*

頑張れDroog

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 音楽について

(画像はこちらより)

 

Droogを初めて聴いた時の衝撃といったら、けっこうなもんだったと記憶している。「なんていい歌い方なんだこのガキ!」と思った。

 

ルックスも非常にいい。ともすればビジュアル系、でも間違いなくパンクと分かる感じで。そんなこんな考えているうちにメジャーデビューしたDroogの曲はこんな感じになった。

 

 

だいぶ甘い感じになりましたね。アルバム終盤あたりにこういう泣きメロが入っていると、グっときます。音がきれいになった日本脳炎みたいな、そんなセンチメンタル感。

 

そして、変化はより顕著になっていく。

 

これはマズい。

 

具体的に言うと、曲がマズい。カッティング全開のギターとか、詰め込みまくったドラムとか色々と、いわゆる売れそうな要素がけっこう詰め込まれている。

 

でも、それじゃ売れないんだよ、という分かり易い例になったのではなかろうか。要素はある、だがそれだけなのである。このバンドがこの曲をやる必然性をまるで感じない。悲しい。

 

こういう曲はその辺のライブハウスでやってるあんちゃんたちに作らせておけばいいのだ。Droogがやるべき仕事ではない。

 

妙に音が良くなって、空間を感じるようになってしまったのも寂しさの原因と思える。Johnny & Viciousみたいに、あえて作ったっぽく聴こえないでもない空間なら良いのですが、In A Ghost Worldにおける空間はマズい。

 

Droogに求めているのは、モノラルで音がクソ汚くて、どんだけマイク近いんだってぐらいのボーカルだ。

 

頼むよエイベックス。

 

 

関連記事

最新版「激しい音楽」って何ぞや

  激しい音楽の神髄とは何なのだろう。 激しさの定義と、激しさの最新型について

記事を読む

ミスチルのUSBアルバムへの批判について

By: Emilian Robert Vicol[/caption] 発表当時は叩く連中もい

記事を読む

音楽ストリーミングはGoogle Play Musicで決まりか。

(画像はこちらより) Google Play Music、良いです。AWAとかLINE

記事を読む

激しいミスチルを聴け、聴くのだ。

少年少女よ、ミスチルを誤解するな。 奴らはお前らが思うようなバンドじゃない。 俺のミスチ

記事を読む

間違いなく大丈夫じゃない男 大丈夫P

「最近のボカロ界隈、マジつまんねーよな」と、シケた顔でビール飲んでるあなたに朗報です。まだまだボカロ

記事を読む

THIS IS NATSできみも洗脳されよう

大森靖子とか大丈夫Pとか、最近紹介した音楽がとんでもなく濃厚だったり、ハードだったりでした。なので今

記事を読む

落ち込んだ時に『効く』音楽と歌詞6つ

時には落ち込むこともある。誰だってそうなのかもしれない。大抵の場合、腹が減ってるか眠いか。そのどちら

記事を読む

2015年9月の活動を振り返らんとす

9月があっとういう間に終わってしまいましたが、みなさんいかがお過ごしでしたでしょうか。カルロ

記事を読む

端的に言えばSilent Sirenが怖い

Silent Sirenというバンドのことを最近知った。きっかけは地下室TIMESさんの記事だったん

記事を読む

宇多丸vs般若がほぼ ”宇多丸VS品川” だった件

宇多丸と般若のバトル、面白かったですね。かなり早々に決着はついたものの、日本のヒップホップ界における

記事を読む

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

コードを分析してSHISHAMOの魅力を伝えんとする記事

SHISHAMOというバンドがすげーな、と思うので楽曲をすこし分析しま

【曲解説】スーパーマーケット☆フィーバー

カルロス袴田です。新曲の曲解説を書いていこうと思います。

→もっと見る

PAGE TOP ↑