*

スクロールで読む次世代型ラノベサイト『ストリエ』が凄いじゃないか

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 インターネッツ , ,

こんなん絶対面白いやん。

 

 

朝からツイッターの広告でみつけた、ストリエというアプリが凄くね? って話。

 

「トークアプリ風」スクロールで読むラノベ

僕自身、ラノベからは10年近く遠ざかっておりました。

 

中学校の読書の時間なんて、ラノベ天国だったのですよ。バッカーノが電撃の賞をとったあたりのガキんちょです。

 

それが今や、ラノベはまったく読まなくなって久しかったのですが。

 

ストリエは面白いです。

 

 

楽しい…楽しくない?(確認)

 

 

昔の俺は超喜んだと思う。

誤解をおそれずにいうと、ものすっごくガキんちょが喜ぶ見た目してますよね!!

 

これもうほんと、超褒めてます。

 

だってラノベはガキんちょだまくらかすモンじゃないですか

 

小学校高学年~中学生ぐらいまでは、ゾッコンにできるインターフェースしてると思います。

 

精神年齢がそんぐらいのガキである僕が言うのだから間違いない

 

今だってソシャゲに課金したくてウズウズしながら必死に堪えているんですよ

 

しませんけど。

 

 

効果音(漫画でいう描き文字ってヤツね)がバシーっと文中に挿入されたりだとか。

 

挿絵なんてもちろんフルカラーですし!

 

スクロールでスイスイ読めちゃいますし!!!

 

 

これで演出された、ゴテゴテの趣味が悪いケーキみたいになった村上春樹が読みたいですよ、僕は

 

世の中、そういう人間もいるんだ。

 

縦スクロール前提のメディア

ストリエで冷静にいいなーっと思ったのは、背景画像がじわーっと変化していったりする演出ですね。

 

いわゆるAVG的な。テキストゲームの最新型ともいえそうです。

 

フルボイス化なんてすぐに出来るでしょうし(もうやってるかもしれんけど!)。

 

今までゲームでしかできなかったことが、どんどん出来るようになっていて感動

 

 

スマホ時代になりまして、漫画の読まれ方も変わってきております。

 

わかりやすく、「スクロールで読む」漫画として打ち出しているのがcomicoですよね。

 

 

ヤスガキ先生の『jururi』とか、ポップで楽しいです。

スクロールでずるずると読んでしまう。

 

おまけに当然のようにフルカラーだったりして、漫画の常識もどんどん変わっているなぁとワクワクしてしまいます。

 

 

ちなみにcomicoには、見覚えのあるリバーサイドなんとかいう漫画もひっそりと存在しています。

 

 

電子か、紙か。

こういった、魅力的な電子コンテンツの台頭は楽しいです。

 

しかし、楽しいですが、いまだに紙の本が好き! って人もいることでしょう。

 

僕は今んとこ、購入する本のうち電子書籍が8割くらいになってきました。

 

だって便利ですものね。

 

 

現状、Kindleのシェアは紙の本をふつうに上回ってきているらしいです。

 

なので、コンテンツ作りにおいて、電子版としての見栄えなんていうのも考えると、より面白いですね。

 

 

電子書籍、というのはたいがい書籍を模したインターフェースが多いんですが、

 

ストリエは書籍っぽさゼロですからね。

 

それがすげぇや。

関連記事

「漫画の資料ドットネット」が安い。冷静に考えると安い

  きのうツイッターで見かけたのでご紹介します。漫画の資料ドットネットという背景資料

記事を読む

アフィリエイターのブログがつまらない理由

アフィリエイターのブログは面白くないです。いきなりブッコみましたが、だってそうなんですものね

記事を読む

江崎びす子の性別が男と知った時の衝撃

画像はメンヘラチャン公式Tumblrより   メンヘラチャ

記事を読む

何度でも言うけど、ブログは金になるんだぞ

ブログは金になる。 (富の象徴・なすの先輩の画像はこちらより)  

記事を読む

HDDの要領節約にはクラウドを使え。それしかない。

10日くらい前にパソコンを買い替えました。久方ぶりの買い替えとあって、いろいろ思うところがあ

記事を読む

音楽ストリーミングはGoogle Play Musicで決まりか。

(画像はこちらより) Google Play Music、良いです。AWAとかLINE

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑