*

売れろ!バンド『MOLICE』

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 音楽について

数年前から、「売れてほしーなぁ」と思いながら聴いているバンドがある。その名もMOLICE。グーグルに「MOLICE」と入れて画像検索すると、molice、蛾の画像ばっか出てくる。イヤン。

 

 

ボーカルである、RINKO女史が良いのだ。あんまりミュージシャンの容姿とかに興味はないのですが、正直言ってめちゃくちゃタイプなのですね。友達に言うと、「えぇ…」という反応が返って来る。うるせぇ。このニーハイとメイク見てンなこと言ってられんのか。

 

正直たまらん。

 

 

MOLICEとは

(画像はAudioleafより)

わりとキャリアの長いバンドであると推測される。というのも、2007年くらいに買った雑誌にインタビューが載っていて、その頃からちょいちょい活動してました、みたいなコトが書いてあったのです。インタビューによれば、当時は遠距離バンドとして活動していたらしい(と記憶している。あやふやですが)。

 

とにかく、先ほど紹介した『Headphone』が好きなのです。バンドのコンセプトとしては、映画『ブレードランナー』の街で演奏しているバンド、という理念らしい。どことなく無国籍なたたずまいは、目指す方向性によるものなのかもしれないね。

 

 

先ほど紹介した『Headphone』と近い路線でいえば、『Foxy Machine』とか、

 

 

HOLE!!』とかも、クソかっこいい。

 

 

とまぁ、こんな感じで洋楽とも邦楽とも似つかないサウンドが魅力です。ダンスロックともいえますが、ニューウェーブと言われているようです。僕自身あんまりニューウェーブの定義がよくわからないのですが、まぁそういわれるとそんな感じもする。音楽のジャンルなんて言ったもん勝ちみたいなところがありますので、結局かっこいいバンドはかっこいいのだ。

 

 

そんなMOLICEですが、気になる現時点の最新MVはこちら。

何が起きた。

曲もまぁなんだかつかみどころのない、空間を感じるサウンド。そして何より、曲よりも気になるのがツナギの3人である。僕には何も言えない。なんだか頭がまわらない。そんなビデオである。脱力。音も映像もギラついていた『Headphone』とはエラい違いだ。

 

 

今後に期待している。都内ではライヴも行われているようです。

関連記事

ワイヤレス童貞はMDR-XB950BTで捨てましょう。音質凄いです

Bluetoothヘッドフォン、舐めてました。 音が良い。すごく良い。 (画像はこち

記事を読む

バンドをやれる人はすごい

↑去年描いた絵ですが、どんだけ適当な仕事してるんだ俺は。 バンドは人と組まなくては

記事を読む

間違いなく大丈夫じゃない男 大丈夫P

「最近のボカロ界隈、マジつまんねーよな」と、シケた顔でビール飲んでるあなたに朗報です。まだまだボカロ

記事を読む

ミスチル新潟の感想【2015年『未完』ライブツアー】

行ってきました。未完ツアー2015。僕は新潟ビッグスワンでの参戦でした。 未完ロゴ入りワゴン。物販の

記事を読む

2015年9月の活動を振り返らんとす

9月があっとういう間に終わってしまいましたが、みなさんいかがお過ごしでしたでしょうか。カルロ

記事を読む

最新版「激しい音楽」って何ぞや

  激しい音楽の神髄とは何なのだろう。 激しさの定義と、激しさの最新型について

記事を読む

落ち込んだ時に『効く』音楽と歌詞6つ

時には落ち込むこともある。誰だってそうなのかもしれない。大抵の場合、腹が減ってるか眠いか。そのどちら

記事を読む

大森靖子はイロモノじゃねぇ、本物だ。

大森靖子。     この記事で何が言いたいのか、といい

記事を読む

端的に言えばSilent Sirenが怖い

Silent Sirenというバンドのことを最近知った。きっかけは地下室TIMESさんの記事だったん

記事を読む

LINE Music使ってみたぞぞいのぞい

遂にきましたね。 日本でもストリーミング音楽配信の夜明けです。 LINE Mus

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑