*

「男が結婚したくない理由」を結婚する気のない男が赤裸々に話そう

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について ,

結婚したくない男の考え方

アラサー男子が結婚したくない6つの理由によれば、
1. 結婚=自由がなくなるというイメージが強いから
2. 働き盛り遊び盛をもう少し謳歌したいから
3. 何歳までに結婚したいと具体的に決まっていないから
4. まだ「男」でいたいから
5. 結婚に失敗出来ないというプレッシャーが重すぎるから
6. 女<趣味という思考回路だから

という感じらしい。

 

まぁ、「わかる~」っつって終わりにすることも可能なんだが、共感できる点と出来ない点がある。

詳しく見ていこう。

 

 

お前、結婚したいだろ?

3. 何歳までに結婚したいと具体的に決まっていないから

2. 働き盛り遊び盛をもう少し謳歌したいから

4. まだ「男」でいたいから

5. 結婚に失敗出来ないというプレッシャーが重すぎるから

 

このへんが理由で結婚に尻ごみしている人間は、たぶん今後結婚しますよ。

遊びたい・まだ独身でいたい、みたいな発想を持っている限り、結婚という選択肢は永遠に脳にちらつきます。

 

だって交際相手を意識してるじゃない。その時点で、結婚という分岐ルートが少なからずあると考えてよい。

逆にいえば、こういう考えのせいで結婚できない!と思っている人間は安心してよいのかもしれない。

本当に結婚できない人間は、そもそも「遊びたい」とか、「男でいたい」とかいう以前の問題なのだ。

女性と遊ぶ、という経験はもちろんないし、男でいたいというセクシャルな欲望ももちろんない。

あるのはルサンチマンだけですよ。

 

 

本当に結婚したくない男はこれだ

1. 結婚=自由がなくなるというイメージが強いから

6. 女<趣味という思考回路だから

 

これですよ。

結婚したくない男は、基本的にものすごく自分勝手である。

自己の欲求にものすごく忠実なのだ。

他人にのめりこむ前に、自分の好きなもの、もしくは自分そのものに深くのめりこんでしまう。

それこそが結婚できない男の正体なのである。

 

ガチで結婚できない男は、遊びたい、とか生っちょろいことは言わない。

「女?よせ!!」と突っぱねます。

 

 

「お前はオッパイを揉んだら将棋が弱くなる」

人間、真剣に向き合いたいものが何かひとつはあると思う。

それは僕にとっての漫画や音楽であり、人によって様々あるでしょう。

漫画『ハチワンダイバー』にて、二こ神が主人公・菅田にいい放った一言は衝撃でした。

 

「お前はオッパイを揉んだら将棋が弱くなる」

何かを極めたければ、よそ見をしてはいけないのだ。

もちろん、乳を揉みながら強くなれる人間もいるだろう。

酒を飲みながら道を突き進める者もいる。

だが、それと同時に、依存を振り払わなくては前へ進めない人間もいるのだ。

そして僕は、そのタイプだったのだと思う。

結婚すると守らなくてはいけないものが増える

とはいえ、結婚はロマンだ。失敗の可能性は高いものの、成功することだってある。

離婚率が上がっている昨今とはいえ、幸福な結婚生活を送る人間もまたいるのである。

だが、僕は結婚したくない。

それは、言ってしまえば

 

俺にそんなキャパシティはねぇ!!!!

 

という一言に尽きる。

あと、結婚したからといって、愛する人を守りきる保証がないからです。

ペットと同列に語るものあれですが、ペットに関しても命を扱う余裕がないから飼いません。

あと、修羅の道を歩んでいるので、経済的に余裕もないんです。

 

 

 

男が結婚したくない理由 まとめ

もちろん、僕がステレオタイプというわけではない。

僕と同じ理由で、結婚をしたくないという男はそんなに多いわけでもないと思う。多様性の時代ですから。

ただこの記事は、

 

「アテシの彼氏、なんでアテシと結婚してくれないのよさ!おこ!」

みたいな悩みを解決するうえでの一つの解答であり、それと同時に結婚という同調圧力に抵抗する男の独白でもあります。

結婚という形式にはそんなにこだわらなくてもいいと思うんですけどね。

別にいいじゃん。社会の決まりごとなんて。

関連記事

「ネットビジネス」から考える仕事という邪教

By: John Ward[/caption] 「ネットビジネス」という言葉が あんまり好

記事を読む

『考えてから行動する』より、行動しながら考える3つのメリット

あなたは石橋を叩くタイプでしょうか?   世の中には、行動の前に考えをめぐらせ

記事を読む

社会人なんて所詮『ごっこ遊び』なんだから、仕事で死ぬのはよせ。

仕事がイヤで死にたい、なんて人はけっこういることでしょう。じっさいに、若者の自殺率は上がって

記事を読む

「好きなことで生きていく」ために。何のために働くんだ、俺たちは。

お晩です。カルロス袴田だよ。   好きなことで、生きていく。言うは易し

記事を読む

no image

続けることが才能という奴なのではないか

ワタミの社長はぜんぜん好きじゃないのですが、彼のいうことには一理あると最近思えてきた。ネットでもネタ

記事を読む

no image

手取り13万25歳の生き方

最近、自分は恵まれてる方なんだろーなーという風に感じる。何をいきなり、って思うかもしれませんが。

記事を読む

怒りっぽいヤツは漫画でも音楽でもやればいいんだ

By: Navaneeth KN[/caption] エモーショナルな創作物が大好きだ。かっ

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく稀にあって、そういう数字はふだ

記事を読む

面白い人間であれ

とにかく、ガキの頃から面白い人間になりたかった。ような気がする。  

記事を読む

no image

お金がないと生きていけないんだろうか?

我々はなぜお金がないと生きていけないと考えるのだろうか。 たしかにお金は大事である。 お

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑