*

江崎びす子の性別が男と知った時の衝撃

公開日: : 最終更新日:2016/03/20 インターネッツ, 漫画について , , ,

画像はメンヘラチャン公式Tumblrより

 

メンヘラチャンってご存知でしょうか。若い女子に人気らしい。とかいうと、俺がオッサンであることが文章からにじみ出てしまってなんか憂鬱な気分になって、悪い生き物へと変化してしまいそうな勢いなのですが、とにかく人気であることは確かである。近場のビレヴァンにも特設コーナーがあったりと、その存在は以前より認知しておりました。

 

 

漫画もあるようです。

 

なんか男みたいなコマ割してんねぇ。と思いました。自称コマ割り研究家でもある私でございますので、コマ割の傾向からなんとなく男性性・女性性というのは嗅ぎ取れる。江崎びす子のコマ割からは男っぽさをバッキバキに感じずにはいられなかった。     だがしかし、この時点で僕は江崎びす子が女子であることに、一点の疑いもなかったのである。ペンネームもまぁ女子だし、なによりツイッターで話題になっていた画像が、僕のなかでの「江崎びす子は女」という妄想を加速させていたのである。     それがこちら            

 

 

 

こえーよ。

 

 

迫真である。ここまで可愛くない女の表情が描けるとは、やはり女って恐ろしい。と思った次第であった。僕にはできない。女という生き物をしっかり観察しなくてはこのような生態・ビジュアルを落とし込むことはできないだろう。やはり女って恐ろしい。

 

 

そんな風に考えながら、江崎びす子という人物に興味がわいたので調べてみたのですが、なんと若干ハタチそこそこの男性なのですね。驚愕の事実。しかもイケメンときた

 

 

 

      イケメンときた世の中どうなってんだ。     この男がメンヘラチャンや女子あるあるを描いている、ということで衝撃を受けたツイッターユーザは多かったようである。作風を見ればてっきりサブカル系女子なのだろうと早合点しがちですが、事実は小説よりも奇です。圧倒的に奇。世の中どうなってんだ。     最新作ではこれが好きだ。    

 

 

これはちょっとかわいい。と同時に、いるんだろうなぁこういう女子、と思わせるあたりさすがだ。優れた観察眼の持ち主なのでしょう。感服です。

 

 

 

とにかく、女子という生き物を見る目が「男離れ」しているクリエイターであると言えましょう。一目見て、このイラストを描いているのが男だと見抜ける人間はあんまりいない。

 

 

描いているのが男か女かというのは、本当はどうでもいいことなのですけど、あまりに驚愕したんで、その衝撃をつかって文章を書いておこうと思った次第でした。僕もグッズ作りたいな!

 

 

 

この記事を読んだ方はこんな記事も(たぶん)読んでいます

大森靖子はイロモノじゃねぇ、本物だ。

漫画で金を得る方法~web漫画の収益化~

魅力的な漫画のキャラ作りッ!!漫画家ワナビーが語る3つの要素

関連記事

24時間生きてて「ネタがない」ってことはない

ブログにしても、漫画にしても「ネタがない」なんてよく言われる。書きたいけど、何について書いたらいいか

記事を読む

りとる・けいおすLINEスタンプ発売を祈る記事

りとるけいおすLINEスタンプ発売を後押しするための記事です。みんな読もう、『りとる・けいおす』。

記事を読む

ペンネームの決め方!なかなか決まらないペンネームを考える

By: Drew Coffman[/caption] ペンネームの決め方 ペンネームとは、自分

記事を読む

偉大なるあぶら身! 漫画の「無駄ゴマ」を考察する

「無駄ゴマ」に関するかとうひろし先生のツイートが話題に。 言葉だけでは伝わりづらいので、「無駄

記事を読む

読切『ゲルシュテンドルゴゴ族』がジャンプルーキーで読めるぞ

出来ました。昨日の夜。新作読み切り15ページでございます。   &nb

記事を読む

2015年9月の活動を振り返らんとす

9月があっとういう間に終わってしまいましたが、みなさんいかがお過ごしでしたでしょうか。カルロ

記事を読む

映画バクマン主題歌が『新宝島』って良いよなぁ

新宝島と言やぁよぉ 手塚先生ですよ。   漫画の歴史を変えた決定

記事を読む

3巻出ました! ヤマシタトモコ『さんかく窓の外側は夜』が怖い

※↑2016年3月追記。出ました最新刊。   (画像はこちらより)

記事を読む

スクロールで読む次世代型ラノベサイト『ストリエ』が凄いじゃないか

こんなん絶対面白いやん。     朝からツイッターの広告で

記事を読む

「面白さ」を絶対的な基準と考えて図解してみたので見てくれ。

      面白いものを作る人は、本当に世の中にいっ

記事を読む

C92で出した本の紹介

こんな本を出しました。 ↓ピアプロリンクです。

承認欲求と『嫌われる勇気』。他人の評価が気になるひとへ

世は「大承認欲求時代」ッ!! カルロス袴田(@hakamad)です。

再生数・閲覧数が伸びないときのメンタルの保ち方

カルロス袴田(@hakamad)です。ボカロPをしています。

なにが「面白い」か分からないひとへ。作品への情熱をとりもどす3つの提案

どうも、カルロス袴田(@hakamad)です。 創作してると、面

【自由研究】砂漠から生まれるもの

カルロス袴田(@hakamad)です。普段熱心に環境問題を考えることは

→もっと見る

PAGE TOP ↑