*

てーきゅうOP全曲購入してもうた

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 音楽について

出典http://u999u.info/ltyS

 

名曲メニメニマニマニ

の興奮からはや1年が経過しましたが、

未だてーきゅうアニメシリーズが

続いていて

何よりでございます。

5期OP曲『Qunka!』が凄いって話です

 

曲ごとにフィーチャーする

キャラクターを変えてるあたり、

OP曲でありながら

キャラソンとしての役割も

担っている

てーきゅうOPですが、

 

今のところお気に入りは

『黄金のキンデレラ~午前0時に魔法は解けず~』

なわけですが、

まだ見ぬ5期OPであり

坂東まりも先輩初のセンター曲である

『Qunka!』が

これまた良いのです。

 

音頭要素入りのバンドサウンドである

『今宵フェスティバブル』や、

名曲サンバポップ『メニメニマニマニ』

個人的に一番の売れ線に思える

『ファッとして桃源郷』

 

などなど

珍妙な要素をはらみつつ

ポップスとしての王道を

征き続けてきたてーきゅうOPですが、

 

『Qunka!』はすげーなぁ。

 

呪術的とすら思えるイントロで、

メロディはこれまでよりも

控えめなつくりをしてる印象です。

基本リズム重視なのです。

 

キックの音は

全曲で一番アタック強めで

リピートしてると

脳味噌にキます。

 

初めて聴いたときには

イマイチかなぁと思ったのですが、

久々にスルメ曲というヤツの実力を

実感いたしました。

 

瞬発力は

『キンデレラ』や

『ファッとして』に負けるのですが、

ポテンシャルは

それらを凌駕するモノ

ありまっせ。

 

ということで

オススメしておきます。

『Qunka!』。

 

 

余談

iTunesを使わなくなったので、

AmazonでMP3を買っています。

 

クラウド上から再生できて

わりと捗ってます。

 

音楽と関係はありませんが、

Chromebookという

ラップトップも

データのほとんどを

クラウド上で処理するそうで

 

やっぱネット回線が強くなると

ハードというものへの依存が

どんどんなくなるんだなーと

未来へ思いを馳せました。

関連記事

「どんな音楽聴くの?」って言われて困るので対処法を考えた

By: kev-shine[/caption] 「音楽好きなんだぁ」  

記事を読む

売れろ!バンド『MOLICE』

数年前から、「売れてほしーなぁ」と思いながら聴いているバンドがある。その名もMOLICE。グーグルに

記事を読む

宇多丸vs般若がほぼ ”宇多丸VS品川” だった件

宇多丸と般若のバトル、面白かったですね。かなり早々に決着はついたものの、日本のヒップホップ界における

記事を読む

LINE Music使ってみたぞぞいのぞい

遂にきましたね。 日本でもストリーミング音楽配信の夜明けです。 LINE Mus

記事を読む

端的に言えばSilent Sirenが怖い

Silent Sirenというバンドのことを最近知った。きっかけは地下室TIMESさんの記事だったん

記事を読む

「面白さ」を絶対的な基準と考えて図解してみたので見てくれ。

      面白いものを作る人は、本当に世の中にいっ

記事を読む

THIS IS NATSできみも洗脳されよう

大森靖子とか大丈夫Pとか、最近紹介した音楽がとんでもなく濃厚だったり、ハードだったりでした。なので今

記事を読む

間違いなく大丈夫じゃない男 大丈夫P

「最近のボカロ界隈、マジつまんねーよな」と、シケた顔でビール飲んでるあなたに朗報です。まだまだボカロ

記事を読む

バンドをやれる人はすごい

↑去年描いた絵ですが、どんだけ適当な仕事してるんだ俺は。 バンドは人と組まなくては

記事を読む

最新版「激しい音楽」って何ぞや

  激しい音楽の神髄とは何なのだろう。 激しさの定義と、激しさの最新型について

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑