*

Q.質と量、どっちが大事? A.両方やれ

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について, 漫画について

僕は努力が好きだ。一人で黙々と作業をしている自分が大好きだ。本当にキモい

 

努力は報われない?

報われない努力をしてどうなるやで、と冷めた意見をお持ちの方もいるだろう。

 

そういう連中は、根本的に努力の意味をはき違えているのでウンコを漏らせばいい

 

努力をして他人に評価されようという姿勢がまずもってして、イヤらしい

 

努力とはオナニーだ。それも高潔なオナニーであるのだ。

 

だからこそ、自分の気持ちいい練習が分かるし、どんなツライ出来事にだって耐えていける。

 

 

きれいな言い方をすれば、努力とは自己ベストの更新のためにすることである。

 

この岸部露伴が他人にチヤホヤされるためとか金のためとかにアレしてると思ってんのかアレなぁオイ!?

(出典)

 

という奴だ。

 

練習における「質と量」

最近はもっぱら、絵・および漫画について延々と考えている。

 

考えすぎる側面も悪いクセなのであるが、時に考えがなさすぎてネームを適当に済ませて漫画を描いている感もある。

 

そういった点を反省して、わかりやすいネームの描き方を勉強しつつ、毎日漫画を描いている。

 

 

絵に関しても、ほぼ毎日描きなぐっている状態である。

 

練習においてよく言われる「質と量」のどちらを重視するか、というのは多くの絵描きにとって由々しき問題であろう。

 

 

個人的に最近思うのは、質の方をこなしてさえいれば絵は上手になるのではないか、という見解である。

 

質をこなしていれば、量がついてくるようになると思える。

 

 

というのも、世の中で絵が上手いといわれる人間の多くは、仕上げがめちゃくちゃ上手いし、そこに時間をかける。

 

僕は何もかもに時間をかけない。そこがマズいところでもあり、チャームポイントでもある

 

 

よって、最近は仕上げという作業に力を入れるようになった。まるで子供のように単純な思考回路で生きているので毎日がヘブンだ

 

 

とはいえ

しかし、このご時世、めちゃくちゃ仕上げがきれいで構図もバッチリパースが決まっている、細部の描き込みなんて誰が見ても真っ青、みたいな絵が描けたとしても、かけた時間が1年とか言われるとどうしようもない。

 

1年は極端な話かもしれないが、絵を見る側・評価する側はスピードも求めてくる。

 

週刊連載の漫画家なんかはスピードを評価される最たる存在であると言えるでしょう。

 

とにかく、素敵な作品が描けるけども時間がかかってしまう、という人はある程度作業を効率化する必要がある。

 

良い作品を、なるべく早いペースでお届けできると、きっとみんな楽しくてハッピーになると思う。

 

 

みたいな適当な締め方で終わろうかと思う。

関連記事

たいていの悩みは残念ながら、金で解決できる

By: Pictures of Money[/caption] たとえばあなたの傍らに、10

記事を読む

仕事が寿命の安売りに思える時

By: Sean MacEntee[/caption] サラリーマンのお話です。 &n

記事を読む

話してて面白くない人間と話してて考えたこと

アホみたいなタイトルですが、話してて面白くない人間の人生をたまに、ふっと考えることがあるので

記事を読む

no image

失敗したくない人間が考える「成功」の定義がダサい

失敗アレルギーみたいな人間が多い。ほんとーに、喋っていてダルい。倦怠感しか抱かない。 &nbs

記事を読む

「男が結婚したくない理由」を結婚する気のない男が赤裸々に話そう

By: Katsu Nojiri[/caption] 結婚したくない男の考え方 アラサー男子が

記事を読む

漫画で金を得る方法~web漫画の収益化~

最近新しい肩書として、「インターネット漫画マン」というものを考えました。Twitterのプロフにしま

記事を読む

黒髪ツヤベタの塗り方・練習法 3パターン講座

ツヤベタについていろいろ模索したので、その中から3パターンを講座っぽくまとめてみました。 &n

記事を読む

飲み会を飲み会以外の目的に使う奴は家に帰って寝ろ。

忘年会シーズンですね。みなさんの飲み会は楽しいでしょうか。   僕は半

記事を読む

お前らイケダハヤトにつまんねぇって言われてるぞ、どうすんだ

またケンカを売ってみたよ。/ サラリーマンブロガーの記事が超つまらない理由 : まだ東京で消耗し

記事を読む

no image

絵が上達する近道を考える

  絵が上手くなりたい。それにしてもなりたい。とにかく上手く描けるに越したことは

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑