなんか行くと、

銀魂喋りの女子とかいるじゃないですか。

痛い女オタクの典型みたいに語られることも多いです。

 

なんでこんな記事を書いたかっていうと、

「ああ、あのしゃべり方って羨望の気持ちだったのかもなぁ」

と妙に感慨にふけってしまったからです。

自分のガキの頃を思い出しながら。

 

僕自身、銀魂についてはすごく好きでなので、

銀魂をディスっているわけではありませんのであしからず。

オタクの喋り方の話です。あくまで。

 

④立って歩け 前へ進め あんたには立派な足がついてるじゃないか

 

結局のところ、

オタクというのが何なのかと考えると、

それはもう「性分」なんじゃないかと思う。

 

そんな風に改めて最近思うようになった。

 

オタクであることを恥じていた青春時代、

しかしオタクから逃れられなかった青春時代を鑑みると、

自分は自分にしかなれないのだと思う。

 

そして、

「好きなもの」を自分で否定するというのは間違っている。

そういう風に思う。

好きなものが多くて困ることは、

実はそんなにない。

他人の目なんて、所詮は他人の目でしかない。

 

人の趣味に本心からどうこう言う人間なんて、

10人いて1人いるかいないかぐらいなもんなのだ。

多くの人間は、

雰囲気だとか空気といった実体のないものを根拠にして他人を批判するのだけれど、

そんなもんよりも自分の感覚を信じたほうが良い。

 

自分に対する根拠のない自信というものを、

僕はギターという武器と共に得た。

 

なんかひとつそういうのがあるといいですよね。

明日も頑張ろう。

関連記事

読書のメリット・デメリットを考える

By: John Liu[/caption] 読書していますか? 意識高い系の定番とな

記事を読む

やりたいことができない・落ち込んだ時の考え方

やりたいことが出来ない、という人は多いかと思います。   最近私が考え

記事を読む

カップヌードルのような人間関係

カップ麺が基本的に好きじゃない。 そもそもそんなに美味しいと思わないのだ。好きな方には

記事を読む

『習慣の動物』になる生き方

例によって特に意味のない落書きです。   この記事にて引用されている村

記事を読む

酒やめて4か月弱経過した感想

タイトルどーり、酒・アルコホールの類を飲むのをやめた。2015年3月11日から飲んでいない。

記事を読む

「会社員は何やかんやで楽」だと思う3つの理由

世の中、猫も杓子も会社員だ。独立して仕事をはじめます、なんて言い出すもんなら即座に変態扱いだ

記事を読む

【自由研究】砂漠から生まれるもの

カルロス袴田(@hakamad)です。普段熱心に環境問題を考えることは、正直そこまでありません。

記事を読む

漫画のネームが進まない!!という時の3つの対処法

漫画のネームが進まない。どうにもこうにも行き詰まってしまう。   漫画を描いた

記事を読む

面白い人間であれ

とにかく、ガキの頃から面白い人間になりたかった。ような気がする。  

記事を読む

ペン入れ練習の方法を考える

  モソモソとペン入れ練習と、アイデア出しを兼ねて落書きをしておりました。

記事を読む

no image
読んだ本:六道の悪女たち

超面白いので全員読んでください。

no image
読んだ本:個人的な体験/大江健三郎

実体験をベースに書かれた作品とのこと。或る強烈な葛藤に苛まれ

no image
読んだ本:最後にして最初のアイドル

えらいよかったです。SF。ジャンル名に詳しくはない

「再利用されたコンテンツ」でYouTube収益化停止されたボカロPが復活までにやった対策

2018年末くらいから頻発しているらしい、「再利用されたコンテンツ」と

no image
保護中: 【FANBOX限定未公開曲】『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』

『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』という曲です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑