*

完璧主義よりもスピード感で生きていきたい

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 カルロス袴田の漫画, 漫画について

最近、1ページ完結の漫画を1日に1枚仕上げている。

 

「とりあえず仕上げる」という精神

1日1ページとなると、割と出来る。そもそも漫画を描くうえでモチベーションやらなにやら、バリアを感じている人は多いと思う。過去の自分が完全にそうだったので、たぶん多くの凡人はそうなのだろう。

 

漫画を描くうえで、「素晴らしい名作に仕上げなければ」みたいな観念を持って焦る人間は、なかなか描きだせない。色々な創作活動において、過度な追い込みは不要だと思う。最近の僕は、「ウンコみたいな作品でいいから発表する」というテーマを掲げて生きている。悩んでいる暇があれば、描けばいいのだ。ある意味、これほど楽なことはない。駄作でいいのである。

 

漫画が上手い人間は、何にせよ量を描いている。たぶん。週刊連載の作家しかり、月産70ページ以上は描く。凡人の僕らがそれに匹敵する実力を身に着けていくには、じゃあそのぐらいの質と量をひたすらにこなしていくしかないと思う。描かずに上手くなる方法はたぶん、ない。

 

で、ひたすら描くといっても、やはり漫画という形式におさめたほうが漫画の練習になることは確定的に明らかなので、漫画として描く。それが1日1ページ漫画なのである。

 

 

いきなり投稿用にバリバリと49ページぐらいの読み切りが描ける人間は、強い。異様に強いメンタルを持っているといえるだろう。ページ数が多くなればなるほど、着手すること自体がハードルとなる。だから、まずは1日1ページ描けばいいと思う。慣れてきたら増やせばいいのである。

 

とはいえ1日1ページの漫画というのも、毎日違うネームを切らなくてはならないので、作画よりもネームが大変だったりする。何も考えないようにして描いてはいますが、考えすぎると完璧主義になってしまって、いつまでたってもネームが終わらない。

 

完璧主義はいらない。完璧にやれないのが当然なのである。完璧じゃないながらも、自分のここが伸ばせるなというポイントめいた部分を、ひたすらに尖らせていった方が面白い。その成長のスピード感は、描いたもん勝ちなのである。

関連記事

リバーサイドティーンズ 日常奪還編 ep.4

いちばん最初 前の話     [gallery

記事を読む

漫画原稿の作業効率を上げる3つの工夫

漫画やイラストの作業効率を上げたいと考え、毎日いろいろやってます。   とくに

記事を読む

自己啓発本を焼き捨てろ カレー沢薫『負ける技術』

ポジティブ礼賛の流れを世の中に感じるようになって久しいですが、そんな中で颯爽と現れたるが、時

記事を読む

リバーサイドティーンズ非日常編第14話『既に』

前の話     つづき

記事を読む

漫画でネームのコツみたいなもんがわかってきたので報告

最近、ネームの描き方のコツみたいなもんが、ようやくつかめてきた(ような気がする)。たぶん、これをもっ

記事を読む

漫画のネームが進まない!!という時の3つの対処法

漫画のネームが進まない。どうにもこうにも行き詰まってしまう。   漫画を描いた

記事を読む

リバーサイドティーンズ新章ep01

最初の話   前の話 [gallery columns="1"

記事を読む

リバーサイドティーンズ第1話~非日常編12話まで

    続き 非日常編第13話

記事を読む

読切『ゲルシュテンドルゴゴ族』がジャンプルーキーで読めるぞ

出来ました。昨日の夜。新作読み切り15ページでございます。   &nb

記事を読む

日めくり漫画第9話

  ツリ目の女子がどう考えても大好きです。

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑