*

頑張れDroog

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 音楽について

(画像はこちらより)

 

Droogを初めて聴いた時の衝撃といったら、けっこうなもんだったと記憶している。「なんていい歌い方なんだこのガキ!」と思った。

 

ルックスも非常にいい。ともすればビジュアル系、でも間違いなくパンクと分かる感じで。そんなこんな考えているうちにメジャーデビューしたDroogの曲はこんな感じになった。

 

 

だいぶ甘い感じになりましたね。アルバム終盤あたりにこういう泣きメロが入っていると、グっときます。音がきれいになった日本脳炎みたいな、そんなセンチメンタル感。

 

そして、変化はより顕著になっていく。

 

これはマズい。

 

具体的に言うと、曲がマズい。カッティング全開のギターとか、詰め込みまくったドラムとか色々と、いわゆる売れそうな要素がけっこう詰め込まれている。

 

でも、それじゃ売れないんだよ、という分かり易い例になったのではなかろうか。要素はある、だがそれだけなのである。このバンドがこの曲をやる必然性をまるで感じない。悲しい。

 

こういう曲はその辺のライブハウスでやってるあんちゃんたちに作らせておけばいいのだ。Droogがやるべき仕事ではない。

 

妙に音が良くなって、空間を感じるようになってしまったのも寂しさの原因と思える。Johnny & Viciousみたいに、あえて作ったっぽく聴こえないでもない空間なら良いのですが、In A Ghost Worldにおける空間はマズい。

 

Droogに求めているのは、モノラルで音がクソ汚くて、どんだけマイク近いんだってぐらいのボーカルだ。

 

頼むよエイベックス。

 

 

関連記事

間違いなく大丈夫じゃない男 大丈夫P

「最近のボカロ界隈、マジつまんねーよな」と、シケた顔でビール飲んでるあなたに朗報です。まだまだボカロ

記事を読む

音楽ストリーミングはGoogle Play Musicで決まりか。

(画像はこちらより) Google Play Music、良いです。AWAとかLINE

記事を読む

2015年9月の活動を振り返らんとす

9月があっとういう間に終わってしまいましたが、みなさんいかがお過ごしでしたでしょうか。カルロ

記事を読む

最新版「激しい音楽」って何ぞや

  激しい音楽の神髄とは何なのだろう。 激しさの定義と、激しさの最新型について

記事を読む

「面白さ」を絶対的な基準と考えて図解してみたので見てくれ。

      面白いものを作る人は、本当に世の中にいっ

記事を読む

「どんな音楽聴くの?」って言われて困るので対処法を考えた

By: kev-shine[/caption] 「音楽好きなんだぁ」  

記事を読む

THIS IS NATSできみも洗脳されよう

大森靖子とか大丈夫Pとか、最近紹介した音楽がとんでもなく濃厚だったり、ハードだったりでした。なので今

記事を読む

LINE Music使ってみたぞぞいのぞい

遂にきましたね。 日本でもストリーミング音楽配信の夜明けです。 LINE Mus

記事を読む

売れろ!バンド『MOLICE』

数年前から、「売れてほしーなぁ」と思いながら聴いているバンドがある。その名もMOLICE。グーグルに

記事を読む

【募集】フォロワー参加型・ガヤ入れ企画というアイデア、ヤバい。

わたしも参加します。 カルロス袴田です。 戦友のお知らせ・告知・募集的な記事です。 &n

記事を読む

同年代や若いひとの成功が気になって嫉妬しちゃうゼってひとへ ~だいじょぶだ、あんたにゃ才能があるの巻~

デァァーーーーッどうもカルロス袴田です。(@hakamad)←ツイッタ

誰がために働く〜なぜ人間は働くのか、仕事が何のためかわからない人へ〜

  カルロス袴田です。なんのために働くんでしょ

学校や職場で居場所がなくても気にしない方がいいよという話

どうも袴田ちゃんです。ひっそりと社会から浮くタイプです。いつも

アイデアの回転を上げてネタ切れを超えろ!!!~アイデアの出し方・作り方~

カルロス袴田です。ボカロPをやりつつ四コマを描きつつブログを書

ブログを書く意味~ブログは健康にいい(気がする)のでみんな書こうのコーナー~

オッス、オラカルロス。 定期的にとてもブログを書きたくな

→もっと見る

PAGE TOP ↑