*

再生数・閲覧数が伸びないときのメンタルの保ち方

公開日: : 人生について

カルロス袴田(@hakamad)です。ボカロPをしています。

 

「数字」に関してはメジャー級の数字を出してる人でさえたぶん悩んでいると思います。

大なり小なり、みんなの懸案事項であることは否めません。

なのでわたしのような木っ端がどのようにして、数字とつきあってきたかを書き記します。

 

みてもらえる環境を選ぶ

まずここがめっちゃ大事です。超絶に大事です。

 

わたしが漫画をやっていた頃、編集さんとネームのやりとりをしておりました。

雑誌に載るためには編集さんのOKをいただかないといけません。

作っても作っても世に出ない、ということが往々にしてあります。

なのでおそらく9割ぐらいの漫画家志望がここで心が折れてどっか行きます。(生きろ)

 

そして結局作品は世に出ない

これは非常にもったいないなーと思うのです。

雑誌に載るレベルと判断されなくても、今はネットで作品を発表することが可能です

 

で、ここからが「環境選び」の話。

ネットに上げたからといって見られるわけではない、というのは割とお分かりの方が多いと存じます。

 

そこで、自分のやりたいことに合致したコミュニティ(環境)を探してみる、というのが必要になってきます。

ブロガーでしたら、ブロガー同士が積極的にツイッターでRTをしてくれたりします。

二次創作だったらハッシュタグをつけて共有しやすくするのもよいでしょう。

ボカロ楽曲だったらニコニコ動画が未だに強いです。新曲を発掘しようという動きも活発なので、大勢の目に触れる機会はとても多い。

 

そういったコミュニティをまず見つけることで、自分の作品を見つけてくれる人たちへと提示してみましょう

見つけてもらえたら、メンタルが報われます。ひとりでずっと続けるのはけっこうしんどい。

 

見てくれたひとの「1」を大切にする

そうやっている内に、ぽつぽつとみてくれるひとが見つかったりします

これはとてもうれしいことです。飛び上がるほどにうれしい。(実体験です)

 

みてくれるひとがいるとわかると、モチベーションに繋がります

わたしもOhSOS!!!という曲が1000再生されて「こんなに見てくれるひとがいたのか!」と狂喜乱舞して、次の曲をこしらえました。

この時見てくれたひとたちがいなければ今の自分はいません。

 

この時の1再生と今の1再生も、まったく同じ1再生です

ツイッターのフォロワーも、ひとりひとりの価値は変わりません

少なからず誰かがあなたの作品に興味をもってくれた、という「1」なのです

 

作品投稿をつづけていると、数字の伸び悩みみたいなものを気にする時がきっときます。

でも、それはあくまで自分以外の基準と比較したときの「傾向」にすぎません。

自分と自分の作品にとっては、100再生でも10再生でも1再生でも、立派な進化です

すごいですよね。だって再生数って減らないんですよ。増える一方。右肩上がり。ヤバい。

 

ほかの作品と比較して考えてみるのも勉強にはなりますが、そこを最重要な価値とするのはメンタルにあんまりよろしくないとわたしは思います。

ちいさく積み重ねていくことが何より確実です。

炎上商法とかすんなよ!(たのしい話題作りならいいと思います)

 

参考記事

◆数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

 

自分がこころから「楽しい!!!」と思えるものをつくる

最終的にはここにいきます。

自分の作品に謙遜する必要はないです。

ひとに褒められたときは「ヘッヘwwwフヘwそんなことwwwあざますwww」となりますが、やっぱり自分の作品って好きだから作ってるわけじゃないですか。

で、やっぱり楽しいと思いながら作ってるモノって伝わると思うんですよ。

 

音楽つまんねぇー!!」って言いながら作ってるミュージシャンはいないと思いますし、「つまんねぇなぁ~俺の文章」って言いながら書いてるライターはいないと思うんです。本当は

 

楽しくない、と感じる理由があるとすれば、どこかで「他人の基準」に合わせすぎていることを疑うべきかと思います

たとえば「本当はもっとゆとりのある曲にしたいけど、BPM上げないと再生数取れないかもな…」みたいな。

たとえば「本当は主人公を転生させたくないけどなんか流行ってるし転生させないとな…」みたいな。

(※ぼくは早い曲がつくりたくて作っています。ドラゴンフォースイズムです。)

 

ヒットした作品って、結果からみれば「ヒットする要素」が多く含まれているように思えますが、たいていそれらは後付けであることが多いです

拙作ですが、ウン十万再生された『ちがう!!!』という曲も、最初は「早くてゴキゲンなナンバーを発射してやるぜ!!」というワクワク感から出したに過ぎません。

ありがとうございます。

なので、「この楽しさをOSUSOWAKE(おすそ分け)しちゃうぜ!!!!!!!」という気持ちで作るのがいちばんメンタルによいと思います。

楽しければ続くので

 

参考記事

なにが「面白い」か分からないひとへ。作品への情熱をとりもどす3つの提案

 

まとめ

長々と書きましたが、結局メンタルを保つことでなにが有益かって、「続けられる」という一点に尽きるのです。

何事もそうなんですが、作品ひとつだけ作って大ヒット、みたいなことってありません

続ければ続けるだけ経験値が貯まりますし、見てもらえる作品数も増えるわけです。

たのしさを共有しつづけるためにも、何か参考になれば幸いです。

 

おわり

 

関連記事

no image

7か月ぶりにアルコールを飲んで考えたこと

毎月のように禁酒についてクダ巻いていた僕ですが、ついに禁酒に終止符を打ちました。  

記事を読む

「好きなことで生きていく」ために。何のために働くんだ、俺たちは。

お晩です。カルロス袴田だよ。   好きなことで、生きていく。言うは易し

記事を読む

中川淳一郎氏の語る「他人」論が素晴らしい

他人に期待する人生って虚しいぜ。そりゃ、そいつがお前の期待通りに動かないこともあるだろう。当たり

記事を読む

やりたいことができない・落ち込んだ時の考え方

やりたいことが出来ない、という人は多いかと思います。   最近私が考え

記事を読む

no image

希望の手触りを感じろ

坂爪圭吾氏の、『希望が与える力について』の話を読んでからというものの、「希望」というもののパワーにつ

記事を読む

心に余裕を持つには

心に余裕を持つには、自分がいまどういう心理状態にあるのかを見極めることが必要です。  

記事を読む

面倒くさいことが嫌いか?それはチャンスなのかもよ

最近思うのは、「面倒くさいこと」はチャンスである可能性が高いということである。 &nb

記事を読む

no image

感情が落ち込む原因は3つしかない

感情がうごく原因は、わりとシンプルなもんだと思う。でも、多くの場合その原因に目を向けないことによって

記事を読む

酒やめて4か月弱経過した感想

タイトルどーり、酒・アルコホールの類を飲むのをやめた。2015年3月11日から飲んでいない。

記事を読む

『習慣の動物』になる生き方

例によって特に意味のない落書きです。   この記事にて引用されている村

記事を読む

no image
読んだ本:六道の悪女たち

超面白いので全員読んでください。

no image
読んだ本:個人的な体験/大江健三郎

実体験をベースに書かれた作品とのこと。或る強烈な葛藤に苛まれ

no image
読んだ本:最後にして最初のアイドル

えらいよかったです。SF。ジャンル名に詳しくはない

「再利用されたコンテンツ」でYouTube収益化停止されたボカロPが復活までにやった対策

2018年末くらいから頻発しているらしい、「再利用されたコンテンツ」と

no image
保護中: 【FANBOX限定未公開曲】『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』

『きみと歌った歌を思い出せば世界なんて怖くないさ』という曲です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑