*

やりたいことは全部やれ

公開日: : 最終更新日:2016/01/16 人生について

もう、最近やりたいことは全部やるべきだと直感している。やらないと、辛い。

 

やりたいことを我慢して我慢して…という風に生きていくと、何だか人生が薄くなるような気がするのです。人生における「自分のやりたいこと」がカルピスの原液だとすれば、「やりたくないこと」は水だ。

 

やりたいことをやるために、やりたくないことをしなくてはならない。多くの人間にとっては避けられない運命なのだが、これが本当によくないことなのだろう。カルピスはどんどん薄くなり、次第に水だけになってしまう。それじゃあ、カルピスを作る意味がないだろうと。そういうことだ。

 

「やりたくないこと」をしない人生

イケダハヤトなんかに言わせれば、「だったら早く仕事なんて辞めればいいんですよ」という風になるのだろう。全くその通りだと思う。だから最近の僕は、「仕事辞めたい」と口に出すのをやめた。考えるのもやめた。ンなこと言ったって、目の前にある現実に変化を及ぼすことは出来ないのだ。だったら、ツヤベタのことでも考えていたほうがいくらかマシってもんですから。

 

不思議なもんで、「やりたくない」とか「めんどくさい」と思っている時間を減らすと、人生は好転していくと思う。すくなくとも自分のなかでは、メンタルが前へ前へと向いていくように感じる。いわゆる言霊信仰みたいなもんで、悪い言葉は現実に作用してくるのだと、最近はそんな風に納得している。

 

理想は、やりたくないことを一切やらない人生だ。そこへと近づくために生きていくほうが、楽しい。そしてその過程で、「やりたくねぇなー」というネガティヴさを心に抱くことはプラスにならない。とにかく、嘘でもいいからプラスに考える。そうすると、なんだか楽しくなってくる。楽しくなるまでそう考えれば、意外となんとかなる。

 

アウトプットとインプット

ということで、やりたくないことをしないためには、やりたいことを全部やった方がよい。その方が、カルピスは濃くなる。もうドロッドロのカルピスのように生きるのだ。

 

最近デレステのことばかり考えており、いかに効率よくスタミナの回復と消費を行うかについて神経をとがらせていたのですが、そればかりやっているとどうにも身体がしっくりこない。徐々に罪悪感のような気持ちが生まれてくる。ゲームに罪悪感を感じてはゲームに失礼というものなのだが、「ゲームを真剣にやればやるほど生まれてくるこの気持ちは何なのだろう?」と考えた結果、インプットとアウトプットの問題なのではないかと仮説がブっ立った。

 

ゲームはインプットだと思う。音楽を聴いたり、漫画を読んだりするのと同じ属性だ。それに対して、ブログを書いたり漫画を描いたり、絵の練習をしたりするのはアウトプットだ。

 

人間の身体にたとえるならば、ご飯を食べるのがインプット。栄養をチャージする目的が、行為の属性として付与される。それに対してアウトプットは運動と排泄だ。吸収した栄養を身体にまわして強化したり、いらないものを捨てたりする。

 

ただの排泄にとどまらないように、自分の身体が出すパフォーマンスを進化させていく。それこそがアウトプットであると思う。アウトプットがただの排泄ならば、インプットする作業にもあまり意味がなくなる。

 

バランスよく

そしてインプットとアウトプットにはバランス感が必要なのである。ゲームばっかやっていた時のあの感情は、アウトプットを身体が求めていたシグナルなのだ。誰だって、ウンコを我慢し続けていては身体が壊れるし、運動不足はよくない。

 

ここんとこの僕の、ソシャゲに対する熱狂ぶりは、食事に例えるならば暴飲暴食だったのだだから、身体が悲鳴を上げた。事実、こうしてブログを書いていると、なんだか救われたような気持ちになる。デトックスだ。

 

またもイケダハヤトの例で恐縮ですが、彼いわく「ブログはセラピー」なのだという。アウトプットが精神に及ぼす効果を適切に言っていると思う。

 

Kornというバンドのボーカル・ジョナサンデイヴィスも、自身の陰鬱な精神を楽曲にアウトプットしたことによって心の傷を癒したとされる。

どの辺が癒されたのか、よくわからん人もいるだろうし、俺も正直よくわからんのだが。まぁそういう側面からの批評も、どっかに書いてあったからよしとしよう。

 

やりたいことを全部やるために

まずはきちんとした食事と、きちんとした睡眠が必要だ。これはもう、体調管理という4文字に置き換えられる。最強の四文字熟語だ。体調さえ管理できていれば、割と世の中なんとかなるもんだ。

 

1日10時間カルピスを薄めるとして、7時間の睡眠が必要と考えればのこりの7時間はカルピスの原液をぶち込める。そこに集中するためにも、本気でメシを食って、本気で眠るべきだ。そのような意識で生きたい。

 

そう考えると、アスリートのようなストイックな生き方というのはきっと、人生に真摯に向き合った結果なんじゃないかとも思える。そんな風に、集中していきたいものである。

関連記事

禁酒半年目で考えたこと

気づいたら禁酒して半年経過しましたので、その感想などを書き残しておこうと思う。  

記事を読む

将来への漠然とした不安で鬱になる? 不安の正体をぶちのめせ

将来って不安ですよね。ほんとムカツク(僕の心はいつだって90年代のコギャルです)。 &

記事を読む

「好きなことで生きていく」ために。何のために働くんだ、俺たちは。

お晩です。カルロス袴田だよ。   好きなことで、生きていく。言うは易し

記事を読む

飲み会を飲み会以外の目的に使う奴は家に帰って寝ろ。

忘年会シーズンですね。みなさんの飲み会は楽しいでしょうか。   僕は半

記事を読む

作品と同じくらい作者がコンテンツになる

ウイッス。   漫画描いてる人です。 リバーサイドティーンズ

記事を読む

話してて面白くない人間と話してて考えたこと

アホみたいなタイトルですが、話してて面白くない人間の人生をたまに、ふっと考えることがあるので

記事を読む

社会人なんて所詮『ごっこ遊び』なんだから、仕事で死ぬのはよせ。

仕事がイヤで死にたい、なんて人はけっこういることでしょう。じっさいに、若者の自殺率は上がって

記事を読む

落ち込んだ時に『効く』音楽と歌詞6つ

時には落ち込むこともある。誰だってそうなのかもしれない。大抵の場合、腹が減ってるか眠いか。そのどちら

記事を読む

no image

希望の手触りを感じろ

坂爪圭吾氏の、『希望が与える力について』の話を読んでからというものの、「希望」というもののパワーにつ

記事を読む

24時間生きてて「ネタがない」ってことはない

ブログにしても、漫画にしても「ネタがない」なんてよく言われる。書きたいけど、何について書いたらいいか

記事を読む

数字よりもエモい人々を大切にしたいという話

フォロワー数がリアルタイムで減ったのを目の当たりにしてしまうことがごく

行動するとなんか起こるんだなぁと考えた話。

ベルリン在住イラストレーター高田ゲンキ氏の漫画を読んでおりました。

ドレスコーズの名盤『平凡』は時限爆弾か、あるいは。

(画像はcinraさんから) ドレスコーズの2017年作

ラスティックストンプ(Rustic Stomp)が流行るのではないか、という希望的観測

By: VICTOR VIC[/caption] 音楽にはオー

スーパーマーケット☆フィーバー 元ネタ解説白書

カルロス袴田です。新曲『スーパーマーケット☆フィーバー』の元ネタ解説な

→もっと見る

PAGE TOP ↑