*

【漫画】ネームの勉強・参考になる漫画

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 漫画について

ネームの切り方が悪いと結局漫画はどうにもならないというカベに直面し、チンパンジーのようにカベを殴り続けているカルロス袴田です。漫画を描いています。

 

今回は、ネームの参考になる漫画を紹介してみようかと思ったりしているよ。読んでね。

 

げんしけん/木尾 士目

言わずと知れた、ゼロ年代オタク漫画の金字塔でもあるげんしけんですが、漫画としての読みやすさがゴイスーなのです。

 

細めの線で緻密に描き込まれた絵柄であり、登場キャラも数多い作品ですが、キャラの描き分け・コマ割りのテンポなど非常にレベルの高い漫画作品の一つであると言えましょう。

 

激しいアクションのない、登場人物の会話・心理描写がメインとなっている作品ながらも、軽快なテンポで読み進めることができる漫画。

 

ネームの参考としてはかなりよさげな参考書になります。

 

 

 

東京喰種 /石田スイ

僕は瀧澤くんが大好きなのですが、それはそれとしまして、東京喰種です。

 

東京喰種について特筆すべきはナンつってもアクションシーンでしょう。

 

グィングィン動くカメラワークと、強烈にパースが効いて歪められた魚眼の背景は、分析する気を一瞬で忘れさせるほどにクールです。

 

新シリーズである:reでは、通常時の背景もより実写タッチに描かれ、なおかつ広角レンズによる歪みが多用されております。

 

アクション以外の会話シーンも、非常にクレバーなフキダシの配置をしていたりしており、全体としてレベルの高い漫画だといえます。

 

こういう作品がメジャーになっている時代。良いですね。

 

 

黒田硫黄 / セクスーボイスアンドロボ

 

ここまでの流れとはだいぶ毛色が異なり、サブカル感がより強くなりました。黒田硫黄です。

 

短編集ではだいぶ際どいコマ割りなんかもしている黒田硫黄ですが、セクシーボイスアンドロボはだいぶわかりやすいのかなと思います。

 

分かり易いといっても単調なわけではもちろんなく、むしろ遺憾なくその手腕が発揮された名作です。

 

コマ割りのみならず、構図やベタ使いなどなど、すべてにおいて影響を受ける可能性大な作品です。

 

一家に一冊。

 

 

BLEACH / 久保帯人

現代コマデカ漫画四天王の一角とされる、ブリーチ。

 

ネットではdisられることもしばしばですが、連載当初からストーリーのテンポ・セリフ回しなど高水準な点が目立ちます。

 

個人的には、ブリーチはキャラクターを描くことに強い執着がある作品であると思っておりまして、それは東京喰種なんかにも共通しているところだと思います。

 

他の作品がキャラをないがしろにしている、というわけではなくて、ブリーチと東京喰種の2作品がやたらにキャラクター推しが強いといいますか。そんな印象です。

 

 

HUNTER×HUNTER / 冨樫義博

読んでいない人間がかわいそうなレベルです。

 

 

以上

そんなこんなで、ほとんどドメジャーな作品を列挙しました。

 

ドメジャーであるということは、分かり易いということで、それはやはり総合力という理由もあるのですが、特にネーム力あるよなーと感じる作品を選定した次第です。

 

さぁ、ネームやりましょうか。

関連記事

漫画原稿の作業効率を上げる3つの工夫

漫画やイラストの作業効率を上げたいと考え、毎日いろいろやってます。   とくに

記事を読む

江崎びす子の性別が男と知った時の衝撃

画像はメンヘラチャン公式Tumblrより   メンヘラチャ

記事を読む

黒髪ツヤベタの塗り方・練習法 3パターン講座

ツヤベタについていろいろ模索したので、その中から3パターンを講座っぽくまとめてみました。 &n

記事を読む

ペンネームの決め方!なかなか決まらないペンネームを考える

By: Drew Coffman[/caption] ペンネームの決め方 ペンネームとは、自分

記事を読む

クリスタEXにする利点はやっぱ「線画抽出」でしょう!

クリスタをEXにする利点は、何といっても線画抽出機能でございましょう。先ほどクリスタEXに乗

記事を読む

no image

絵が上達する近道を考える

  絵が上手くなりたい。それにしてもなりたい。とにかく上手く描けるに越したことは

記事を読む

『漫勉』にあって『マンガノゲンバ』になかったもの

(画像はこちらから) 『浦沢直樹の漫勉』。最近でもっとも面白いテレビ番組なんじゃないか

記事を読む

魅力的な漫画のキャラ作りッ!!漫画家ワナビーが語る3つの要素

漫画のキャラ作りは、いちばん楽しい点であると同時にもっとも漫画家志望を悩ます点なのではなかろ

記事を読む

下ネタに敬礼せよ 漫画『UNCOntrollable』宮場弥二郎

※下ネタです   久々に、剛速球の下ネタ漫画です。僕ももっと頑張ろうという

記事を読む

作品と同じくらい作者がコンテンツになる

ウイッス。   漫画描いてる人です。 リバーサイドティーンズ

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑