*

LINE Music使ってみたぞぞいのぞい

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 音楽について , ,

遂にきましたね。

日本でもストリーミング音楽配信の夜明けです。

LINE Musicがダウンロード開始でございます。

さっきニュースで見て、

マジかーと思ってインストールしたんですが、

こりゃ予想以上にちゃんとしてるんじゃないですかね。

Spotifyの日本版まだかなーとかヨダレ垂らして待ってたんですが、

まさかのLINEからストリーミングサービス開始という。

 

しかもソニーとかエイベックスとかユニバーサルが提携してるそうで、

これけっこうガチじゃねーか。

 

ということでLINE Music使ってみたぜ。

 

わりと曲がある

ダフトパンクとかニルヴァーナも聴けます。

曲数に関してはさっぱり期待しないで使ってみたのですが、

まぁ良いだろう!というレベルです。

 

エイベックスといえば

ラッパーAnarchyももちろん完備!

http://qq5qq.info/lFKg

 

マリリンマンソンはカタカナのみ引っかかります。

曲数はあんまないです。

 

とりあえず思ったより聴ける曲あるなぁ、

という印象。

 

LINEのユーザー層的に、

てっきりエグザイルとAKBぐらいしか聴けないんじゃねーの?(鼻ホジ)

ぐらいにタカくくってたんでごめんなさい!!

これからは三代目JSBとかも聴きます。

 

藍井エイルちゃんもあるぞーわーい

 

たまに途切れる

さっきニルヴァーナとダフトパンク聴いてた時ですが、

やたら音飛びしました。

 

回線の問題ですかね。

これはまぁストリーミングの宿命なんでしょうが、

出来るだけなくしてほしいですね。

 

心なしか、洋楽が飛びやすいのは

僕だけでしょうか?

 

もっと曲くれ

メタル成分が足りない。

僕はレコード会社とかあんま興味なくてわからんのだけど、

せめてSlipknotぐらいはあってほしかったなぁ。

 

まぁセックスピストルズとかあるから

多少はね…と言いたいところなんですが、

もっと曲くれ。

関連記事

間違いなく大丈夫じゃない男 大丈夫P

「最近のボカロ界隈、マジつまんねーよな」と、シケた顔でビール飲んでるあなたに朗報です。まだまだボカロ

記事を読む

売れろ!バンド『MOLICE』

数年前から、「売れてほしーなぁ」と思いながら聴いているバンドがある。その名もMOLICE。グーグルに

記事を読む

THIS IS NATSできみも洗脳されよう

大森靖子とか大丈夫Pとか、最近紹介した音楽がとんでもなく濃厚だったり、ハードだったりでした。なので今

記事を読む

ミスチルのUSBアルバムへの批判について

By: Emilian Robert Vicol[/caption] 発表当時は叩く連中もい

記事を読む

【募集】フォロワー参加型・ガヤ入れ企画というアイデア、ヤバい。

わたしも参加します。 カルロス袴田です。 戦友のお知らせ・告知・募集的な記事です。 &n

記事を読む

激しいミスチルを聴け、聴くのだ。

少年少女よ、ミスチルを誤解するな。 奴らはお前らが思うようなバンドじゃない。 俺のミスチ

記事を読む

端的に言えばSilent Sirenが怖い

Silent Sirenというバンドのことを最近知った。きっかけは地下室TIMESさんの記事だったん

記事を読む

大森靖子はイロモノじゃねぇ、本物だ。

大森靖子。     この記事で何が言いたいのか、といい

記事を読む

音楽ストリーミングはGoogle Play Musicで決まりか。

(画像はこちらより) Google Play Music、良いです。AWAとかLINE

記事を読む

頑張れDroog

(画像はこちらより)   Droogを初めて聴いた時の衝撃とい

記事を読む

no image
読んだ本:最後にして最初のアイドル

えらいよかったです。SF。ジャンル名に詳しくはない

「再利用されたコンテンツ」でYouTube収益化停止されたボカロPが復活までにやった対策

2018年末くらいから頻発しているらしい、「再利用されたコンテンツ」と

no image
保護中: 【FANBOX限定未公開曲】『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』

『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』という曲です。

同年代や若いひとの成功が気になって嫉妬しちゃうゼってひとへ ~だいじょぶだ、あんたにゃ才能があるの巻~

デァァーーーーッどうもカルロス袴田です。(@hakamad)←ツイッタ

誰がために働く〜なぜ人間は働くのか、仕事が何のためかわからない人へ〜

  カルロス袴田です。なんのために働くんでしょ

→もっと見る

PAGE TOP ↑