*

激しいミスチルを聴け、聴くのだ。

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 音楽について ,

少年少女よ、ミスチルを誤解するな。

奴らはお前らが思うようなバンドじゃない。

俺のミスチルはそんなじゃない。

もっと恐ろしい何かだ。

 

というわけで、僕の人生において重要な意味を占めるバンドその1

Mr.Childrenの楽曲を紹介する。

いっとくが、今回は中学生女子がスマホの待ち受けにしたがるような歌詞とか、

そういう甘っちょろくてLOVEい歌詞みたいな曲はない。

都会生活の寂寥感、愛を知るがゆえの虚しさ、

みたいな陰鬱な世界観を持つミスチルをご紹介しよう。

 

今回紹介する曲を聴けば、

ミスチルに対して持つ中途半端なイメージが払しょくされ、

あんたはミスチルをきちんとロックバンドとして数えるようになる。

さぁ、聴くがいい。

 

REM

最新アルバムより。

このキャリアになっても新境地を開拓してくるミスチル、

やはり素晴らしい。

 

ニシエヒガシエ

ベストにも収録されてますし、ドラマタイアップもつきましたね。

このテのミスチルがオリコン1位の時代もあったんですよ、お嬢さん!

 

Brandnew my lover

このレベルまでいくと二度と書かないんだろうなーという曲。

90年代のミスチルのアルバムの楽しみのひとつは、

こういう「なんでこの曲入れたんだろう」的な曲ですよね。

 

 

LOVE はじめました

激しいというよりも、冷たい手触りがなんともいえません。

アコギの使い方が冷徹なのです。

歌詞もまた、都会生活の寂寥感を語っており凄く良い。

言葉の詰め込み方といい、アコギの音といい、どことなくフォークのニュアンスがあふれますが、

ビートが電子的なところもまたミスチルでございます。

 

余談ですが、この曲にあやかって

ペンネームを「LOVEはじめ」にしようと考えていた時期もありました。

どうなっていたのでしょうね。

 

 

フェイク

暗いですねぇ。

彩度を落とした映像のなかで、モブがショッキングピンクで登場するところとか、

ミラーボールの存在感のなさとか、映像的にも見どころです。

 

 

エヴァのMADがとても良かったのですが、消されてしまったようです。

フェイクしかり、このテの曲をシングルにもってこれるのは、

ミスチルぐらいのキャリアがないと難しいわけで、

そういう意味でもミスチルが好きなのです。

 

 

ALIVE

最後に、ミスチル史上もっとも暗く陰鬱にもかかわらず、

もっとも希望にあふれた一曲を。

トラックがまた、這いずるような感覚で良いのです。

リンキンみたいだなぁと思ったら全然違いました。

 

おわかりいただけただろうか

ミスチルとはかくも、多面性に満ち溢れたバンドなのである。

お前らミスチルを聴け。

奴らは中高生向けでも、懐メロでもない。

何か別の巨大な何かなのだ。

関連記事

間違いなく大丈夫じゃない男 大丈夫P

「最近のボカロ界隈、マジつまんねーよな」と、シケた顔でビール飲んでるあなたに朗報です。まだまだボカロ

記事を読む

LINE Music使ってみたぞぞいのぞい

遂にきましたね。 日本でもストリーミング音楽配信の夜明けです。 LINE Mus

記事を読む

端的に言えばSilent Sirenが怖い

Silent Sirenというバンドのことを最近知った。きっかけは地下室TIMESさんの記事だったん

記事を読む

最新版「激しい音楽」って何ぞや

  激しい音楽の神髄とは何なのだろう。 激しさの定義と、激しさの最新型について

記事を読む

頑張れDroog

(画像はこちらより)   Droogを初めて聴いた時の衝撃とい

記事を読む

ミスチル新潟の感想【2015年『未完』ライブツアー】

行ってきました。未完ツアー2015。僕は新潟ビッグスワンでの参戦でした。 未完ロゴ入りワゴン。物販の

記事を読む

「面白さ」を絶対的な基準と考えて図解してみたので見てくれ。

      面白いものを作る人は、本当に世の中にいっ

記事を読む

【募集】フォロワー参加型・ガヤ入れ企画というアイデア、ヤバい。

わたしも参加します。 カルロス袴田です。 戦友のお知らせ・告知・募集的な記事です。 &n

記事を読む

2015年9月の活動を振り返らんとす

9月があっとういう間に終わってしまいましたが、みなさんいかがお過ごしでしたでしょうか。カルロ

記事を読む

売れろ!バンド『MOLICE』

数年前から、「売れてほしーなぁ」と思いながら聴いているバンドがある。その名もMOLICE。グーグルに

記事を読む

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

コードを分析してSHISHAMOの魅力を伝えんとする記事

SHISHAMOというバンドがすげーな、と思うので楽曲をすこし分析しま

【曲解説】スーパーマーケット☆フィーバー

カルロス袴田です。新曲の曲解説を書いていこうと思います。

→もっと見る

PAGE TOP ↑