*

読み続けたい漫画の条件を考える

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 漫画について, , , , , , ,

読み続けたい漫画の条件とは何なのでしょう。

「面白い漫画」の条件は多く語られますが、

最近気になるのは「読み続けたい漫画」の条件なのです。

↑拙作『リバーサイドティーンズ』のネームでございます。

なんとなく載せてみただけで今回の記事とは特に関係ないです。

 

読み続けたい漫画作品とは

漫画が好きです。

曲がりなりにも自分で漫画を描く人間ですので、

漫画が嫌いってことはなく、

むしろかなり好きな方ですので、

年間それなりの冊数を読みます。

 

ただ、自分の経済力の問題もあって、

興味のある作品全部を購入することは不可能なので、

読みたい!と思った作品を購入することにしております。

 

予算が縛られると、

残念ながら続刊に手が伸びづらくなる、

という作品も存在してきてしまいます。

 

そんななか、

「読み続けたくなる作品」は2種類に分けられるのではないかと、

最近思い始めたのです。

 

①作品の続きが気になる作品

何をいまさら、と思われるかもしれませんが、

最重要事項といって過言ではありませんし、

多くの人はこのポイントを踏まえて作品を選んでいると思います。

『リバーサイドティーンズ』も、

ひたすらに毎回面白くしたいな~~~と思って描きつづけているのですが、

現状なんとも満足のいくストーリーテリングにはならず、

劇中で活躍するアイツらには苦い思いをさせております。

 

という懺悔はさておき、

漫画が長期連載というかたちをとることが、

漫画家としての成功ステータスのひとつとなっている現状、

その是非はともかくとして、

読者を飽きさせない続け方をするというのは死ぬほど重要なわけです。

 

僕は少年漫画が好きなので、

やはりジャンプ漫画ってみんなすげーなぁと思います。

自身のルーツであると断言できるBLEACHもさることながら、

読者を飽きさせない長期連載の最強候補として、

やはり『HUNTER×HUNTER』の存在は外せません。

 

ハンターという作品を週刊連載と呼べるかはともかくとして、

あれだけの休載スパンがあるにもかかわらず、

ひとたび連載が再開すれば読者を狂喜の渦に巻き込む

あの作品コンテンツとしての内容は異常です。

 

キメラアント編の戦闘シーンも尋常ならざる緊張感の連続でしたし、

暗黒大陸編なんて興奮で発狂しそうなほどに面白いです。

もう、面白いという言葉が陳腐に感じるほどに、

作品の内容が充実したコンテンツとなっている作品の代表だと思います。

 

②作者自体がコンテンツな作品

今日思いついて腑に落ちたのがこちらの要素で、

作品というよりも作者に愛着がわくタイプ。

 

誤解を招くといかんので言っておきますが、

こっちのタイプの作品がつまんねーって言ってるわけじゃありません。

むしろこっちのタイプの方が求心力としては強いという印象もあります。

 

個人的には、さっき挙げたBLEACHという作品も、

どちらかといえばこの部類です。

 

ストーリーや設定に関して、

ネット上で批判されることの多いブリーチですが、

ちゃんと読むと伏線なんかも回収しておりますし、

設定がきちんと生きてる作品なのですが、

批判する人はあんまり真剣に読んでねーんだろうなぁ、と思います。

 

ブリーチはその辺もしっかりした作品といえるのですが、

何よりもの魅力がブリーチがブリーチである由縁、

作者である久保帯人の圧倒的センスです。

オサレと揶揄される久保帯人のセンスですが、

そのセンスの一端に触れ続けたいがためにブリーチを読んでいる

と言っても過言ではないと思います。

 

それだけ作者の持つパワーというのは偉大でして、

僕にとっては日本橋ヨヲコ荒木飛呂彦なんかもこっちタイプなのです。

 

アクの強い作家性そのものが強烈な快楽である、

そういう作品を描く作家が当てはまります。

 

そして、どちらのタイプが良いとか悪いとかじゃないのですが、

僕は②のタイプの漫画を読み続ける傾向にあるのだなと最近気づきました。

 

漫画家なんて個性の塊みたいな人たちなんで、

そもそもこんな分類はどうなんだって話かもしれませんが。

 

漫画のある国に生まれてよかったです。

僕も頑張ります。

関連記事

やらない理由をみつける時間でやれ

ものごとを進めるにはとにかく行動が必要でございます。最近、僕もその辺を(やっと)意識しはじめた次第で

記事を読む

『漫勉』にあって『マンガノゲンバ』になかったもの

(画像はこちらから) 『浦沢直樹の漫勉』。最近でもっとも面白いテレビ番組なんじゃないか

記事を読む

ファミレス・喫茶店でネームするアレについて

久々に外でネームやってきたら、死ぬほど捗ったので理由を考えてみた。   家

記事を読む

作品と同じくらい作者がコンテンツになる

ウイッス。   漫画描いてる人です。 リバーサイドティーンズ

記事を読む

夏コミ落ちたので夏コミ新刊の表紙ラフ上げます

夏コミ落ちてたらしいので、昨日ウキウキで描いてた夏コミの表紙案を晒します。 3年ぐらい連続で落

記事を読む

ゼリエースに牛乳入れるの美味すぎワロタ

ゼリエースを毎日食っている。   ゼリエースの栄養 僕が毎日食っ

記事を読む

『習慣の動物』になる生き方

例によって特に意味のない落書きです。   この記事にて引用されている村

記事を読む

漫画家はもっとセルフブランディングするべき

セルフブランディングって何だよォォォォ!!!! という声も聞こえてきそうなので、説明いたします。別

記事を読む

自己啓発本を焼き捨てろ カレー沢薫『負ける技術』

ポジティブ礼賛の流れを世の中に感じるようになって久しいですが、そんな中で颯爽と現れたるが、時

記事を読む

「漫画の資料ドットネット」が安い。冷静に考えると安い

  きのうツイッターで見かけたのでご紹介します。漫画の資料ドットネットという背景資料

記事を読む

同年代や若いひとの成功が気になって嫉妬しちゃうゼってひとへ ~だいじょぶだ、あんたにゃ才能があるの巻~

デァァーーーーッどうもカルロス袴田です。(@hakamad)←ツイッタ

誰がために働く〜なぜ人間は働くのか、仕事が何のためかわからない人へ〜

  カルロス袴田です。なんのために働くんでしょ

学校や職場で居場所がなくても気にしない方がいいよという話

どうも袴田ちゃんです。ひっそりと社会から浮くタイプです。いつも

アイデアの回転を上げてネタ切れを超えろ!!!~アイデアの出し方・作り方~

カルロス袴田です。ボカロPをやりつつ四コマを描きつつブログを書

ブログを書く意味~ブログは健康にいい(気がする)のでみんな書こうのコーナー~

オッス、オラカルロス。 定期的にとてもブログを書きたくな

→もっと見る

PAGE TOP ↑